楽天やdポイントで投資デビュー! 初心者におすすめのポイント運用をFPが解説

投資初心者向け「ポイント運用」入門|楽天、Tポイントなど種類別の特徴をFPが解説

教えて! お金のコト

将来に備えて、そろそろ投資デビューしたいと思っている人も多いのでは。初心者にはハードルが高そうな投資ですが、気軽に始められるポイント運用について、ファイナンシャルプランナーの丸山晴美先生が紹介します。

『steady.』最新号を購入する!

宝島社公式通販サイト「宝島チャンネル」なら電話注文もOK! 雑誌送料は1冊200円!!  詳しくはこちらをクリック
【TEL】0120-203-760
【受付時間】9:00~18:00(土日祝日を除く)

 

<お悩み内容>気軽に、あまり損せずにできる投資があれば教えて

今後のこと考えると投資もやっておいた方がいいのかなと思いますが、損したら困るなと思うと、なかなか始める勇気が出ません。手軽にできて、あまり損をしない投資があったら教えてください。

楽天やdポイントで投資デビュー! 初心者におすすめのポイント運用をFPが解説
(人材関連勤務・30歳)

(人材関連勤務・30歳)

【PROFILE】
少しずつ貯蓄はできているが、投資は全くの未経験。投資にトライしてみたいが二の足を踏んでいる状態。何かのきっかけがあればやってみたいと思っている。

<アドバイス>投資初心者にぴったりの「ポイント運用」 買い物で貯めたポイントで疑似投資体験

投資を始めたいけど、少しハードルが高いと思っている人にぴったりなのが「ポイント運用」です。というのも、普段のお買い物で貯まったポイントを使って疑似投資体験ができるからです。手数料や証券口座は不要で、最初にコースを選べばあとはほったらかしでOK。ポイントは増えるだけではなく、減ることもあります。もし減ったとしても、現金を使った本格的な投資ではなく、もともとは買い物のついでにもらったポイントなので、ダメージは少ないのでは。これで投資の雰囲気を味わい、もう少し本格的にやってみたいと思ったら、「ポイント投資」と呼ばれる、下記のTポイントのような証券口座を開くタイプを利用するといいでしょう。

楽天やdポイントで投資デビュー! 初心者におすすめのポイント運用をFPが解説

コロナ禍で変化!? 貯金の新4大ルールとは? キーワードは所有コスト&運用[FP監修]

今こそ貯蓄の始めどき! 貯金方法をキャラ別にオススメ[FP 監修]

投資初心者はまずここから! 簡単“ポイント運用”入門

実は投資初心者にぴったりのポイント運用。メリットやそれぞれのサービス内容などを紹介します。

Lesson 1:そもそも“ポイント運用”って何?

貯めたポイントで気軽に投資を始められる
買い物で貯まったポイントで疑似投資体験ができます。貯蓄ではなく投資なので、ポイントが増えるだけではなく、減ることも。基本的に証券口座を開かなくても気軽に始められます。

《メリット》
・貯めたポイントを利用できる
・口座を開設する必要がない

《ここに注意!》
・ポイントが減ることもある
・期間限定ポイントは使えない
・運用先の選択肢が少ない

Lesson 2:どんな“ポイント運用”があるの?

普段貯めているポイントでできるかも。実際に、どんなポイント運用があるのか紹介します。

■その1:ドコモのケータイ以外もOK dポイント

投資先はおまかせ、または複数のテーマから選ぶ
ポイントが投資信託などの価額に連動して変動。積極的なアクティブと安定的なバランスコースのどちらかを選ぶ「おまかせ」と、複数のテーマから選ぶ「テーマ」の投資体験サービスがある。100ポイントから。

《特徴》
・証券口座や手数料は不要
・投資できるコースが比較的多い

■その2:2つのコースから選ぶだけ 楽天ポイント

増えたポイントは引き出して買い物などに使える
日々の値動きに連動。増えたポイントは引き出して、通常ポイントとして買い物などに使うこともできる。日々の値動きが多いアクティブコースと値動きの小さいバランスコースがある。100ポイントから。

《特徴》
・証券口座や手数料は不要
・2つのコースのどちらかを選ぶ

■その3:au PAYのアプリが必要 Pontaポイント

au IDとPontaポイントがあればだれでもできる
Pontaポイントを運用ポイントに振り替えて利用できる疑似投資体験サービス(au PAYポイント運用)。運用ポイントは投資信託の価額に連動。また、運用ポイントはPontaポイントに交換することも可能。100ポイントから。

《特徴》
・証券口座や手数料は不要
・au PAYのアプリが必須

■その4:初心者からステップアップ Tポイント

証券口座を開いて個別株などが買える
SBI証券またはSBIネオモバイル証券(ネオモバ)のどちらかの口座を開設。SBI証券では投資信託、ネオモバでは個別株なども買える。どちらも手数料などがかかる。現金との併用可。1ポイントから。

《特徴》
・証券口座や手数料が必要
・投資信託や個別株などが買える

初心者向け|スマホの資産運用サービス4選をNHK『趣味どきっ!』講師が厳選!

 

Advice 1:証券口座を開き現金と併用した投資ができる方法も

基本的に“ポイント運用”は、証券口座や手数料が不要なものです。慣れてきて本格的に投資をしたくなったら、今回Tポイントの例で紹介している、“ポイント投資”に進む手もあります。証券口座を開き手数料などを払って、貯めたポイントと現金を併用して本格的に株式投資などを始めることができます。

Advice 2:永久不滅ポイント運用で投資疑似体験ができる

クレジットカードの利用ポイントで投資の疑似体験ができるものもあります。たとえば、クレディセゾンの永久不滅ポイントでできるポイント運用です。投資先は6つの投資信託コースと株式コース。運用しているポイントは好きなときに交換して、永久不滅ポイントとして使うことができます。

iDeCoとつみたてNISAの違いって? ほったらかし投資で賢く投資しよう

教えてくれたのは……丸山晴美先生

楽天やdポイントで投資デビュー! 初心者におすすめのポイント運用をFPが解説
丸山晴美先生

【PROFILE】
ファイナンシャルプランナー。節約アドバイザー。『steady.』の連載をまとめた『簡単! しっかり貯まる お金の基本』(宝島社)や、『驚くほど貯まる! ポイ活カードケース』(宝島社)、新刊『50代から知っておきたい! 年金生活の不安、解消します』(幻冬舎)、『シングルママのお金に困らない本』(徳間書店)が好評発売中。

『steady.』最新号を購入する!

宝島社公式通販サイト「宝島チャンネル」なら電話注文もOK! 雑誌送料は1冊200円!!  詳しくはこちらをクリック
【TEL】0120-203-760
【受付時間】9:00~18:00(土日祝日を除く)

<究極の投資術>100円からでも始められる「ほったらかし投資」

取材・文/金野和子
イラスト/Nobby
steady. 2021年6月号

※ 画像・文章の無断転載はご遠慮ください

WEB編集/FASHION BOX

RELATED CONTENTS

関連コンテンツ