ご近所服をグッと格上げ! 「定番アイテム」の選び方&着こなしテク

出典: FASHION BOX

スーパーへの買い出しなど近所へちょっと出かけるだけという場合は、服装も手抜きになりがちですよね。誰にも会わないからと部屋着のまま出かけて行ったら、知り合いにバッタリ!なんてことも。できることなら、どんなときでも人に見られて恥ずかしくない格好をしておきたいもの。

そこで今回は、ちょっとそこまで、というときの普段着を素敵にする定番アイテムと、そのアイテムを使ったコーディネートをご紹介します。

 

1.台形スカート

出典: FASHION BOX

旬のテラコッタ色。ハリのある素材×ツータックが広がりをキープし、下半身のカバー力大。

コットン膝丈スカート¥24,000/MHL×キャントン(アングローバル)

【ブラウンのポロシャツをプラスして、セットアップのように】

出典: FASHION BOX

流行色テラコッタでそろえて、おしゃれ度をアップ。インして着るとセットアップ風に見え、近づくとわかる素材の違いがポイントに。足もとは、グレーを挿して程よく引き締め。

ポロシャツ¥12,000/ラコステ(ラコステお客様センター)、かごバッグ¥21,000(予定価格)/センシ スタジオ(ビショップ)、ソックス¥2,600/パンセレラ(リーミルズエージェンシー)、靴¥22,000/ビルケンシュトック(クオリネスト)

 

2.パーカ&Tシャツ

出典: FASHION BOX

今季の注目株。首元に程よいボリュームをプラスし、裏毛素材が心地よく、こなれた雰囲気。

パーカ¥16,000/ドレステリア(ドレステリア京都店)
出典: FASHION BOX

清潔感のある白Tはホームウェアの代表選手。自分にジャストな首元&サイズ感をセレクト。

白コットンTシャツ¥2,500/プチバトー(プチバトー・カスタマーセンター)

【グレーのパンツに合わせて、パーカのハリ素材で引き締め】

出典: FASHION BOX

ぼやけがちなグレーの濃淡は、白を挿してきりっと仕上げ、足もとはレザーでナチュラルに。サルエルは、ハリのある夏用ウール地でラフさを保ちつつ、今どきな印象に。

ウールアスレチックパンツ¥45,000/サイ(マスターピースショールーム)、スニーカー¥33,000/MHL.(アングローバル)、かごバッグ¥7,300/ファティマ モロッコ(ハリス代官山店)、ハーキマーダイヤモンド×一粒サファイアピアス¥70,000/ハスナ

 

3.ワンピース

出典: FASHION BOX

胸下ギャザーでお腹まわりをすっぽりカバー。かしこまらず、だらしなく見えない素材感が決め手。

リネンワンピース¥18,000/ル グラジック(ビショップ)

【ストライプシャツの清楚な柄を味方に】

出典: FASHION BOX

ワンピースを大人かわいいジャンスカ風にアレンジ。水色×白のストライプ柄で清楚さを演出しつつ、素材感のある白のレザー靴でセンスアップ。

ストライプコットンシャツ¥19,000/ヤエカ(ヤエカホームストア)、靴¥9,500/オポジット オブ ブルガリティ(ハイブリッジ インターナショナル)、K18×ロンドンブルートパーズピアス¥48,000/ハスナ

 

トップスとボトムスをワンカラーで仕上げる場合は、靴やソックス、バッグなどで挿し色になるものをプラスしてもいいですね。また、大ぶりなピアスなどアクセサリーをひとつ加えるだけでも、いつものTシャツ姿がぐんとおしゃれになったりするので、ぜひ試してみてください!

 

(大人のおしゃれ手帖編集部)
photograph: Futoshi Osako
styling: Eriko Suzuki
hair&make-up: Hiromi Chinone
text: Mizuki Sakaguchi, P.M.A. Tryangle
model: Kai
編/FASHION BOX
※ 誌面画像、文章の無断転載はご遠慮ください。

 

【関連記事】
※ これを着とけば間違いない! 「ユニクロ」アイテムでつくる体型別ベストコーデ
※ 【ユニクロ】全部5,000円以下! 「本当は教えたくない」優秀アイテム4選

【大人のおしゃれ手帖編集部の記事をもっと読む】
※ 【超優秀】『大人のおしゃれ手帖』3月号付録のスゴすぎる魅力を徹底紹介!!
※ 冷凍生活アドバイザーが教える! 目からウロコの「冷凍術​」

RELATED CONTENTS

関連コンテンツ

付録動画