\ビューティエディター 安倍佐和子さんが指南! /大人だからこそ知っておきたいシワとの上手な向き合い方

マスク生活が日常化したことで、乾燥や肌あれと共に、目もとや口もとのシワに悩む人が急増中。そこで、ビューティエディターの安倍佐和子さんに、& ROSY世代が目指すべきシワとの向き合い方やケア方法について、 たっぷり教えていただきました。

「正しいケアを取り入れれば、シワを気にせず笑えるように! 」

ビューティエディター 安倍佐和子さん

メイクからスキンケア、美容医療、ホリスティック系まで幅広い分野に精通。雑誌、広告、講演など多方面で活躍中。

「毎日をハッピーに過ごすこともシワを増やさないコツ! 」

年齢を重ねるにつれ、深刻になってくるのがシワ問題。マスク着用が日常化したことで、よりその悩みは増すばかり。なかには、シワが気になって人前で思いっきり笑えなくなった……、という声も。でも、「シワを気にして笑えないのはもったいない! 」と語るのは、爽やかな笑顔が印象的なビューティーエディター・安倍佐和子さん。

「一度定着してしまうとなかなか消えないのが表情によって刻まれるシワ。マスク着用やパソコンなどを長時間見る機会が増えた現代のライフスタイルは、シワ悩みを加速させる要素も満載です。でも、シワを気にするがあまり気持ちが荒んでしまったり、笑顔を封印してしまうのは残念な話ですよね。そもそも、シワと一口に言ってもその印象は様々。例えば、笑顔によって目尻にできるシワは、表情が豊かでハッピーな印象に見えるのに対し、眉間や口もとに入る縦のシワは、悲しみや苦しみ、怒りなどを連想させ、マイナスなイメージに。できることなら、縦のシワは刻みたくないもの。そのためにも、普段から笑顔を意識することはとても大切だと思うのです。

とはいえ、その根底にはシワに対する適切なケアがあってこそ。どんなにハッピーに見えるシワでも、何もケアをせず無防備なままでは疲れた印象にも見えかねません。花粉などで肌がゆらぎやすいこの季節は、バリア機能が低下したり、角層が硬くなることで、新たなシワが刻まれやすくなるので、注意が必要です。バリア機能が低くなると様々なダメージを受けやすいので、より一層日々のお手入れが大切です。肌が硬くなっていると、どんなによいアイテムを使ってもうまく浸透せず、その効果を充分に得られません。まずはしっかり保湿をして、角層を柔らかく保ち、潤いがめぐる肌に整えることを意識しましょう。

また、シワには、額や目の下に広がる面のシワと、目尻や口もとに刻まれる線のシワがあり、それが重なることでより老けた印象になってしまうので、あれこれ悩まないためにも、2種類のシワを同時にケアできるコスメを使うのが得策です。いまは、肌コンディションを整えつつ本格的なシワ改善を叶えてくれるコスメがあるので賢く取り入れましょう。私自身は、日中の肌ダメージを最小限におさえるため、シートマスクなど、シワ対策の集中ケアアイテムを朝のルーティンに組み込んでいます。朝しっかりケアしておくことで安心感が生まれるし、肌状態が整うからメイクも崩れにくくなるよう。夜のケアミッションも軽減されるので、肌悩みが加速しやすい& ROSY世代には、ぜひ試していただきたいと思います。

日々のお手入れが行き届いていれば、自分に自信を持つことができ、より笑顔の魅力も増すはず。また、気持ちとシワはリンクしていると思うので、ネガティブな感情はリリースして、逆にハッピーなことは、まわりにもシェアして、常にポジティブなマインドを心がけることも、大人のシワ対策として大切なポイントです」

印象まで変える!? シワ発生ポイントをCheck!

シワが目立つ部位によっても、見た目印象は大きく変わるもの。日々丁寧なケアを心がけて!

笑うことで発生する目尻のシワは、ケア次第ではポジティブな印象に見えるのに対し、眉間や口もとなどの縦のシワは、怒りや悲しみなどネガティブなイメージを与えがち。表情のクセを改善することも重要!

DECENCIA

新作フェイスマスク×人気No.1オイル状美容液で叶える「シワ改善」のNEWメソッド!

シワ悩みを深刻化させないためには日々のケアが大切。肌への優しさにもこだわった、注目の2品をご紹介します。

 

Check

人気製品を試せるプレゼントキャンペーンを実施中!

抽選で1000名様に、速攻集中ケア【シワ改善5日間お試しセット】プレゼントを実施中。深層心理で分かる未来のシワぐせを予測し、あなたにできやすいシワを診断するコンテンツもオープン。いますぐこちらからチェックして!

 

〈お問い合わせ先〉

ディセンシアお客様センター

TEL:0120-714-115
月~金 10:00~19:00/土 10:00~17:00(日・祝はお休み)
ブランドサイト:https://www.decencia.co.jp/

※ 画像・文章の無断転載はご遠慮ください
photo:TOMOKO MEGURO(model) , HARUMI ONDA(still)
hair & make-up:NOZOMI FUJIMOTOcheek one
illustration:MIHOKO SAITO
edit & text:AYA MATSUBARA
(& ROSY 20215月号)
web edit_FASHION BOX, YUA KOGASAKURAS

RELATED CONTENTS

関連コンテンツ