「GLOW Premium Salon 2020」イベントの模様をレポート!

 

おかげさまで『GLOW』創刊10周年を迎えた昨年11月28日。
渋谷ヒカリエ ヒカリエホールから YouTube Liveでオンライン配信されたイベントの模様を誌上レポート。
“大人咲き”をテーマに、大いに盛り上がりました!

 

Opening Message

吉田羊さんがサプライズ登場

\素敵なお祝いメッセージをいただきました♥/

「10周年おめでとうございます。初の女性誌カバーを飾らせていただいたのはGLOW。お陰様で、40代になってもチャンスがある!と勇気を持つことができました。新しい時代を共に楽しく作っていきましょう」

 

Stage 1:Guest 観月ありささん「わたしらしく輝くひけつ」

豊かに年齢を重ねるためのヒントが満載
好奇心旺盛な観月さんのプライベートトーク

“最近ハマっているもの”をテーマにプライベート写真を撮影していただき、そのお写真をもとに観月さんの「輝くひけつ」を伺ったトークステージ。

「物事の大小に関係なく、経験してこそ得られる知識や感情があるはずだから、なるべく人生で新しいことに挑戦して年を重ねていきたいです。2021年は、登山にもチャレンジするつもりです」

いつも前向きな観月さんの、Aging Gracefullyとは?「同年代の女性は皆さん仕事や育児で忙しいと思うので、なるべく無理をせず自分を解放して。できるだけ自分が心地よい時間を作ることが、ポジティブに生活できるひけつなんじゃないかな」

  1. 英会話スクールでいただいた記念の盾を持って。「やりたいと思った時がチャンス。“今さら”を“今こそ”に変えて、どんなことでもチャレンジすべきだと思います」
  2. 種類を限定せず、幅広いタイプのお酒を楽しまれる観月さん。「オフの日に昼間からいただくお酒は最高です。優雅な気分に浸るのもいいし、自分を解放できる時間を持つことを大事にしたい」
  3. 御蔵島のサンセット。「イルカがいる海の穏やかな水面がきれい。夕日を見ると、つい写真を撮ってしまいます」
  4. 毎年訪れている御蔵島の海。「シュノーケリングをしながら自分で撮ったイルカの写真です。すごく癒やされた、ハッピーな時間でした」

 

Stage 2:Guest 稲垣吾郎さん「ソムリエGORO」

モニターを通して稲垣さんと乾杯♥
ワインと食のペアリングを提案!

ワイン通として知られる稲垣さんに、ワインと料理のペアリングメニューを味わっていただき、その感想とワインにまつわるエピソードを伺いました。人気ソムリエ大越基裕さんが監修した新発想のペアリングに稲垣さんも大興奮!

「僕はワインは王道で育ってきたので今回のペアリングはすごく新鮮! アジアンテイストなキャロットラペにヨーロッパのリースリングを合わせるとか、豚の柚子味噌焼きにオレンジワインとか、感激しましたねー。お肉だから赤とかまったくないんだなと。組み合わせってどんどん自由に作っていっていいんだなって、夢が広がりましたね」

ソムリエ大越さんとの専門的なワイントークも盛り上がり、終始ニコニコだった稲垣さん。皆さん楽しんでますか? 僕だけ楽しんでいませんか? と何度も聞いていたのが印象的でした。
「美味しいワインと料理をいただいて……いいイベントですね。GLOWやっててよかったな(笑)。本当は見てくださっている皆様と一緒の空間でワインと料理をいただきたかったんですけれど、それはまたぜひ次の機会に!」

 

Webinar 1 大塚製薬

Aging Gracefully世代の女性の健康と美について

プレ更年期に突入しているGLOW世代。女性ホルモンの急激な低下によるさまざまな心身への影響を知ると、適度な運動やエクオールのサプリメント等で自分自身をケアすることの重要性が見えてきます。観月さんは、「加齢とともに変化していく身体を受け入れ、無理をしないでポジティブにつきあっていきたい」と語ってくださいました。

  1. 観月ありささんをゲストに迎え、製薬女性の健康推進プロジェクトリーダーの西山和枝さん、朝日新聞社 Aging Gracefullyプロジェクトリーダーの前田育穂さんも登壇。
  2. 観月さんのメッセージマグは、“Always be yourself(どんな時も自分らしく)”。

 

Webinar 2 ヤーマン

GLOW世代のためのおうち美容

進化し続ける美容アイテムについて、メイクアップアーティストのMICHIRUさんと編集部の美容担当・加倉井がプロ目線で解説。「メイク前、ブライトクリーンのスチームモード10分間で肌ツヤが劇的にアップ。撮影時の必需品です」とMICHIRUさん。「おうち時間は、“ながら美容”のチャンス。メディリフトを着けたまま家事をすることも」と加倉井。

  1. 肌表面ではなく顔の筋肉に働きかけて顔の下半分を引き上げるウェアラブルEMS美顔器「メディリフト」を着用。おうち洗い可能で、清潔に使えるのも魅力。
  2. スチーマー「ブライトクリーン」で、毛穴詰まりに攻めのお手入れを。
  3. ブライトクリーンは、肌状態やシーンに合わせて4つのモードを使い分けることで効果的にケアできる美顔器。

 

Webinar 3 hoyu

ニューノーマル時代! サロンの合間のおうちリタッチ術

withコロナの今、ホームカラーは今まで以上に必需品に。「正しい知識と使い方でセルフメンテナンスしつつ、サロンの施術と上手く使い分けるのが365日きれいでいるために大切」と美容師の坂巻さん。ホームカラーを使いこなすには、3つのポイント(①白髪の量でカラー剤を使い分け、②ワントーン明るい色がベター、③ヘアケアをしっかり)を意識しましょう。

  1. デモンストレーションのモデルは、GLOWでもおなじみの椿原順子さん。「自粛期間中は自分でヘアカラーしていました」
  2. 「地毛より明るめトーンだと失敗しづらいですよ。カラー後の3週間はしっかりケアしましょう」と坂巻さん。

 

\豪華なお土産も大好評!/

読者イベントの恒例のお土産を今年は応募者に郵送する形でお届け。ご提供いただいたアパガード様、ランクアップ様、ヤーマン様、カルビー様、ありがとうございました!

※受付は終了いたしました。たくさんのご応募ありがとうございました

撮影=松橋晶子、草間大輔 取材・文=土谷沙織、GLOW編集部

WEB編集=FASHION BOX

RELATED CONTENTS

関連コンテンツ