知っているかで差がつく! 電力自由化を利用して「水道光熱費」を節約しよう

出典: FASHION BOX

光熱費に関しては長らく「お片づけ」の余地がありませんでしたが、電力自由化によって、利用者が小売り業者を選べるようになりました。電力自由化を上手に利用しながら、日々の細かい節約に努めましょう。

 

2年目以降のシミュレーションが重要!

各社いろいろなプランを出していて、どれが本当にお得なのかがわからなくなってしまいますが、「価格.com」では電気料金の比較ができます。ここで注意すべきは、必ず2年目以降のシミュレーションもすることです。

その理由は、1年目はキャンペーン料金で安くなっている見せかけの料金である場合があるからです。また、明細や請求書が有料であったり、携帯電話のように2年縛りがあったりなど、業者によってルールが違うので、契約前にしっかりと確認をしましょう。

 

細かい努力も大切!

出典: FASHION BOX

大幅な削減になかなかつながらないのが水道光熱費です。LED電球に替える、洗い物をするときには水をためて使う、シャワーは水圧を高くして節水ができるシャワーヘッドに替えるなどといった細かい努力も大切です。

また、ウォーターサーバーもじつは電気代がけっこうかかるので、ウォーターサーバーを手放して蛇口につけるタイプの浄水器に変えれば、場所も取らずに節約ができます。

 

無駄なモノを捨てると「貯まる体質」に変わる!

出典: FASHION BOX
『1年で100万円貯まるすっきりお片づけ生活』(宝島社)
定価:本体1100円+税
着ていない衣類・使っていないソファ・機能していない収納道具、ご家庭に眠っていませんか? それはあなたの浪費の証拠です。賃貸の場合、いらないもののスペースをなくし、小さな部屋に引っ越せば家賃の節約になります。お金の貯まる人は、自分の持ち物を全て把握して、無駄が目で見える部屋に住んでいます。「空間 is MONEY.」部屋を片づけて、暮らしを効率的にすることで浮いていくお金を、ファイナンシャルプランナーの丸山晴美がレクチャーします。また、流行のフリマアプリやプロバイダ・格安携帯などとの賢い付き合い方も。

 

監修/丸山晴美
イラスト/まゆ
編/FASHION BOX
※ 画像、文章の無断転載はご遠慮ください
※ 書籍発売時2018年2月の情報になります

 

【オススメ記事】
※ 「よろしかったでしょうか」だけじゃない! 社会人が間違えるヘンな敬語5選
※ 3日でマイナス2kg!? 食べるだけでやせる「魔法のスープ」がスゴすぎる

RELATED CONTENTS

関連コンテンツ