「ドープ=ヤバい」すぐ使える今ドキワード!どれだけ知ってる?

出典: FASHION BOX

ギャングスタなラッパーのイメージのせいなのか、“ザ・男”って印象が強いHIP HOPだけど、最近はおしゃれシンガーやラッパーも登場し、B-Girl文化はまさに最高潮ともいえるフェーズに突入!今アツい日ポン語ラップ用語の基本を、美ー子ちゃんがかいつまんでご紹介!

美ー子ちゃんって?

『日ポン語ラップの美ー子ちゃん』¥740(服部昇大/小社刊)

漫画で解説する日本語ラップの全て!売り切れ続出の人気作。

服部昇大
1982年、岡山県出身。2004年デビュー。2017年、学文社によるボールペン習字講座の広告漫画『日ペンの美子ちゃん』6代目作画担当に就任。代表作に『今日のテラフォーマーズはお休みです。』(集英社)、『邦画プレゼン女子高生 邦キチ!映子さん』(ホーム社)など。

【ディスる】


ディスる=批判する
もはや日本でもすっかり一般用語として定着したフレーズね。「ディスり」なんて使われ方をされてるけど、単語としては「ディス」が正解よ

【ヘイター】


ヘイター=批判してくる人・嫌ってる人
むしろこっちからヘイターを煽っていくスタイルも、HIP HOP的にはアリなのよ!

【イル】


イル=病んでる(病んでるくらいヤバい)
「病的にヤバい」って感じのほめ言葉としてよく使われるの。

【フッドのホーミー】


フッドのホーミー=地元の友だち
「フッド」は「地元」、「ホーミー」は「地元の友だち」だから、意味は被っちゃうんだけど、地元をレペゼンしがちなHIP HOPの世界では、フッドのプロップスも重要よ!

【フック】


フック=サビ
HIP HOPではサビのことを「フック」と呼んで、Aメロ・Bメロを「バース」と呼ぶわ。

【ドープ】


ドープ=ヤバい
「ヤバい」って時に使われる言葉よ。YouTubeのコメント欄に「dope.」ってだけのコメントがついてる曲は、だいたい「いい意味でヤバい」曲よ。

【ディグる】


ディグる=探す。掘る。掘り当てる
つまり「探し当てる」って意味で、DJがレコードを探す時に使われる言葉よ。

【パンチライン】


パンチライン=印象的なフレーズ
「いい歌詞」だけじゃなく、わけわかんなくてもとにかく心に残るフレーズをパンチラインと呼ぶわ。

【ヘッズ】


ヘッズ=HIP HOP好き・HIP HOP中毒者
濃い目のHIP HOPリスナーを総称して「ヘッズ」と呼ぶのよ。

【レペゼン】


レペゼン=代表
土地や集団を代表する時に使われる、定番のフレーズよ。

【プロップス】


プロップス=評価・尊敬
尊敬、信頼、リスペクトを集めている人を「プロップスが高い」と言ったりするわ。

※ 画像・文章の無断転載はご遠慮ください
illustration_SHOTA HATTORI
edit_RISA SATO[vivace], FASHION BOX
(sweet2019年3月号)

RELATED CONTENTS

関連コンテンツ