買うべき“ロングはおり”はどのタイプ? ユニクロほか必ず活躍する旬アイテム

買うべき“ロングはおり”はどのタイプ? ユニクロほか必ず活躍する旬アイテム

出典: FASHION BOX

お出かけスタイルの主役といえばはおりもの。定番のリネンコートやガウンタイプのほかマウンテンパーカ、CPOジャケットのような新顔も続々。気分にフィットする一着を探してみて。膝からふくらはぎくらいのロング丈コートは、面積が広いぶん存在感大。あえて重めのスタイリングを楽しむのが今の気分です。

《目次》
●ロング派の今旬アイテム4選
●リネンコート
~ナチュラルとマニッシュが同居するリネン素材のチェスターコート~

●シャツワンピース
~バンドカラーと開襟タイプに注目して~

●カシュクールワンピース
~シアーな質感をセレクトして初夏らしく~

●ロングマウンテンパーカ
~使えるロング丈、今季は豊作です~

今年は進化系ナチュラルコーデで勝負! 着こなしポイントとは? [スタイリスト提案]

ロング派の今旬アイテム4選

買うべき“ロングはおり”はどのタイプ? ユニクロほか必ず活躍する旬アイテム
出典: FASHION BOX
右から:リネンコート¥42,000/ヴェリテクール(エムティー・ルーツ)、シャツワンピース¥6,500/コーエン(コーエンお客様相談室)、カシュクールワンピース¥21,800/ミディウミソリッド(マーコート デザインアイ 代官山店)、マウンテンパーカ¥6,990/ユニクロ(ユニクロ)

#1 リネンコート

吸湿速乾性や通気性に優れたリネンは、春から初夏、そして秋にも活躍してくれる素材。洗うたび強度が増すなど、風合いが豊かになっていくのも魅力です。このコートは、ジャケットのような衿ときれいなドレープのギャップがいい感じ。

#2 前開きシャツワンピース

前ボタンを開けてはおりとしても使えるのが便利なシャツワンピース。今年買い足すなら、首まわりがスッキリ見えるバンドカラーがイチ押し。中でも、しなやかでやわらかいフレンチリネンを使ったワンピースなら、心地よさも抜群です。

#3 カシュクールワンピース

シャツワンピースより、ふんわりとしたシルエットで女性らしさが漂うのがカシュクールワンピース。さりげなく施された花刺しゅうが、清潔感のある優美さを演出。五分袖からインナーをちら見せさせても素敵です。

#4 ロング マウンテンパーカ

アウターの注目株といえばマウンテンパーカ。丈はさまざまですが、中でもロング丈が新鮮。ユニクロが提案するブロックテックコートは、防風・防水のうえ、透湿機能でムレを軽減し、優秀。バッグに入れて持ち歩けるパッカブル仕様です。

市川実和子が50代に向けて思うこと|心地よい暮らしとお洒落とは? “お婆ちゃんコーデ”が私らしい?

リネンコート
~ナチュラルとマニッシュが同居するリネン素材のチェスターコート~

=====着こなしポイント=====

【1】中にオールインワンを着て縦ラインを強調
リネンコートの前を開け、中にオールインワンを着ることで、スラッと見える効果が高まるIラインが。メリハリがつく配色がカギ。

【2】ハットをかぶってメンズライクに
ナチュラルなリネンコートをキリッと引き締めたのがハット。メンズライクな要素を加えて都会的な雰囲気を醸し出して。

==================

買うべき“ロングはおり”はどのタイプ? ユニクロほか必ず活躍する旬アイテム
出典: FASHION BOX
手染めリネンチェスターコート¥29,000/ハンズ オブ クリエイション(エイチ・プロダクト・デイリーウエア)、ブルーオールインワン¥32,000/ヴェリテクール(エムティー・ルーツ)、ハット¥14,000/シャポー ド オー(シャポー ド オー東急プラザ銀座店)、かごバッグ¥15,000/マルシェ(フラッパーズ)、サンダル¥17,000/アデュー トリステス

地厚なリネンのチェスターコートは、メンズライクなナチュラル感。淡い色なので、ロング丈でも重さを感じさせません。

ボーイッシュコーデこそ上級者! スタイリストおすすめアイテムを一気に紹介!

シャツワンピース
~バンドカラーと開襟タイプに注目して~

=====着こなしポイント=====

ゆったりパンツでリラックスムードを満喫

==================

買うべき“ロングはおり”はどのタイプ? ユニクロほか必ず活躍する旬アイテム
出典: FASHION BOX
ブラウンはおりワンピース¥19,000/ジョンブル(ジョンブル 原宿)、白Tシャツ¥2,900/ビーミング by ビームス(ビーミング ライフストアby ビームス アーバンドック ららぽーと豊洲店)、チェックパンツ¥25,000/アーメン(ビューカリック & フロリック)、ヘアバンド¥6,300/オーバーライド(オーバーライド明治通り店)、サボ¥20,000/ナオト(NAOT JAPAN オフィス)

ふとした仕草で軽やかに舞うエアリーなシャツワンピース。オフの日は、リネンパンツでゆるゆると過ごして。

=====着こなしポイント=====

旬なピンクがきわ立つ白アイテムを選択

==================

買うべき“ロングはおり”はどのタイプ? ユニクロほか必ず活躍する旬アイテム
出典: FASHION BOX
ピンクストライプシャツワンピース¥27,000/ティッカ(フラッパーズ)、ポロシャツ¥12,000/ハンドバーク(ビショップ)、白パンツ¥8,800/ジャーナル スタンダード レリューム(ジャーナル スタンダード レリューム ルミネ新宿店)、バッグ¥24,000/アデュー トリステス、ソックス¥1,800/シックストックス(ノーデザイン)、ローファー¥36,000/リーガル(リーガルコーポレーション)

きちんと感が漂うハリのあるシャツワンピースは通勤着にしてもOK。ローファーをはけば、よりカチッとした印象に。

大人はどう着る? オーバーサイズの着こなし6選 [人気スタイリスト直伝]

カシュクールワンピース
~シアーな質感をセレクトして初夏らしく~

=====着こなしポイント=====

ワンピースを重ねてよりフェミニンに

==================

買うべき“ロングはおり”はどのタイプ? ユニクロほか必ず活躍する旬アイテム
出典: FASHION BOX
カシュクールワンピース¥32,000/メゾン ド ソイル(メゾン ド ソイル恵比寿店)、中に着たブルーワンピース¥42,000/エリック ベルジェール(シップス 有楽町店)、中に着たキャミソールワンピース¥7,000/ソイル(ビューカリック & フロリック)、サンダル¥27,000/メゾン ド ソイル(メゾン ド ソイル恵比寿店)

カシュクールワンピースの青いドット柄がとってもさわやか。中に着るワンピースの色もそれにリンクさせて、まとまりあるスタイルに。

=====着こなしポイント=====

今の季節にぴったりな軽やかなモノトーン

==================

買うべき“ロングはおり”はどのタイプ? ユニクロほか必ず活躍する旬アイテム
出典: FASHION BOX
カシュクールワンピース¥32,000/メゾン ド ソイル(メゾン ド ソイル恵比寿店)、ベスト¥19,000、パンツ¥26,000/ともにロワズィール、メガネ¥45,000/アヤメ、バッグ¥20,000/オー プロジェクト(プーオフィス)、グレ-ハイカットスニーカー¥5,800/コンバース(コンバース インフォメーションセンター)、中に着たタンクトップ/スタイリスト私物

カシュクールワンピースの甘さをうまくコントロールしてくれたのが、墨黒のアイテム。足もとはグレーのコンバースでカジュアルに。

人気モデル・kazumiが今いちばん着たい服は? 花柄・ワンピetc. 大人ガーリーが素敵!

ロングマウンテンパーカ
~使えるロング丈、今季は豊作です~

=====着こなしポイント=====

ロング×マキシ丈の重めスタイルが今の気分

==================

買うべき“ロングはおり”はどのタイプ? ユニクロほか必ず活躍する旬アイテム
出典: FASHION BOX
ネイビーパーカ¥53,000/アシードンクラウド、水色シャツ¥13,800/ハンズ オブ クリエイション(エイチ・プロダクト・デイリーウエア)、白スカート¥29,000/ネストローブ(ネストローブ 表参道店)、メルカドバッグ¥4,990/サマンサ モスモス(キャン カスタマーセンター)、スニーカー¥21,800/ゼットディーエー(アイ ファウンド)

アメリカ陸軍のフィールドジャケットをビッグシルエットにアレンジしたコート。開襟シャツとスニーカーでカジュアルに仕上げて。

=====着こなしポイント=====

クラシカルなハイネックシャツをイン

==================

買うべき“ロングはおり”はどのタイプ? ユニクロほか必ず活躍する旬アイテム
出典: FASHION BOX
白パーカ¥39,000/アール ジュビリー(ショールーム セッション)、ハイネックブラウス¥18,000/ジョンブル(ジョンブル 原宿)、グリーンパンツ¥9,500/ビーミング byビームス(ビーミング ライフストア byビームス アーバンドック ららぽーと豊洲店)、マクラメトートバッグ¥4,990/サマンサ モスモス(キャン カスタマーセンター)、シルバーサンダル¥33,000/トリッペン(トリッペン原宿店)

ちょっと珍しいシャツライクなマウンテンパーカ。センタープレスが効いたパンツで、きれいめな印象に。

人気ブランドのバッグがアップデート! おしゃれと機能を兼ね備えた優れもの

※ 画像・文章の無断転載はご遠慮ください
photograph_Kyosuke Azuma(model), Mari Yoshioka(still)
styling_Naoko Gencho
hair & make-up_Yuka Takamatsu
model_Ikumi Matsuki
text_Momoko Miyake
リンネル 2020年6月号
web edit_FASHION BOX, Satoko Ishikawa[vivace]

RELATED CONTENTS

関連コンテンツ