サッとはおって初夏まで着まわし! 1枚あれば超使える「ジャケット」はコレ

出典: FASHION BOX

だんだんと気温が上がり、暖かい日が増えてはきたものの、少し肌寒さを感じる日もあるこの時季。冬コートは大げさすぎるけれど、ちょっと冷えるなというときに、サッとはおれるものがあれば安心ですよね。

ニットカーディガンやローブも使いやすいアイテムですが、今回は、この春おすすめのジャケットをご紹介します。きちんと感が出せるので、シックな着こなしも楽しめますよ。

 

着まわしやすいシンプルなものを選んで

コーディネートにジャケットを加えるなら、グレーや白など合わせやすくシンプルなものを選べば、着まわしもしやすく重宝します。特にリネン素材のものは、軽くて通気性がよいので、夏になっても着られるのがいいですね。

ここでは、そんなジャケットのコーディネートもあわせて紹介します。

 

ノーカラージャケット

ノーカラージャケ
出典: FASHION BOX

素材はリネン100%。並んだボタンがヴィンテージのようなデザイン。

ジャケット¥42,000/ヴラス ブラム(ヴラス ブラム 目黒店)

コーディネート例

鮮やかなピンクはジャケットでクールダウン。

出典: FASHION BOX

ぱっと目を引くピンクのワンピースにナチュラル感を加えたいときは、迷わずリネンジャケットを。

中に着たワンピース¥15,800/コロニー(ファラオ)、ストール¥7,800/ランチョーニ(マリン フランセーズ アン・ファムルミネ新宿店)、レースアップシューズ¥36,000/リーガル(リーガル コーポレーション)、靴下/スタイリスト私物

 

テーラードジャケット

出典: FASHION BOX

前からはキリッと見え、バックスタイルにはシルクのティアードが施されています。

ジャケット¥39,000パドカレ(パドカレ六本木)

コーディネート例

デザインジャケットがカーゴパンツを小粋に。

出典: FASHION BOX

ジャケットのシルクのあしらいが、定番パンツの着こなしをブラッシュアップしてくれます。

パンツ¥26,000/ティッカ、バッグ¥23,000/オーウェン バリー、靴下¥2,400/ネストローブ(ともにネストローブ 表参道店)、レースアップシューズ¥5,900/センスオブプレイス(センスオブプレイス バイ アーバンリサーチ キュープラザ原宿店)

パンツにもスカートにも合うジャケットは、何枚持っていても使えます。ジャケットといえばかっちりとしたイメージが強いですが、柔らかな風合いのものならナチュラルな雰囲気が出せますよ。

また、ワンピースやいつものデニムスタイルなどにさらっとはおるだけで、印象が変わって、コーデの幅も広がりそうですね。

 

(リンネル編集部)
Photograph: Chiemi Nakajima(model), Mari Yoshioka(still)
Styling: Ritsuko Hirai
Hair & Make-up: Yoko Yoshikawa
Model: Kako Takahashi, Serena Motola
Text: Momoko Miyake, P.M.A. Tryangle
編/FASHION BOX
※ 画像、文章の無断転載はご遠慮ください

 

【オススメ記事】
※ 手取り10万円台でもOK! 簡単なのに今年度中に「100万円」貯める方法
※ 「よろしかったでしょうか」だけじゃない! 社会人が間違えるヘンな敬語5選

【リンネル編集部の記事をもっと読む】
※ 【北欧雑貨】おしゃれに片付く! 『リンネル』4月号の付録は「リサ・ラーソン」インテリアセット
※ 冬アイテムの洗濯どうする? 正しいコートのお手入れ法とおしゃれ防寒テク

RELATED CONTENTS

関連コンテンツ

付録動画