カジュアルをジャケットでランクアップ! 夏のジャケットコーデ まとめ

出典: FASHION BOX

■ジャケットを使った夏のビジネスカジュアルコーデの提案をまとめた記事です

クールビズで夏コーデのカジュアル化が加速中ですが、ビジネスシーンはどんな服装が正解なのか迷いますよね。そんなときはジャケットの投入を。カジュアルな夏コーデをいっきにオフィスライクに格上げしてくれます。夏にぴったりの素材もチェックしてみて!

 

3,990円でオン・オフ使える! 結局ユニクロの「白ジャケット」が最強でした

※本記事は2018年2月9日に初掲載されました

 

通勤服だけでなくオケージョンにも使えるジャケットは、コスパ抜群なユニクロがオススメ! 素材にこだわった高コスパなジャケットはクリーンな白が幅広く使える。

■オン・オフに使い回せる、ユニクロの万能白ジャケット

ユニクロ白ジャケット

ジャケット選びで重要なのは素材感。シワになりやすい素材は安っぽく見えがちなので、ハリ感のあるものがおすすめ。爽やかな白のジャケットなら、オンだけでなくオフもカジュアルに使える。

 

流行りのチェック柄パンツと合わせて、春を先取りの爽やかコーデ!

透け感のないジャケットは高見えするから通勤服にぴったり。ニットとチェック柄パンツにさらりとはおるだけでクリーンな印象に。

 

上品なシャツワンピで、清楚な控えめコーデ

シャツワンピ×白ジャケ

控えめながら好印象なネイビーのシャツワンピースに白のジャケットをはおれば、華やかな場にもOK。かっちり感も演出できる!

 

>>超優秀!な白ジャケットを使ったコーデをもっと見

 

steady.編集部
撮影/[人物]瀬津貴裕(biswa)、[静物]草間大輔(impress+)
スタイリング/永岡美夏
ヘア&メイク/NAYA
モデル/美優、里海
取材・文/伊藤伊万里(ライトアウェイ)

 

サッとはおって初夏まで着まわし! 1枚あれば超使える「ジャケット」はコレ

※本記事は2018年4月12日に初掲載されました

 

だんだんと気温が上がり、暖かい日が増えてはきたものの、少し肌寒さを感じる日もあるこの時季。冬コートは大げさすぎるけれど、ちょっと冷えるなというときに、サッとはおれるものがあれば安心ですよね。

 

ニットカーディガンやローブも使いやすいアイテムですが、今回は、この春おすすめのジャケットをご紹介します。きちんと感が出せるので、シックな着こなしも楽しめますよ。

 

■着まわしやすいシンプルなものを選んで

コーディネートにジャケットを加えるなら、グレーや白など合わせやすくシンプルなものを選べば、着まわしもしやすく重宝します。特にリネン素材のものは、軽くて通気性がよいので、夏になっても着られるのがいいですね。

ここでは、そんなジャケットのコーディネートもあわせて紹介します。

 

■ノーカラージャケット

ノーカラージャケ

素材はリネン100%。並んだボタンがヴィンテージのようなデザイン。

 

コーディネート例

鮮やかなピンクはジャケットでクールダウン。

ぱっと目を引くピンクのワンピースにナチュラル感を加えたいときは、迷わずリネンジャケットを。

 

>>カジュアルにもオフィスにも使える夏ジャケットをもっと見

 

リンネル編集部
Photograph/Chiemi Nakajima(model), Mari Yoshioka(still)
Styling/Ritsuko Hirai
Hair & Make-up/Yoko Yoshikawa
Model/Kako Takahashi, Serena Motola
Text/Momoko Miyake, P.M.A. Tryangle

 

体形をきれいに見せる"ゆるスマ服"が手に入る!最新&注目の人気ブランド4選

※本記事は2019年4月9日に初掲載されました

 

GLOW世代に人気のブランドは「ゆるスマ」の宝庫。話題の新ブランドから定番ブランドまで紹介! 着こなしや体形をきれいに見せること間違いなし!「ゆるスマ」が手に入る人気ブランドをご紹介します。

 

■マスキュリンと女らしさが同居

Chaos(カオス)

2018年にスタート。多様性のある現代に、自分らしい目で物を見て選ぶ、そんな意思のある女性が似合うアイテムが魅力。

ディレクター

櫛部美佐子さん

ストレッチのきいたコンビネゾンはシルク素材で着心地がいい。

「ジャケットとコンビネゾンの組み合わせがポイント。リネンのジャケットで柔らかく締めて、アクセサリーはゴールドで女らしく」

 

>>大人のカラダを美しく見せる注目ブランドの続きをもっと見る

 

GLOW編集部
撮影/清水将之[mili](人物)、草間大輔[impress+](商品)、和久井ひとみ(スナップ)
スタイリング/岩崎聡美
ヘア&メイク/森 ユキオ[ROI]
モデル/安宅葉奈
編集/佐藤里沙[vivace]

 

やっぱりユニクロ! 定番アイテムで「今っぽ見え」を叶えるコーデ3選

※本記事は2018年4月3日に初掲載されました

シンプルベーシックを基本に、ほどよくトレンド感のあるユニクロアイテムをチョイス。シーンを選ばず活用できる優秀アイテム揃いです。

 

■長時間座っていてもラクちんな、スポーツカジュアル

シフォンスカートなら座っていてもシワになりにくくてラクちん。とはいえおしゃれ感度の高い人が多い場所なので、スポーティなブルゾンを肩掛けしてこなれ感を出して。

 

■華やかさ足しのスカーフは、移動時間の温度調節にも最適

そつのない好印象コーデで臨みたい義実家訪問。トレンチ、テーパード……と、きちんと見えするアイテムを総動員して。あか抜けにはスカーフ。エアコン対策にもなるので一挙両得です。

 

>>高見えが叶う? 優秀ユニクロ服をもっと見る

 

GLOW編集部

文・編/FASHION BOX
※ 本記事は『steady.』『リンネル』『GLOW』に掲載された過去の記事を再編集したものです
※ 画像・文章の無断転載はご遠慮ください

RELATED CONTENTS

関連コンテンツ