着まわし抜群で体形カバーも♡ わがままかなえる「お役立ちワンピース」3タイプ

出典: FASHION BOX

おしゃれ映えして着まわしできて体形カバーもかなえたい。そんな大人のわがままに応えてくれるのがワンピースです。オンからオフまで1週間の着こなしもワンピースがあれば大丈夫! 使い勝手のいい3タイプをご紹介します。

 

女性らしさをひとさじ「マキシワンピース」

ウエスト切替からふわっと広がるシルエットがレディライクな女らしさを演出。気になる部分はスカートがカバーするのですっきり見えます。ジャケットを羽織ればオンタイムにもOK。

Gジャンを肩がけして、大人っぽくカジュアルダウン

出典: FASHION BOX

広がりすぎないティアードが大人っぽい。ショッピングにはGジャンを肩がけしてリラックス。

ノースリーブワンピース3万8000円(アイロン)、パンプス3万円(チェンバー/ともにエフユーエヌ)、デニムジャケット4万4000円(ハーヴェイ フェアクロス/アメリカンラグ シー 新宿フラッグス店)、イヤリング9000円(ライツ/ナノ・ユニバース カスタマーサービス)、バッグ25万円(フォンタナ ミラノ 1915/バーニーズ ニューヨーク カスタマーセンター)

 

トップスとして着る「サックワンピース」

ストンとボクシーなワンピースはチュニックとして着るのが今風。シンプルなのでボトムス次第で通勤から華やかな場面まで対応可能。ラインを拾わないハリのある素材をチョイス。

きれいめパンツを重ねて、モード感のある通勤コーデに

出典: FASHION BOX

センタープレスパンツで縦ラインを強調してスラリとした印象に。モノトーンでまとめてモードなかっこよさを演出。新鮮な着こなしが仕事のモチベーションを上げてくれそう。

スカーフ付きワンピース3万円(トゥモローランド コレクション/トゥモローランド)、パンツ2万2000円(エストネーション)、バッグ3万9000円(イアクッチ/ともにエストネーション)、パールピアス6800円(ヒロタカ/ショールーム セッション)、パンプス2万4000円(ガリャルダガランテ/ガリャルダガランテ 表参道店)

 

デイリーに使える、メンズライクな「シャツワンピース」

メンズライクなシャツワンピースは、仕立てや素材にきちんと感があるので、1枚で着ても着崩しても決まる万能選手。ボタンをはずしてコート風に羽織ってもおしゃれです。

ゆるりシンプルスタイルでお気に入りのカフェで一息

出典: FASHION BOX

どこも締め付けず、ざばっとカバーしてくれるので、とにかく快適。衿があるのでルーズにならないのが嬉しい。ニットパンツで動きやすく。

ワンピース2万8000円(ティッカ/ビームス ハウス 丸の内)、ニットパンツ2万8000円(ハイク/ボウルズ)、バッグ4万8000円(オーエーディー ニューヨーク/ショールーム セッション)、シューズ2万5000円(バーニーズ ニューヨーク/バーニーズ ニューヨークカスタマーセンター)

 

メイン画像
(左)ワンピース2万3000円(ワランス/ロンハーマン)、バングル36万円(バウボウ デザイン/アパルトモン 青山店)、クラッチバッグ1万2000円(カテリーナ/ジャーナル スタンダード レリューム アーバンドックららぽーと豊洲店)、フィッシュボーンサンダル3万6000円(カジャック/ウィム ガゼット ルミネ新宿店)、(右)ワンピース1万4000円(ヌキテパ/ビームス ハウス 丸の内)、リネンスカート2万3000円(オニールオブダブリン/ウィム ガゼット ルミネ新宿店)、シルバーイヤリング2万2000円(アデル ビジュー/ナノ・ユニバース カスタマーサービス)、バングル3万1000円(バフ)、ショルダーバッグ2万9000円(キャリーフォーブス/シジェーム ギンザ)、サンダル2万9000円(バーニーズ ニューヨーク/バーニーズ ニューヨーク カスタマーセンター)

 

(GLOW編集部)
撮影=YAS FUKUTA
スタイリング=MORIYA
ヘア&メイク=面下伸一〈FACCIA〉
モデル=愛可
文=安田晴美
編/FASHION BOX
※ 画像、文章の無断転載はご遠慮ください

 

【関連記事】
※ 【ユニクロ】全部5,000円以下! 「本当は教えたくない」優秀アイテム4選
※ 【高級感】えっ、これが付録!? 人気ブランドの本格「三つ折り財布」が『スプリング』5月号で手に入る!

【GLOW編集部の記事をもっと読む】
※ これを着とけば間違いない! 「ユニクロ」アイテムでつくる体型別ベストコーデ
※ 全身黒は逆効果!? ユニクロで叶える「マイナス5kg」の細見えコーデテク

RELATED CONTENTS

関連コンテンツ

付録動画