キュレル ディープモイスチャースプレー

シュッとひと吹きでしっとり潤う! キュレルのスプレーでいつでもどこでも“セラミドケア”〈※1〉

出典: FASHION BOX

乾燥性敏感肌を考えたキュレルからディープモイスチャースプレーが誕生!

乾燥やカサつき、肌荒れを繰り返しがちな乾燥性敏感肌のことを考えて誕生したキュレルのスキンケア。7年の歳月をかけて開発された本品は、消炎剤(有効成分)配合で肌荒れを防ぎ、微細化したセラミド機能成分〈※2〉が肌の奥(角質)まで浸透。ひと吹きで潤った柔らかな肌に保ちます。乾燥性敏感肌を考えた低刺激性の製品設計。

※1 セラミドの働きを補い、潤いを与える
※2 ヘキサデシロキシPGヒドロキシエチルヘキサデカナミド

☆キュレル友達登録はこちら
新商品情報やキャンペーンなどのお得な情報が届きます!

 

[キュレル20周年スペシャル連載]
キュレルと私のものがたり

【VOLUME 03】山口尚美さん モデル

1999年誕生以来、幅広い世代から支持されてきたキュレル。
モデルの山口尚美さんにお気に入りのアイテムを伺いながら、キュレルの魅力に迫ります。

スプレータイプは気になったときにいつでもシュッとできるのがうれしいです

キュレル ディープモイスチャースプレー
出典: FASHION BOX
ブラウス ¥19,000、パンツ ¥23,000/ともにロワズィール

山口尚美さん愛用のキュレル
キュレル ディープモイスチャースプレー

キュレル ディープモイスチャースプレー
出典: FASHION BOX
左から、キュレル ディープモイスチャースプレー CurélディープモイスチャースプレーA【医薬部外品】60g ¥900、150g ¥1,800、250g ¥2,500(編集部調べ)/花王

シュッとひと吹きするだけで、きめ細かな霧が肌にスッとなじむミスト状化粧水。手が届きにくい部位など、全身にすばやくスプレーできます。

日中はメイクの上から使っています
リフレッシュにもなって気持ちいいです

キュレル ディープモイスチャースプレー
出典: FASHION BOX

子どもの肌にも
サッとスプレーできてベタつかない!

キュレル ディープモイスチャースプレー
出典: FASHION BOX

ひと吹きでケアできるスプレーは忙しいママの味方です

3歳の息子さんと登場してくれたモデルの山口尚美さん。普段からキュレルのシャンプーを使っているのだそう。

「もともとやさしく洗いたいなと感じていたときに出会ったのがキュレルでした。なるべくシンプルなものが使いたいと思っていたので、キュレルはそんな希望にぴったりでした。やさしく洗えるところがお気に入り。使い続けるものだから、近くの薬局で買える手軽さも大事です」

そんな山口さんに、新発売のディープモイスチャースプレーを一足先に試していただきました。

「スプレータイプは、今まであまり使ったことがありませんでしたが、このスプレーは肌がとても気持ちいい。お風呂上がりは、子ども優先で自分のスキンケアはつい後回しになってしまうけれど、スプレーなら自分にも子どもにもサッとケアできます。とにかく手間をかけずにケアできるので、子育て中のママにとってはすごく助かります。大きいサイズは洗面所に置いて、中サイズはリビング、小サイズは持ち歩きなど、サイズが選べるのもいいですね。気分をリフレッシュしつつケアもできるこのスプレーは、一年中活躍してくれそう」

お話を聞いたのは……
山口尚美さん
【PROFILE】
雑誌や広告で活躍する一方、CMや PVにも多数出演し、注目を集める。プライベートでは6歳の女の子と3歳の男の子のママ。山口さん家の楽しい日常を垣間見ることができるインスタグラム@happy_ harumiも人気。

 

乾燥性敏感肌に寄り添い続けるキュレルの20年

乾燥性敏感肌に寄り添い続けるキュレルの20年
出典: FASHION BOX

 

乾燥性敏感肌で悩む人が1人でもいる限り。

いつの日か、乾燥して敏感になりがちな肌の悩みを、誰もが忘れて過ごせるように……。そんな思いからスタートしたキュレルのアイテム数は今や60点以上。顔から体、髪までトータルで乾燥性敏感肌の悩みに寄り添います。

〈キュレルの公式アカウントもチェック!〉
LINE, Twitter @curel_kao
Instagram @curel_official_jp

 

[詳しい商品情報はこちら]

今回ご紹介したディープモイスチャースプレーの詳しい情報は特集ページをチェック!
おすすめの使い方の動画も公開中です。

>> 詳しくはこちらへ

 

[お問い合わせ先]
花王 消費者相談室 0120-165-698

※画像・文章の無断転載はご遠慮ください
photograph: Keiko Ichihara
styling: Sanami Okamoto
hair & make-up: Yuka Takamatsu
model: Naomi Yamaguchi
illustration: Fumi Koike
text: Maki Nagai
cooperation: AWABEES, UTUWA
(提供:花王株式会社)
(リンネル 2020年6月号)

RELATED CONTENTS

関連コンテンツ