たるみが気になったら? プロのメイクが教える「大人のベースメイク」テク

出典: FASHION BOX

歳を重ねるごとに顔立ちや肌の状態は変わっていくものですが、使う化粧品やメイクの仕方は若い時と変わらず同じまま……ということ、ありませんか?

化粧のノリや仕上がりがいまいちだな、と思うことが増えてきたなら、それはメイク方法のせいかもしれません。大人に合ったメイクをすれば、今よりもっと素敵な女性になれるはずですよ。

今回は、そんな大人の女性が抱きがちなベースメイクのお悩み解決方法を紹介します。
教えてくれたのは、ヘアメイクの面下伸一さん。ていねいな肌づくりと、その人の魅力を最大限に引き出すメイク術で多くの女優から人気を集めています。この機会にベースメイクについて見直してみませんか?

 

教えて! 困ったときのハウツーメイク

Q.ファンデーションの色選びに迷ったら

出典: FASHION BOX

いつもの色と明るめ、暗めをフェイスラインに塗布し、首との色の差がないものを選んで。

 

Q.ほうれい線などの立体的な陰には

出典: FASHION BOX

ハイライターを筋状に入れましょう。ハイライターはあまりのばしすぎないように。

これを使用

出典: FASHION BOX
shiro シルクハイライター 7H01 ¥4,400/ローレル

 

Q.小鼻の毛穴が気になるときは

出典: FASHION BOX

サラッとした質感のコンシーラーで小鼻のわきをクルッと埋めましょう。

これを使用

出典: FASHION BOX
インスタントライン&ポアパーフェクター ¥3,300/NARS JAPAN

 

Q.ファンデーションが浮く!

出典: FASHION BOX

スキンケアの最後に、Tゾーンなど油分が浮きやすい部分を、ティッシュオフ!

 

Q.たるみが気になるなら?

出典: FASHION BOX

メイクの間に1分間、顔に溜まった老廃物を流す“道”を通すため、首の上から下へマッサージを。特殊な振動波加工を施したブラシで、肌に触れるだけで顔すっきり。

エレクトロン エブリワン シンクロブラッシュ ラージ ¥12,800/GMコーポレーション

 

面下さんによると、そもそもベースメイクは顔全体に塗る必要はないのだとか。化粧下地は明るくしたい頬頬の部分のみにし、ファンデーションも額や小鼻などはサッと塗るだけ。大人のメイクは、“隠す”のではなく“引き立てる”へとシフトチェンジしましょう。

 

(大人のおしゃれ手帖編集部)
photograph:Shohei Yokoyama(t.cube)〈model〉, Shoko Matsuhashi〈item〉
styling:Sanae Kumazawa
hair & make-up:Shinichi Omoshita(faccia)
model:Saori Aoki
text:Yuka Hashimoto,P.M.A.Tryangle
編/FASHION BOX
※ 画像、文章の無断転載はご遠慮ください

 

【オススメ記事】
※ 【絶対買い】オリジナルは1万円!? 収納力抜群『& ROSY』4月号の付録「コスメポーチ」がスゴい
※ 撮影現場でも使ってる! 1,500円以下の「プロ溺愛」最強プチプラコスメ

【大人のおしゃれ手帖編集部の記事をもっと読む】
※ 【超優秀】『大人のおしゃれ手帖』3月号付録のスゴすぎる魅力を徹底紹介!!
※ 冷凍生活アドバイザーが教える! 目からウロコの「冷凍術​」

RELATED CONTENTS

関連コンテンツ

付録動画