4ステップでサロン帰りの美爪に!? プロ推奨「自宅でできる簡単ネイルケア」

出典: FASHION BOX

鏡に映った自分を見て、生活感が滲み出ている……とガッカリしたこと、ありませんか? そんな時は、素敵に見える第一歩として、ネイルケアに気を配ってみましょう。

末端ケアは、ついつい気を抜きがちな人も多いのでは。ですが、特に手は物を渡したり受け取ったりする時、相手の顔に近づきます。もしかしたら、自分で思うよりもチェックされているかもしれません。

そこで今回は、ヘアメイクアップアーティストの濱田マサルさんに、爪のお手入れ方法を聞きました!

 

生活感が最も出やすい爪は、習慣化してケアを

頻繁に人の視界に入る爪は、その人の印象を左右するパーツ。ケアが行き届いていないと余裕のなさを感じさせ、生活感が出てしまいます。不要な甘皮を処理し、栄養を補給するといったネイルケアをきちんと続けていると、爪自体が元気になって爪の形も美しく変わってきます。爪まわりも一緒に整えて、全体を美しく育てていきましょう。

【教えてくれたのはこの人】

出典: FASHION BOX

ヘアメイクアップアーティスト 濱田マサルさん

人気女優やモデルのヘアメイクを担当し、多くのトレンドを発信してきた敏腕アーティスト。コスメブランド「ブランエトワール」プロデューサーとしても活躍し、キレイになりたい女心を満たしている。

https://www.blance-etoile.com

 

1. ネイルファイルで爪のカーブを整える

出典: FASHION BOX

爪に対して45度の角度でネイルファイルを当てて、一定方向に動かし、爪先全体にカーブを作る。ファイルを直角に当てると削りすぎてしまうので注意。

 

2. 人肌のお湯に指を入れて甘皮をふやかす

出典: FASHION BOX

爪の生え際にある余分な皮膚=甘皮が動きやすくなるよう、ボールに人肌のぬるま湯を入れて、甘皮がふやけるまで指を浸す。お風呂の中でやってもOK。

 

3. コットンを巻いた親指で甘皮をプッシュ

出典: FASHION BOX

甘皮と爪を傷めないよう、コットンを使用。指を浸したお湯でコットンをしめらせたら片手の親指に巻きつけて、反対側の指の甘皮をやさしく押し上げる。

 

4. ネイルオイルをなじませて潤いを補給

出典: FASHION BOX

爪のまわりを中心にネイルオイルを塗った後、爪全体に広げていく。その際、マッサージする感覚でなじませると血行がよくなって、より潤いのある指先に。

 

「撮影で手元が写ることもあって、以前、3週間に1度のペースでサロンに通っていたんです。別人の爪みたいになってびっくりしたので、悩んでいる人は一度、プロの手を頼ってみて」と濱田さん。

お手入れしたい気持ちはあるけれど、なかなか上手くできない時や、忙しくて時間がない場合は、プロに委ねるのもいいですね。

 

(リンネル編集部)
photograph:Kentaro Oshio
hair & make-up:Masaru Hamada(MA36)
styling:Aya Isobe
model:Ran Taniguchi(étrenne)
text:Hitomi Hashimoto
edit:P.M.A.Tryangle
編/FASHION BOX
※ 画像、文章の無断転載はご遠慮ください

 

【オススメ記事】
※ 撮影現場でも使ってる! 1,500円以下の「プロ溺愛」最強プチプラコスメ
※ なりたい顔No.1! 「石原さとみメイク」をイラストで徹底解説

【リンネル編集部の記事をもっと読む】
目覚めをシャキッと! 簡単な「モーニングセレモニー5カ条」で朝の目覚めが驚くほど快調に
※ 【大人女子のたしなみ】可愛さと機能性を兼ね備えた「キーケース」5つ

RELATED CONTENTS

関連コンテンツ

付録動画