おしゃれ達人にはお馴染み!? スタイリストが惚れ込むはき心地のローファー

出典: FASHION BOX

1891年に創業したフレンチトラッドを体現する老舗の靴ブランド、「ジェイエムウエストン」。こちらの「シグニチャーローファー」は、スタイリストの木俣歩さんが大絶賛する、至極の逸品なんです。早速チェックしてみてください。

 

今回の推薦者

スタイリスト
木俣 歩さん
元スタイリスト&編集の知人がコレクションしていた、80~90年代シャネル、エルメスなどの販売イベントのお手伝いの真っ最中。パスザバトン表参道店にて、2018年9月8日から10月7日まで。

 

自分の足になじむ、最高のはき心地を堪能

出典: FASHION BOX

「クラシックな紳士靴に多いグッドイヤー製法で作られていて、足を包み込むようなフィット感が持ち味。最初は革がかたく感じますが、はくほどに靴が自分の足の形になじんでくるので、どんどんはきやすくなります。その心地よさを長く味わうためにもメンテナンスは欠かせません」(木俣さん)

シグニチャーローファー
1946年に発表された代表的なデザインで、1960年代にはフランスの学生たちのジーンズに、このローファーを素足ではくスタイルが注目を集める。すっきりとしたエレガントな形が特徴で、型崩れもしにくい。

シグニチャーローファー各¥100,000/ジェイエムウエストン(ジェイエムウエストン 青山店)

 

(大人のおしゃれ手帖編集部)
photograph: Chifuyu Aizawa[biswa.]
styling: Ayumi Kimata
text: Harumi Yasuda, P.M.A.Tryangle
edit: FASHION BOX, P.M.A.Tryangle
※ 画像・文章の無断転載はご遠慮ください

 


#
の記事もチェック♡

【SWEET WEBのオススメ記事】
話題の付録はゲットした? イガリさんのパープルピンク♡
ルイ・ヴィトン「トランク」から生まれた限定バッグ

【大人のおしゃれ手帖編集部の記事をもっと読む】
貧乏くさく見せたくないならコレを選べ! 大人のTシャツ
“違いが分かる女”が選ぶサングラスはレイバンじゃなかった!

RELATED CONTENTS

関連コンテンツ