シャツ&ブラウスワンピースは着まわし力の高さが魅力! ボタンを開けてアウターとしても

シャツワンピースは買って正解! 着まわし力の高いブラウス系もチェック!!

毎日が特別に 初夏の着まわしワンピース/シャツ&ブラウス

ワンピースは、一枚でも、重ねても、はおってもOKな優秀アイテム。なかでも、着まわし力が高くて重宝するのがシャツ系ワンピース。前ボタンを開ければはおりとしても使えて便利です。

『リンネル』最新号を購入する!

宝島社公式通販サイト「宝島チャンネル」なら電話注文もOK! 雑誌送料は1冊200円!! 詳しくはこちらをクリック
【TEL】0120-203-760
【受付時間】9:00~18:00(土日祝日を除く)

 

<家で>レッグウォーマーでアレンジして、ゆるっと

シャツ&ブラウスワンピースは着まわし力の高さが魅力! ボタンを開けてアウターとしても
ワンピース¥29,700/ネストローブ(ネストローブ 表参道店)、カットソー¥9,680/コンジェ ペイエ アデュー トリステス、メガネ¥37,400/ビージェー クラシック コレクション(オプティカルテーラー クレイドル 青山店)、レギンス¥3,520/タビオ、レッグウォーマー¥1,210/靴下屋(ともにタビオ)、スリッパ/スタイリスト私物

家でもおしゃれ心を忘れたくないから、きれい色の綿麻ワンピースを選択。

スモック&プルオーバーワンピースコーデ|外ではさらりと一枚で・家ではベストやパンツを重ねて

ナチュラルスタイルに必須のガウン&カシュクールワンピース|はおるもよし・閉じるもよし!

<外で>前ボタンを開ければロングコートの役割も

シャツ&ブラウスワンピースは着まわし力の高さが魅力! ボタンを開けてアウターとしても
ワンピース¥29,700/ネストローブ(ネストローブ 表参道店)、中に着たワンピース¥8,690/サマンサ モスモス(キャン カスタマーセンター)、つけ衿¥5,390/ドット アンド ストライプス チャイルドウーマン(アンビデックス)、スニーカー¥7,700/アーメン(ビューカリック&フロリック)

爽快なグリーンが印象的なシャツワンピース。アウター感覚ではおっても素敵。

キャミソール&サロペットワンピースなら一年中着まわしできる! 大人っぽさを意識して

キャミソール&サロペットワンピースのオンオフコーデ|重ね着の仕方で印象が変わる!

<ワンピース見えするセットアップ6選>おしゃれなのにコーデが時短に!

おすすめシャツ&ブラウスワンピース

#01 NOMBRE IMPAIR

シャツ&ブラウスワンピースは着まわし力の高さが魅力! ボタンを開けてアウターとしても
ワンピース¥14,080/ノンブルアンペール(ノンブルアンペール吉祥寺パークストア)、バッグ¥18,480/ムゥムゥヌゥ、パンプス¥6,500/オリエンタルトラフィック(ダブルエー)

前ボタンを留めて着ると品のよさがより高まり、優美な女性らしさへと誘ってくれます。

#02 B:MING by BEAMS

シャツ&ブラウスワンピースは着まわし力の高さが魅力! ボタンを開けてアウターとしても
ワンピース¥9,790/ビーミング by ビームス(ビーミング ライフストア by ビームス アーバンドック ららぽーと豊洲店)

シアー感とバンドカラーが旬。

#03 OUVERT

シャツ&ブラウスワンピースは着まわし力の高さが魅力! ボタンを開けてアウターとしても
ワンピース¥18,480/ウーヴェル(エイチ・プロダクト・デイリーウエア)、バッグ¥13,200/サリー・スコット(ダイドーフォワード)、パンプス¥18,700/ミー(ヒルズアヴェニュー 銀座店)

伊吹染めのドライタッチな風合いが夏にぴったり。顔まわりがスッキリ見えるVネックもうれしい。

#04 POOL

シャツ&ブラウスワンピースは着まわし力の高さが魅力! ボタンを開けてアウターとしても
ワンピース¥18,700/プール(イデーショップ 自由が丘店)

やわらかいコットンツイル素材。印象的なネイビーの格子柄がコーディネートの主役に。

#05 avecmoi

シャツ&ブラウスワンピースは着まわし力の高さが魅力! ボタンを開けてアウターとしても
ワンピース¥8,690/アヴェクモワ(フェリシモ)

夏の熱い陽射しに負けない鮮やかなピンク。高めのウエスト切り替えで脚長効果も叶います。

 

『リンネル』最新号を購入する!

宝島社公式通販サイト「宝島チャンネル」なら電話注文もOK! 雑誌送料は1冊200円!! 詳しくはこちらをクリック
【TEL】0120-203-760
【受付時間】9:00~18:00(土日祝日を除く)

 

photograph:Nobuki Kawaharazaki[model], Mari Yoshioka[still]
styling:Sanami Okamoto
hair & make-up:Yoko Fuseya
model:Akari Abe
text:Momoko Miyake

リンネル 2021年7月号

※ 画像・文章の無断転載はご遠慮ください
※ 文中で紹介している商品の情報は、●ブランド名と問い合わせ先が同じ場合は、「¥価格/ブランド名」、●ブランド名と問い合わせ先が異なる場合は、「¥価格/ブランド名(問い合わせ先)」で表記してあります

web edit:FASHION BOX

RELATED CONTENTS

関連コンテンツ