心を惹きつけて離さない「#金木犀女子」に 。魅力を高めるロクシタン オスマンサスの香り

<提供:ロクシタンジャポン>

可憐な可愛らしさと内面から香り立つ色気で人の心をつかんで離さない――。金木犀の香りの、ロクシタンの最新フレグランス「オスマンサス オードトワレ」は、そんな女性を思わせるまさに記憶に残る香り。香りの力を借りて、自分の魅力をさらに引き出す方法とは。

 

金木犀の注目度が急上昇
時世を象徴するトレンドの香り

金木犀の香りは、昨年からSNSの投稿数も急上昇し、この秋を象徴するトレンドのひとつに。フレグランスアドバイザーのMAHOさんに人気の理由を伺いました。「コロナ禍では癒やしの香りを求める傾向がありましたが、自粛疲れの反動からか、最近は華やかな香りを求める気持ちが強くなっていると感じます。そんななかで、金木犀が持つフルーティな面に焦点を当てた香りが増えたことから人気となりました」(MAHOさん)。金木犀が持つ香り高い品格に、フルーティの軽やかな側面をプラスすることで生まれた多面性こそが、いま幅広い世代に支持される理由なのかもしれません。

 

今トレンドの香り「オスマンサス」と注目の女性像「#金木犀女子」

香りの流行と合わせて支持を集めているのが「#金木犀女子」という新しい女性像。一度嗅いだら記憶に残る金木犀の香りは、通りすがりにふと香ると思わず振り返ってしまうし、ともすれば立ち止まってしまうほど一瞬で心奪われる存在。最近の女性が憧れる女性の特徴として挙げられる、親近感のある可愛らしさと魅惑的な大人の魅力を併せ持つ二面性は、まさに金木犀(オスマンサス)のよう。可憐な佇まいとは裏腹に、存在感をアピールするように唯一無二の香りを放つ金木犀の様子を女性像として称したのが「#金木犀女子」です。

 

モデル・黒田エイミさんが思う、「#金木犀女子」とは?

「魅力的だと思うのは、全身から自信とセンスに溢れ、自分の軸を強く持っている女性。人を惹きつける『#金木犀女子』も、自分の見せ方を分かっている人なんだと思います。ロクシタンの『オスマンサス』シリーズは、フルーティフローラルの爽やかな甘い香りで始まるのですが、時間の経過とともに落ち着いたウッディの香りになるんです。トップとラストで香りのイメージが変わり、二面性があって面白いと思いました。普段から気持ちや出かける場所に合わせて香りを取り入れていますが、オスマンサスは、香りを纏って素敵な洋服を着て、ヒールをはいて出かけたくなりますね」

 

自分の魅力を引き出す“香り”の力
いま、オスマンサスが選ばれる理由とは?

右:オスマンサス オードトワレ 75mL ¥6,820
左:オスマンサス オードトワレロールタッチ 10mL ¥3,190(すべて9月8日新発売)

金木犀は花でありながら甘酸っぱいフルーツのような香りの要素も含んでいます。ロクシタンの「オスマンサス オードトワレ」は、金木犀のフルーティな部分をフレッシュなアプリコットやラ・フランスがより印象付けたヘッド(トップ)ノートが香り立ち、核となる華やかな金木犀の香りへと移行。最後はシダーウッド、サンダルウッドの温もりと安心感のあるウッディな香りが肌と一体化して、幸福感に包まれます。

5億個の花から抽出される 希少で香り高いエッセンス

金木犀のなかでも香りの質と安定性が高いとされる、黄色い花の金木犀を使用。9月~10月に満開になる開花3日目の朝に、木の棒で枝を揺らし、熟して落ちてきた花だけを収穫。さらに約2~3カ月熟成、濃縮させて、900㎏、約5億個の花から1kgしか抽出できない、もっとも香り豊かなアブソリュートを使用しているのがロクシタンの「オスマンサス」です。

金木犀の花言葉は「誘惑」「陶酔」。思わず振り返ってしまう魅惑的な「#金木犀女子」のベースは、花言葉にも宿っています。

‟ロクシタンのオスマンサスはジューシーなフルーティさが印象的”

「しっかりとした重さ、甘さが金木犀の花の香りの特徴ですが、フルーティな部分に焦点を当てて、アプリコットやラ・フランスを加えることでよりジューシーな印象にしたのがロクシタンのオスマンサスです。花の香りをベースにしたフルーティさなので、たおやかな上品さと親近感のある可愛らしさのバランスが絶妙。奇抜じゃないけど新しい香りで他人とかぶりたくないという人にピッタリです。金木犀はその希少性から高価格なものが多いですが、ロクシタンはさらにアブソリュートというハイグレードなエッセンスを手間をかけて抽出しながら、手に取りやすい価格帯なのも嬉しいですね」(MAHOさん)

製品の詳細はこちら

 

「#金木犀女子」の作り方
つける場所×タイミング×アイテムが極める秘訣!

「角を曲がったときにふわりと金木犀が香る、窓を開けたら金木犀の香りが漂ってくる。しっかりと香る瞬間と香らない瞬間が生まれる金木犀が持つムードをフレグランスで纏うなら、片側の肩から二の腕のラインにだけつけるのがオススメです。終始香るのではなく、体を動かしたときや、すれ違いざまに金木犀を香らせることができ、いっそう印象的な女性を演出できます。家を出る20分前に『オスマンサス オードトワレ』を素肌のウエストラインや膝の裏に仕込み使いし、夕方の香りのリタッチとして、『オスマンサス オードトワレロールタッチ』や『オスマンサス ボディミルク』をショルダーラインにつけるのも香りのレイヤードとして有効です」(MAHOさん)

 

〈教えてくれたのは〉

フレグランスアドバイザー MAHOさん

その人のなりたいイメージ、ライフスタイル、TPOなどに合わせて、ブランドの垣根を越えてフレグランス製品や使い方をアドバイスする香りのサロン「プライベート トワレ」主宰。日本調香技術普及協会理事、日本化粧品協会公式テキストのフレグランス分野監修にも携わる。

 

金木犀の香りで昼も夜もコーディネート
どんな瞬間も香らせるのが「#金木犀女子」

より深く香りを纏うなら、バスタイムやボディケアでレイヤードを楽しむのがオススメ。「ミルフィーユのように香りを重ねづけしていくことで、まるでその人自身が花のように香りを放っているかのような、印象的な女性を演出できます」(MAHOさん)

 

 

オスマンサス シャワージェル 250mL ¥3,190(9月8日新発売)

金木犀の爽やかな甘さがバスルームに広がるシャワージェル。保湿成分で潤いを与えながら植物由来の洗浄成分配合で肌を優しく洗い上げる。ふんわりオスマンサスが香るボディに。

 

オスマンサス ボディミルク 250mL ¥4,290 (9月8日新発売)

つけた瞬間から肌になじんだ香り立ちが楽しめるボディミルク。シアバター、サンフラワーオイル、ミツロウなども配合し、なめらかでツヤやかな肌に。

 

オスマンサス ハンドクリーム 30mL ¥1,540 (9月8日新発売)

自宅でも、出先でも気軽にオスマンサスの香りを纏えるハンドクリーム。乾燥した手肌にサンフラワーオイルやシアバターで潤いをプラス。ベタつかず、サラリとした仕上がり。

製品の詳細はこちら

 

〈お問い合わせ先〉

ロクシタンジャポン カスタマーサービス
0570-66-6940
jp.loccitane.com

 

<衣装>
モデル:トップス¥14,400、パンツ\19,800(ニー ミー/リディア 03-3797-3200)、ネックレス¥88,000、リング¥154,000(共にヒマリ)商品:3連ピアス¥89,100、2連ピアス¥42,900、リング(右)¥110,000、(左)¥154,000(全てヒマリ https://onlineshop.himari-jewelry.jp)

※ 画像・文章の無断転載はご遠慮ください

photo:TOMOKATSU NORO[TRIVAL]
hair & make-up:TOMOKO OKADA[TRON]
styling:MIKA NAGAOKA
model:EIMI KURODA
text:AYAKO SHIRAKURA

(&ROSY)

web edit_FASHION BOX, SAKURA OHIRO[SAKURAS]

RELATED CONTENTS

関連コンテンツ