TJ MOOK『血圧は高めがちょうどいい』1

高血圧は病気じゃない!? “年齢+90mmHgが適正値”と医師が解説

出典: FASHION BOX

「高血圧だから、普段の食事に気をつけなきゃ」なんて、身近な人が話しているのを聞いたことはありませんか?
ですが血圧の正常値は、ここ30年ほどの間に20mmHgも下がったって知っていましたか?ということは、昔は問題ないとされていた人でも、“高血圧”と診断されているかもしれないってこと??
サン松本クリニック院長の松本光正さんに教えてもらいました!

【オススメ記事】
納豆を食べるなら朝と夜、どっち?健康になる食べ方解説
「コゲたものを食べるとがんになる」って本当?医者に聞いてみた

 

高血圧患者が30年で24倍に!“異常事態”の真相とは?

厚生労働省が発表している国民健康・栄養調査等によると、1987年の高血圧の基準値は160mmHgでした。
それがぐんと下がり、現在、120~129/85~89mmHgが正常値、130~139/85~89mmHgが高血圧予備軍、140/90mmHg以上が高血圧となっています。
これにより、1987年には230万人程度だった高血圧患者が、現在5,500万人と、なんと約30年で24倍近くも増えています。日本の20歳以上の約半数が高血圧であるということになり、異常な状態であるように感じます。

現在の血圧基準値リスト
出典: FASHION BOX

 

そもそも人間は、重力がある地球上で暮らす生き物です。しかも、ほかの哺乳動物と違って二足歩行の人間は、頭の位置が高い場所にあるので、心臓から頭のてっぺんまで血液を送り届けるためには、しっかり圧力をかけて勢いよく血液を送り出さなくてはなりません。

たとえば、頭の位置が低いライオンの血圧は110~120mmHgと低め、首の長いキリンは160~260mmHgという高い血圧でうんと高い位置にある頭にまで血液を送り届けています。
このことからもわかるように、人間には人間の、そしてその年齢に合った血圧を自然と調節しているのです。

TJ MOOK『血圧は高めがちょうどいい』2
出典: FASHION BOX

中高年以上の血圧は“ちょっと高め”がちょうどいい

わたしたちの体は、生命を維持するために、つねに自らで血圧を絶妙に調整しています。これは、人間が生まれながらにして持っている自然治癒力のひとつ。
たとえば、風邪をひいたときに鼻水が出るのは、鼻水を出してばい菌やウイルスを洗い流しているように、血圧が上がったり下がったりするのにも、ちゃんと意味があるのです。

まして、年をとると血管はどうしてももろくなるので、動脈硬化を起こした場合、血管内壁はどんどん狭くなります。ゆえに、頭のてっぺんまで血液を送るには、当然のことながら血圧を上げる必要があります。
つまり、年をとって血圧が上がるのは、病気なのではなく、体が必要だからそうしている自然の成り行きなのです。

さて、それでは、本当の血圧適正値とは一体いくつなのでしょう。

先に述べた現在の血圧基準値には、「人は年をとる」という概念が欠けています。20代と80代では、食べるものも運動量もまったく違います。にもかかわらず、20歳以上をすべて成人とひとくくりにして、20代も80代も同じ基準値に当てはめるのは無理があると思いませんか?

血圧の本当の適正値は「年齢+90mmHg」です。
たとえば、50歳なら+90=140mmHg、80歳なら+90=170mmHgとなります。

真の血圧_適正値リスト
出典: FASHION BOX

 

180mmHg以上の高すぎる血圧はこれに当てはまりませんが、高齢者の場合は160~180mmHgまでは問題ありません。
また、血圧は誰でも1日の中で上がったり下がったり変動するものなので、最高血圧180mmHg/最低血圧105mmHgより下の範囲内であれば、3ヵ月ほど様子を見て、その間、いつ測っても160/95mmHgを超えているようなら、病院を受診しましょう。

【オススメ記事】
放っておくと“恥垢”が増える!? デリケートゾーンの正しいケア方法や“ながら膣トレ”を女医が徹底解説!
“スマホ口臭”にご用心!? お口の健康に関するあれこれを歯科医師に聞いた!

 

降圧剤を飲む必要はあるの?高血圧からの脳溢血は激減!

TJ MOOK『血圧は高めがちょうどいい』3
出典: FASHION BOX

そもそも、なぜみんな、こんなにも高血圧を恐れているのでしょうか。

それは、死に直結する脳卒中のリスクがあるといわれているからでしょう。
だから、「高血圧を放っておいて脳卒中になって命を落とす前に、降圧剤を飲んで血圧を下げましょう」と治療を勧められます。

脳卒中には、脳の血管が詰まる「脳梗塞」、脳の血管が破れる「脳溢血(脳出血)」、くも膜という髄膜の下が出血する「くも膜下出血」の3種類があり、それぞれ原因が違います。
このうち、高血圧で発症リスクが高まるのは脳溢血です。そして、昔は脳卒中を起こした人の実に80%が脳溢血でした。
ですが、現在、脳卒中を起こした人のうち脳溢血だった人は30%まで下がってきています。脳溢血を予防するのであれば、血圧が高くなると血管が破れる恐れが大きくなるので、医者が「血圧を下げましょう」というのは理解できます。ですが、今の日本は大幅に栄養事情がよくなり、日本人の脳の血管は丈夫になってきているので、血管が破れることはめったにありません。

その代わりに増えたのが脳梗塞で、脳卒中を起こした人の60%を占めるようになりました。
脳梗塞は、脳の血管内に血栓ができ、血流が詰まることによって起こる病気です。脳梗塞の引き金となる血栓ができると、体は血圧をみずから上げて、血栓を押し流すために血流の勢いを強くします。
つまり、わたしたちの体は、脳梗塞にならないよう自然に血圧を調整してくれているのです。その状態で降圧剤を飲むと、血流を思うようにコントロールできなくなり、結果、脳の血管が詰まり、脳梗塞を引き起こしてしまうというケースが激増しているのです。

これまで、「高血圧が脳梗塞を起こす」と思って降圧剤を飲み続けていた人は、一度、立ち止まって考え、自分の体の自然治癒力を信じて、降圧剤をやめることを検討してみましょう。
もちろん、これまで飲み続けていた薬を一気に全部やめてしまうのは怖いものです。そういう場合は、徐々に減らしていくということでも十分です。

TJ MOOK『血圧は高めがちょうどいい』食材
出典: FASHION BOX

血圧は個性。背の高い人、低い人、運動が得意な人、本を読んだり、絵を描いたりするのが好きな人がいるように、血圧もその人その人に合ったものをみずから調整しています。
自分の体を信じて、血圧の数値に敏感になりすぎず、おおらかな気持ちで毎日を過ごせば、きっと自分の血圧との上手なつきあい方が見えてくるでしょう。

【教えてくれたのは…】
松本光正(まつもと みつまさ)
サン松本クリニック院長
1943年、大阪府生まれ。北海道大学医学部卒業。医療生協さいたま浦和民主診療所勤務、同所所長を経て、1995年、おおみや診療所所長に就任。2014年よりサン松本クリニック院長を務める。中村天風の最晩年の弟子として指導を受け、以降、天風会の講師としても活躍。著書に『血圧心配性ですよ!』(本の泉社)、『検診・手術・抗がん剤の前に読む「癌」の本:過剰な医療が命を縮める』『中村天風の教え 君子医者に近寄らず:9割の人は病院に行かなくてもいい』(ともにあっぷる出版社)、『高血圧はほっとくのが一番』(講談社)、『風邪薬は飲むな』(KADOKAWA)など多数。

※こちらの記事はTJ MOOK『血圧は高めがちょうどいい』に基づいて制作しています

(参考)

TJ MOOK『血圧は高めがちょうどいい』H1
出典: FASHION BOX
TJ MOOK『血圧は高めがちょうどいい』
監修:松本光正(サン松本クリニック 院長)

 

編/FASHION BOX
※ 画像・文章の無断転載はご遠慮ください

RELATED CONTENTS

関連コンテンツ