<ワンピース見えするセットアップ6選>おしゃれなのにコーデが時短に!

コーデに悩まないセットアップ6選|“ワンピース見え”するアイテムが狙い目!

毎日が特別に 初夏の着まわしワンピース/ワンピース見えするセットアップ

ワンピースのように見えるセットアップが大人気。おしゃれなうえ、コーディネートが時短できます。とっておきの1枚を見つけてください。

『リンネル』最新号を購入する!

宝島社公式通販サイト「宝島チャンネル」なら電話注文もOK! 雑誌送料は1冊200円!! 詳しくはこちらをクリック
【TEL】0120-203-760
【受付時間】9:00~18:00(土日祝日を除く)

 

<家で>暑い夏の日はノースリーブで凜と

<ワンピース見えするセットアップ6選>おしゃれなのにコーデが時短に!
プルオーバー¥6,900、スカート¥10,900/ともにオー・ゼロ・ユー(アドアーリンクカスタマーセンター)、ヘアバンド¥4,400/ブランク(ビーミング ライフストア by ビームス アーバンドック ららぽーと豊洲店)、その他/スタイリスト私物

コーディネートを考えなくても決まるのがセットアップのいいところ。

スモック&プルオーバーワンピースコーデ|外ではさらりと一枚で・家ではベストやパンツを重ねて

ナチュラルスタイルに必須のガウン&カシュクールワンピース|はおるもよし・閉じるもよし!

<外で>ビッグシャツをはおってラフに

<ワンピース見えするセットアップ6選>おしゃれなのにコーデが時短に!
プルオーバー¥6,900、スカート¥10,900/ともにオー・ゼロ・ユー(アドアーリンクカスタマーセンター)、ヘアバンド¥4,400/ブランク(ビーミング ライフストア by ビームス アーバンドック ららぽーと豊洲店)、シャツ¥3,190/ラコレ(アダストリア)、イヤリング¥1,430/ゴールディ、バングル¥5,280/ラピエサージュ(ナンバー 吉祥寺店)、バッグ¥7,700/アデュー トリステス、サンダル¥16,500/ティグル ブロカンテ

プルオーバーをインしてメリハリを。

キャミソール&サロペットワンピースなら一年中着まわしできる! 大人っぽさを意識して

キャミソール&サロペットワンピースのオンオフコーデ|重ね着の仕方で印象が変わる!

シャツ&ブラウスワンピースは着まわし力の高さが魅力! ボタンを開けてアウターとしても

ワンピース見えするおすすめセットアップ

#01 ADIEU TRISTESSE

<ワンピース見えするセットアップ6選>おしゃれなのにコーデが時短に!
シャツ¥20,900、スカート¥26,400/ともにアデュー トリステス、バッグ¥6,930/シップス(シップス 有楽町店)、パンプス¥5,500/ダブルエー オリエンタルトラフィック(ダブルエー)

ハッピーなリゾート柄をタウンユースするのが今年ならでは。淡いラフィアバッグを合わせて軽やかに。

#02 SOIL

<ワンピース見えするセットアップ6選>おしゃれなのにコーデが時短に!
ブラウス¥13,200、キュロットパンツ¥16,500/ともにソイル(ビューカリック&フロリック)

上下でドットの大きさが違う遊び心を楽しんで。

#03 MidiUmi

<ワンピース見えするセットアップ6選>おしゃれなのにコーデが時短に!
シャツ¥15,950、スカート¥19,910/ともにミディウミ(マザーズインダストリー)、ハット¥7,590/パッサージオ デラ トスカーナ(ジャーナル スタンダード 自由が丘店)、靴¥16,500/キタン(シップス グランフロント大阪店)

フランスの生地メーカー・Deveaux社のテキスタイルが、美しい夏を演出。

#04 Sally Scott

ワンピース見えするセットアップならおしゃれなのにコーディネートの時短が叶う!
ブラウス¥24,200、スカート¥27,500/ともにサリー・スコット(ダイドーフォワード)

ノーブルな空気を放つピュアな白レース。ゴムウエストです。

#05 ADIEU TRISTESSE

<ワンピース見えするセットアップ6選>おしゃれなのにコーデが時短に!
ブラウス¥20,900、スカート¥26,400/ともにアデュー トリステス

シルク混のなめらかな肌触りが心地よい、リバティプリントのセットアップ。スカートは裏地付き。

 

『リンネル』最新号を購入する!

宝島社公式通販サイト「宝島チャンネル」なら電話注文もOK! 雑誌送料は1冊200円!! 詳しくはこちらをクリック
【TEL】0120-203-760
【受付時間】9:00~18:00(土日祝日を除く)

 

photograph:Nobuki Kawaharazaki[model], Mari Yoshioka[still]
styling:Sanami Okamoto
hair & make-up:Yoko Fuseya
model:Sakura Maya Michiki
text:Momoko Miyake

リンネル 2021年7月号

※ 画像・文章の無断転載はご遠慮ください
※ 文中で紹介している商品の情報は、●ブランド名と問い合わせ先が同じ場合は、「¥価格/ブランド名」、●ブランド名と問い合わせ先が異なる場合は、「¥価格/ブランド名(問い合わせ先)」で表記してあります

web edit:FASHION BOX

RELATED CONTENTS

関連コンテンツ