隠し味は意外なアレ!高山なおみ家のロールキャベツ作り方

出典: FASHION BOX

食物繊維たっぷりのキャベツをたくさん食べられる料理といえば、ロールキャベツ。サワークリームとディルをのせた、ロシア風ロールキャベツのレシピを料理家の高山なおみさんに教えてもらいました。残った葉も一緒に煮込み、キャベツを丸ごと使っています。

【Profile】
高山 なおみ
1958年静岡県生まれ。料理家、文筆家。『くんじくんのぞう』(あかね書房)など、絵本制作も行いながら、近著では食べものにまつわるエッセイ集『たべもの九十九(つくも)』(平凡社)を刊行。6月末に『帰ってきた 日々ごはん(4)』(アノニマ・スタジオ)が発売された。
http://www.fukuu.com/

 

ロールキャベツのレシピ

出典: FASHION BOX

【材料】4人分(8個)
キャベツ…1個
合びき肉…300g
玉ねぎ…1/2個
にんじん…1/2本
バター…20g
パン粉…大さじ3
牛乳…大さじ1
塩、黒こしょう、ナツメグ…各適量
固形スープの素…1/2個(2g)
ローリエ…1枚
しょうゆ…小さじ1

【作り方】
1.
キャベツは芯をくり抜く。玉ねぎとにんじんはみじん切りにする。容器にパン粉を入れ、牛乳を加えて混ぜ、湿らせる。

2. 大きな鍋に湯を沸かし、キャベツを丸ごと浸す。上下を返しながらゆで、葉の色が鮮やかになって軽くしんなりしたら、鍋に入れたまま外側から1枚ずつはがす。外側の大きい葉、内側の小さい葉各8枚を、それぞれ別々のざるに取り分ける。残りのキャベツもざるにあげ、あら熱を取る。

3. フライパンにバターを熱し、弱火で玉ねぎを炒める。玉ねぎが透き通り、しんなりして甘みが出てきたらにんじんを加え、塩ひとつまみをふって軽く炒め合わせる。ボウルにあけ、あら熱を取る。

4. 3のボウルにひき肉、1のパン粉、ナツメグ、塩小さじ1/2、黒こしょうを加え、ねっとりするまで練り混ぜ、8等分にする。

5. 2の小さい方のキャベツの葉を広げ、4の肉だねを俵形にまとめてのせる。芯の方から包んで巻き、さらに大きい方の葉で巻いて、巻き終わりをつまようじでとめる。

6. 大きめの鍋に5をつまようじが下になるように並べ入れ、上から2カップの水、刻んだ固形スープの素、ローリエ、塩ひとつまみを加える。2でゆでた残りのキャベツも大まかに切って上にかぶせる。

7. 6にふたをして強火にかけ、煮立ったら弱火にして40分から1時間ほど、キャベツがくったりとやわらかくなるまで煮る。途中、隠し味のしょうゆを加えて鍋をゆする。

(リンネル編集部)
essay&illustration: Naomi Takayama
photograph: Hideaki Hamada
text&edit: Rie Suzuki(TRYOUT)
edit: FASHION BOX, P.M.A.Tryangle
※ 画像・文章の無断転載はご遠慮ください

# レシピ
の記事もチェック♡

【関連記事】
鮮やかな色には白を差す!華やかスタイリング
こなれカジュアルを演出するサロペットコーデ

【リンネル編集部の記事をもっと読む】
気になる脇のニオイは、家でも外でもケア!
【眉 & 仕上げ編】落ちないメイクアイテム6選

RELATED CONTENTS

関連コンテンツ