南果歩が海外到着後14日間の隔離生活について語る! “自分の原点に戻る時間にもなりました”

南果歩が海外での隔離生活を語る! 藤井風のインタビューが刺激に

南果歩さん『大人のおしゃれ手帖』連載「I am Here!」

『大人のおしゃれ手帖』で連載中の南果歩さんの「I am Here!」。今回のテーマは「何よりも大事なのは、人生を楽しむこと」。日本の緊急事態宣言真っ只中に、仕事のために海外に行った南果歩さん。到着してから14日間の隔離生活の様子や苦労を綴ってくれました。

『大人のおしゃれ手帖』最新号を購入する!

宝島社公式通販サイト「宝島チャンネル」なら電話注文もOK! 雑誌は送料200円(1冊あたり)!!  詳しくはこちらをクリック
【TEL】0120-203-760
【受付時間】9:00~18:00(土日祝日を除く)
※電話注文でご利用いただけるお支払い方法は「コンビニ前払い」「NP後払い」のみ

 

【南果歩】「Quarantine」

2021年1月20日、2日前に受けたPCR検査の英文の診断書を手に、ひとり、夜の羽田を発ちました。
お誕生日フライト。と言うと、なんだかドラマティックですよね。
コロナ禍でどこにも遠出できない状況の中、久しぶりの飛行機に心躍るというよりも、こんな時期の海外でのお仕事には細心の注意を払わなくてはという、緊張感の方が優っていました。
羽田空港は免税店も閉まっていて、人気もなく、北米路線の飛行機はガラガラ。ほとんど貸切状態に近いくらいでした。それはそうですよね。日本は緊急事態宣言の真っ只中。
現地に着くと、入国後すぐに入国管理室でワーキングビザの手続き。そしてプロダクションが用意したお迎えの車に乗り、まっすぐにステイ先のアパートホテルへ。
「Quarantine」。到着早々に新しい言葉を覚えました。そう、「隔離」。入国時からイミグレーション係の人に始まり、ドライバーさん、アパートホテルのチェックインの時も、対応するスタッフは、この「Quarantine」の連発です。
こうして異国での、今まで経験したことのない14日間の隔離生活が始まりました。
用意された部屋はキッチン付きでランドリーも室内にあり、暮らしていけるものはすべて揃っている。
部屋には大きな窓もあり、バルコニーも付いている。
それを見て少しはホッとしたものの、外界から切り離された場所で、この14日間たったひとりでどうやって暮らしていけるのか予想もつきません。
荷ほどきをして、夕食の準備。日本から調味料や手軽に食べられるものをトランクひとつにギッシリ詰めてきました。おかげで重量オーバーの追加料金を取られてしまったけれど。
しかしこれは異国でひとり生きていくために必要なもの。致し方ない。
翌朝からは、朝起きてから一番に、窓を開けて換気しながら部屋に付いているほうきとちりとりで掃除。そのあと、東京でお世話になっているパーソナルトレーナーさんに作ってもらったムービーで、ヨガマットだけでできる筋トレを30分。シャワーを浴びて洗濯。
そしてブランチを作って食べ、午後はお勉強タイム。台本を覚えたり、小説を読んだり。夕方近くになって夕食の準備。白ワインを注ぎ、食しながらNetflixタイム。1日に一度は必ず英語を話す時間を持つために、英語友達とZoomで繋がることも忘れずに。共演者のみんなとのグループチャットも繋がり、情報交換をして独りじゃないと自分に言い聞かせて。
持参した枕のおかげもあって良い睡眠が取れていて、1週間はこれでなんとか持ちこたえることができました。
しかし自分の料理に飽き、何も変わらない独りに飽き、換気しても変わらない部屋の空気にも飽き、すべてに飽きてしまったのです。
東京でもステイホームは経験していたけれど、家には息子や娘がいたり愛犬がいたり、全く外に出られない状況ではなかったから、今回の隔離とは比較になりません。
その中でも、バイデン大統領就任式のアマンダ・ゴーマンさんの詩の朗読や藤井風さんのインタビューをYouTubeで見たり、アメリカの俳優さんにすすめられた「Schitt’s Creek」と言うコメディドラマを見たりして、新鮮な刺激を取り入れました。そうすると本当に心が動かされ、色んな感情が湧き上がってくるのです。やっぱりエンターテイメントは心を救ってくれる! 私はなんて素敵な仕事に携わっているのだろうと、改めてひとりでその幸せを噛み締めていました。
ただ世間と隔離されていただけではなく、この14日間は自分の原点に戻る時間を、私に与えてくれたようです。
隔離が明ける前日に再びPCR検査を受け、初めて外に出られた時の感動は絶対に忘れたくない。眼に映るものすべて、肌で感じられるものすべて、今ここにいることすべてに、感謝の気持ちでいっぱいになりました。
「I am Here!」と大声で叫びたいくらい、最高!

南果歩が海外到着後14日間の隔離生活について語る! “自分の原点に戻る時間にもなりました”
シャツ¥39,600、付け衿¥20,900/ともにキーコ(フクリエ)、手首側からブレスレット¥19,800、ブレスレット¥14,300、ブレスレット¥14,300、ブレスレット¥19,800/すべてチャン ルー(チャン ルー ジャパン ショールーム)

南果歩が海外到着後14日間の隔離生活について語る! “自分の原点に戻る時間にもなりました”

家族お手製のお守りを握りしめて「行ってきます!」

東日本大震災から10年、南果歩の言葉への思いとは? “最果タヒにハマっています”

[南 果歩]映画『伽倻子のために』小栗康平監督からもらった大切な言葉とは?

 

PROFILE/南果歩(みなみ・かほ)

兵庫県出身。短大在学中に映画『伽倻子のために』(小栗康平監督、1984年)のヒロインオーディションに応募、主役に抜擢されてデビュー。第62回カンヌ国際映画祭で監督賞を受賞した、ブリランテ・メンドーサ監督最新作『GENSAN PUNCH~(義足のボクサー)』(日本、フィリピン合作映画/邦題は仮)、ダニエル・デンシック監督『MISS OSAKA』(デンマーク・日本・ノルウェー合作映画)がそれぞれ今年公開予定。

『大人のおしゃれ手帖』最新号を購入する!

宝島社公式通販サイト「宝島チャンネル」なら電話注文もOK! 雑誌は送料200円(1冊あたり)!!  詳しくはこちらをクリック
【TEL】0120-203-760
【受付時間】9:00~18:00(土日祝日を除く)
※電話注文でご利用いただけるお支払い方法は「コンビニ前払い」「NP後払い」のみ

 

[南 果歩]愛犬のトイプードルとの出会いは? お婿さん選びに奔走

南果歩の愛犬が出産! トイ・プードルの子育て奮闘記

南果歩が50代で筋トレにチャレンジ! 見事な180度の開脚姿も披露

photograph:Takashi Noguchi(San Drago)
styling:Kuniko Sakamoto
hair & make-up:Keizo Kuroda(K Three)
Text:kaho Minami

大人のおしゃれ手帖 2021年4月号

※ 画像・文章の無断転載はご遠慮ください

web edit:FASHION BOX

RELATED CONTENTS

関連コンテンツ