おとなに似合う理想のリュックについておしゃプロがトーク|超定番は黒だけど春はベージュ・グレー・白もおすすめ♡

[大人に似合うリュックの条件]黒は汚れが目立つ!? ファッションのプロが本音トーク

出動! おとなのリュック見つけ隊

おとなのカジュアルスタイルで、定番化しつつあるリュック。デザインはもちろん機能性が重視されるものだから、慎重に吟味したいですよね。おとなに似合うリュックについておしゃれの達人たちが徹底トークしました。

『リンネル』最新号を購入する!

宝島社公式通販サイト「宝島チャンネル」なら電話注文もOK! 雑誌送料は1冊200円!!  詳しくはこちらをクリック
【TEL】0120-203-760
【受付時間】9:00~18:00(土日祝日を除く)

 

超定番は黒だけど春らしい中間色も気になる

おとなに似合う理想のリュックについておしゃプロがトーク|超定番は黒だけど春はベージュ・グレー・白もおすすめ♡
「大きく開くの大事!」

圷さん「私は黒のナイロンのデイバッグをもう10年使っていて。丈夫で長持ちしてるけど、今まさに春らしいのがほしい!」

渡辺さん「私は子ども二人がやんちゃ盛りで。すぐに服を濡らすので、防水機能があったり、どろんこや砂汚れが目立たないこと、あと丈夫さが大事かな」

玄長さん「黒のナイロンは定番ですけど、今年はベージュやグレーなど、中間色も多いですよ。汚れも目立ちにくいです。今年の春はラベンダーやミントグリーンなどパステルカラーの服が多いので、ホワイトのリュックも注目です」

渡辺さん「そうそう! 黒は汚れが目立たないと思ってたけど、砂汚れとか白っぽい汚れが目立つんですよね。ベージュやグレー、春らしくていいですね」

仁田さん「私はPCを持って移動することが多いので、だいたいリュック。子どもの分のペットボトルを入れるので、両サイドに大きめのポケットは絶対ですね(笑)」

玄長さん「PCの持ち歩きだったら、アウトドアブランドがおすすめ! PCスリーブ(背中側のPCが入るポケット)付きのものが多かったり、本体自体が頑丈なので安心です。機能面でも、素材が丈夫で軽量だったり、防水や抗菌、防火機能もあるものもあったりします」

キャンバス&リネンリュック3選|ナチュラルなファッションになじんで合わせやすい布素材

やっぱりシンプルなリュックが好き♡ ワントーンならタウンユースに活躍!

服に合った、ラフになりすぎないコーディネートが知りたい

仁田さん「足もともスニーカーが多いので、リュックを背負うと見た目がどうしても“山登り”っぽくなっちゃって(笑)。ナチュラルな色や素材の服に合うのを探してます」

玄長さん「キャンバス地やリネン素材もかわいいの出てますよ。アウトドアブランドほどではないにしても、ポケットが多かったり防水だったりと、機能面も進化しています」

おとなに似合う理想のリュックについておしゃプロがトーク|超定番は黒だけど春はベージュ・グレー・白もおすすめ♡
「これ、ポケットが多くていいよね!」
おとなに似合う理想のリュックについておしゃプロがトーク|超定番は黒だけど春はベージュ・グレー・白もおすすめ♡
「キャンバス地は、洋服に合わせやすいね〜」

――リュックの日の服は、どんなことに気をつけてますか?

渡辺さん「私はほぼ毎日リュックにスニーカーなので、アクセサリーをつけたり、衿元が女性らしいものを選んだりして、マニッシュにならないようにはしています」

圷さん「私は、Aラインのワンピースとかふんわりしたワンピースにあえて大きめのリュックを合わせてみたい。シンプルだけど色や形にちょっと個性があるもので、春らしくコーデしてみたいですね」

おとなに似合う理想のリュックについておしゃプロがトーク|超定番は黒だけど春はベージュ・グレー・白もおすすめ♡
「形が変えられるのは飽きがこないし使えそう!」

<きれいめレザーリュック3選>上質な大人のコーデが完成!

リュック+レザーポシェットが便利|単品でも使えてスマホや小銭入れにも大活躍!

徹底トークしてくれたのは……

おとなに似合う理想のリュックについておしゃプロがトーク|超定番は黒だけど春はベージュ・グレー・白もおすすめ♡

左から
玄長なおこさん
【PROFILE】
スタイリスト。『リンネル』ほかファッション誌で活躍するスタイリスト。ブランドとのコラボアイテムの開発なども手掛ける。

仁田ときこさん
【PROFILE】
エディター・ライター。ファッションとライフスタイルにくわしい。葉山に移住し、休日は家族で海や山に出かけるアウトドア派。

圷 みほさん
【PROFILE】
ウェブショップ「acutti」主宰。ワンピースやスカートなどのナチュラルなスタイルが好み。新作リュックに興味津々!

渡辺彩加さん
【PROFILE】
グラフィックデザイナー。長身を生かしたシックな着こなしがおしゃれ。一男一女とともに、公園に行くのが日課。

 

『リンネル』最新号を購入する!

宝島社公式通販サイト「宝島チャンネル」なら電話注文もOK! 雑誌送料は1冊200円!!  詳しくはこちらをクリック
【TEL】0120-203-760
【受付時間】9:00~18:00(土日祝日を除く)

 

リュックにもワンランク上の機能を! 防水・抗菌・パッカブルetc. ポケットもたっぷり!

 

photograph:Mari Yoshioka
styling:Naoko Gencho
text:Ema Tanaka

リンネル 2021年5月号

※ 画像・文章の無断転載はご遠慮ください

web edit:FASHION BOX

RELATED CONTENTS

関連コンテンツ