ネフリで話題『13の理由』アリーシャ・ボー&ディラン・ミネットに注目!

出典: FASHION BOX

今回紹介するのはドラマ『13の理由』に出演しているアリーシャ・ボーとディラン・ミネットの2人。インタビューでも息ぴったり!

重めの作品だけど
軽くこなす子役出身の2人

出典: FASHION BOX

2017年に全米で配信が開始され、大きな話題を呼んだNetflixオリジナルドラマ『13の理由』(シーズン1が日本配信中)。女子高生ハンナを自殺に追いやった“13の理由”を、残された者達がたどっていく内容は、誰もが衝撃を受けながらも、共感もするはずだ。

「重いテーマだし、社会的な影響も与える作品。だからこそ、撮影前にトム・マッカーシー監督から“君達がたどる道のりは長いから、最初はライトに行こう!”と言われたのは、ありがたかった」

ハンナが自殺の理由を語ったカセットテープを送られた主人公クレイを演じたディラン・ミネットは、言葉少なにそう語る。そんなディランの言葉にうなずくアリーシャ・ボーは、親友だったハンナと嫉妬から仲違いをする同級生ジェシカ役。“理由”解明のキーパーソンでもある。

「軽めのトーンで始めたからこそ、キャラクターの内面も物語も、だんだん変化して、濃密なメッセージを積み上げる余地があったのだと思う。私にとってこの役は、人生最大のチャレンジといってもいいほど。それだけに、最初はガチガチに緊張していたし、必要以上にヘビーに演じようとしたりもしていたけど。監督のあの言葉で、憑きものがすっと落ちた感じだったわ」

ディランはドラマ『プリズン・ブレイク』シリーズ(05〜06)で主人公の子ども時代を演じて脚光を浴び、アリーシャもホラー映画『アミューズメント』(08)など、人気作で活躍してきた子役出身。共に21歳になったいま、本作で世界中の注目を集めている。

「昔から暗い役や大人っぽいテーマの作品しか出ていないから、特に変化はないよ。まぁ、素晴らしい作品に出会えたことに誇りは持っているけど」と、素っ気ないディランに対して「私はこれで全てが変わった」と目を輝かせるアリーシャ。

「変化といってもオファーが殺到しているとかではないのよ。今でもオーディションは受けているし。SNSのフォロワーは劇的に増えたけど、それが何かの基準になるとは思っていないし。それって役者としての成功にはなんの関係もないものね。大きく変わったと思うのは、私自身の仕事に対する思いがより深くなったこと。そして自信や誇りを持てるようになったこと。今は、この誇らしい作品をなるべく多くの人に見てほしい、心から愛してほしいと思っているの」

華やかなスター街道ではなく、優れた俳優としての道をひたすら歩もうとしているまじめな2人。とはいえ、仕事を離れれば好奇心旺盛な若者。来日時には、新宿のゴールデン街やGoogleでみつけた根津神社も散策。原宿では「フリルのついた可愛いブラウスがたくさんあったから買いたかったのよ。でも、ディランと一緒にクレープを食べているうちに時間切れで買えなくなっちゃったのが、残念(笑)」というアリーシャ。するとディランが「シーズン2のプロモーションでまた来たときに、たくさん買えばいいじゃない」とすかさずフォロー。2人のコンビネーションは抜群。

ということで、まずはシーズン1を堪能して、次の来日をお待ちしてま〜す!

 

Netflixオリジナルシリーズ『13の理由』

story:高校生のクレイ(ディラン・ミネット)のもとに、自ら命を絶った同級生ハンナが死の理由を録音したカセットテープが届く。彼女の元親友のジェシカ(アリーシャ・ボー)を含め同級生達の“何”が彼女を自殺に追いやったのか?クレイは、テープを聴きながら“理由”を解明しようとするが……。
監督:トム・マッカーシー
出演:キャサリン・ラングフォード、ディラン・ミネット、アリーシャ・ボー ほか
配信:現在、Netflixにてシーズン1~シーズン2独占配信中
【Profile】
Alisha Boe

1997年3月6日、ノルウェー・オスロ生まれ。7歳のときにロサンゼルスに移住し、08年のホラー映画『アミューズメント』で女優デビュー。以後、『レイ・ドノヴァン ザ・フィクサー』(15)、『NCIS〜ネイビー犯罪捜査班』(15〜16)など人気テレビシリーズに出演。
Dylan Minnette
1996年12月29日、インディアナ州生まれ。7歳から子役として活躍し、『チャーリー・シーンのハーパー★ボーイズ』(03)でメジャーデビュー。05年にドラマ『プリズン・ブレイク』で主人公の子ども時代を演じ話題に。その後、『女捜査官グレイス〜天使の保護観察中』(07〜10)などで、“ヤング・アーティスト・アワード”を受賞。映画データベースサイトIMDbの「2017年にブレイクしたハリウッド・スター」の6位に選出されている。

 

(sweet編集部)
取材・文_金子裕子
写真_奥野和彦
編集_花田竜子[vivace] , FASHION BOX
※ 画像・文章の無断転載はご遠慮ください

# 映画
の記事もチェック♡

『sweet』のLINE公式アカウント開設しました!
友だちタブから「sweet」で検索して登録してね♡
記事例)
※ 現代版『ティファニーで朝食を』がキュート

【sweet編集部の記事をもっと読む】
海外セレブがやってるコントゥアリング
※ 青春映画『パーティで女の子に話しかけるには』

RELATED CONTENTS

関連コンテンツ