ZARAタイトアイキャッチ

通勤コーデどうしてる?プチプラで高見えが完成!通勤着まわしコーデ

出典: FASHION BOX

通勤コーデを考えるのは大変ですよね。社会人のマナーを守りながらおしゃれで好感度の高い着こなしをしたい、でも同じ着こなしだとマンネリしてしまう。そんなときにはプチプラ服が大活躍! トレンドをおさえつつ、おしゃれな着こなしが叶います。

【華やか通勤スタイルに! ユニクロのフレアスカートで「高見えコーデ3選」】

ハリ感のある素材とビビッドな赤が愛されコーデにぴったり! フレアスカートは通勤コーデを華やかにしてくれるおしゃれ女子のマストハブアイテム。

■着回しITEM

通勤にもプライベートにも使えるフレアスカートは、シワになりにくいハリ感のある素材なら高見えする。ビビッドなカラーなら、通勤服を華やかにアップデートしてくれる!

■ストライプシャツ&タイツ

ビビッドカラーのフレアスカートにストライプシャツをあわせて好感度を重視。きちんと感と女性らしいやわらかさがマッチする!

■トレンチコート&ニット&タイツ

黒ニット×赤スカート 可愛さ10割増しのメリハリコーデは引き締め効果で上品に決まる。クラシックかつ旬なトレンチで感度高めに仕上げたい。

>>優秀フレアスカートのコーデをもっと見る

【ZARAのスカートでつくる! 「好感度重視」のキレイめオフィスコーデ3選】

ZARAタイトアイキャッチ

好感度重視のキレイめオフィスルックに使えるタイトスカートは大人女子から大人気。黒のミディ丈はラップデザインでちらりと脚をのぞかせれば抜け感が出せる!

■着回しITEMはコレ!

ZARAタイトスカート

ラップスタイルのミディ丈スカートは、ホワイトのステッチとボタンがアクセント。はいたときに脚がちらりと見えるデザインで、スカートスタイルに差がつく!

■Vネックニット

首のあきがキレイなゆるニットにミディ丈のタイトスカートをあわせれば、大人上品なムードに。スタイルアップも狙えるのが◎。

>>ZARAで作るオフィスコーデをもっと見る

撮影/[人物]瀬津貴裕(biswa)、[静物]草間大輔(impress+)
スタイリング/永岡美夏
ヘア&メイク/NAYA
モデル/美優、里海
取材・文/伊藤伊万里(ライトアウェイ)

【この太い脚をブーツで隠したい! 通勤コーデに使える細見えブーツを大発表!!】

冬に欠かせないのがブーツ。自分の脚にあったものを履いてビジネスシーンのおしゃれを楽しみたいですよね。

今回は脚のコンプレックス別にベストなブーツをピックアップ。ご紹介するのは、第1位の「脚が太い」というお悩み。steady.読者1000人に聞いたところ、46%と約半数もの人が脚の太さを気にしているという結果に。

どれが自分にあうか一目瞭然だから、ブーツ選びの参考にして!

■【脚が太い人に超似合うブーツは……】

◎シューティ

くるぶしが見える甲深タイプ

>>太脚さんでもバッチリ決まるブーツをもっと見る

撮影/草間大輔(impress+)
スタイリング/七森美和、金井紀美江
構成・文/佐藤玲美

【ZARA】通勤もデートもこれ1着! 正解差し色「赤トップス」の高見えコーデ術

赤シャツZARA

アクセントカラーにぴったりな差し色トップスは、プチプラでいつもとは違うカラーに挑戦して。インナーにも羽織りにも使えるとろみ素材が高見えのキーワード。

■「赤」のトップスに挑戦してみよう

赤トップス

ベーシックなシャツは、ZARAで新しいカラーに挑戦するのがおすすめ。とろみ感のある素材で高級感を演出できるシャツはビビッドなレッドがコーデに映える。

■デニムとも相性バッチリ! カジュアルスタイル

カジュアルスタイル

トライバル柄のロングカーデのインナーに赤いシャツをあわせれば、女っぽさの光るカジュアルスタイルに。デニムとも好相性!

■パンツルックには鮮やか赤シャツが正解!

パンツルック

アクティブに動けるパンツスタイルには、鮮やかカラーのシャツで女度を増量! 肩章付きデザインでほどよいマニッシュ感も◎。

>>メインにも差し色にも使える赤シャツコーデをもっと見る

(steady.編集部)
撮影/[人物]瀬津貴裕(biswa)、[静物]草間大輔(impress+)
スタイリング/永岡美夏
ヘア&メイク/NAYA
モデル/美優
取材・文/伊藤伊万里(ライトアウェイ)

【シンプルなのに華やか! 定番「白ブラウス」でつくる最旬コーデ3パターン】

通勤服をテーマに、某社社員に扮した石田ニコルが、白ブラウスを着まわします。トレンドをおさえながら、きちんと感も重視して遊び心も忘れないをモットーに、
お仕事の日も休日も、めいっぱいおしゃれを楽しむ彼女をご覧あれ!

■着まわすアイテムはコレ!

白ブラウス

首元と袖口のフリルがポイントの上品なブラウス。カーディガンとの重ね着もバランスGOOD。

■レディなきちんとスタイル

花柄ボトムス

肌寒いとき用に赤カーデも羽織って準備万端。会社の顔として取材への同行頑張ります。退社後は同僚と、やっと予約がとれた至福のホテルディナーを満喫する予定。今日も一日忙しい!?

>>きちんとしてるのに今っぽい! 白ブラウスコーデをもっと見る

(sweet編集部)
photo/DAISUKE TSUCHIYAMA[TRON](model), MAYA KAJITA[e7](still)
styling/MIKA NAGAOKA
hair & make-up/MAYUKO SHIROUZU
model/NICOLE ISHIDA

【ファッションで運命が変わる!? 幸せになれる「引き寄せの法則」コーデ3選】

ステキな女性アイキャッチ

「あなたは今、幸せですか?」
そんな質問を1000人の日本のアラサー女性に対してしてみたところ、約4割が理想の女性になれず、「幸せを感じられない」と思っていることが判明。でも、誰もが「幸せになりたい!」と思っているはず。そんな女性の理想を、「引き寄せの法則」のルールを盛り込んだファッションコーデ術で、引き寄せましょう!

■理想は、「ステキな女性」

今は幸せを感じられていない女性も、“理想の自分”や“憧れの女性像”はもっているはず。
アンケートでは、なりたい女性像の約9割が“ステキな女性”でした。理想とされるステキな女性とは、「内面も外見も磨かれている人」のこと。また、オフィスでも友人にも、そして彼にも、「ステキ」と思われたいという声が多かったです。

>>ステキな女性になるためのコーデをもっと見る

(steady.編集部)
撮影/布施鮎美
スタイリング/岡野香里(TRON)
ヘア&メイク/川嵜 瞳(PEACE MONKEY)
モデル/舞川あいく
撮影協力/EASE、barbie
構成&文/渡辺麻衣子
文・編/FASHION BOX
※ 画像・文章の無断転載はご遠慮ください
※ 本記事は『steady.』『sweet』に掲載された過去の記事を再編集したものです。

RELATED CONTENTS

関連コンテンツ