グリーンを使ったセンスのよい部屋づくり|インテリアスタイリスト直伝のコツ3点

花や植物で部屋をお洒落に! 上手な飾り方をインテリアスタイリストが指南

インテリアスタイリスト 今田愛さんに聞く 自分らしく暮らしを飾るコツ

片づけた後の部屋をセンスよく飾るのは、慣れないうちは難しいもの。そこで、インテリアスタイリストの今田愛さんに散らかった印象にならない上手な飾り方を教えていただきました。大きな家具を買い替えるのは大変だけど、小さな緑や小物なら、すぐに実践できますよ!

『素敵なあの人』最新号を購入する!

宝島社公式通販サイト「宝島チャンネル」なら電話注文もOK! 雑誌送料は1冊200円!! 詳しくはこちらをクリック
【TEL】0120-203-760
【受付時間】9:00~18:00(土日祝日を除く)

 

飾りたいものの主役を決めて、色や質感を揃える

グリーンを使ったセンスのよい部屋づくり|インテリアスタイリスト直伝のコツ3点
シェルフ¥115,500 /タイトルズ、下段右から・緑色の花器¥10,120、一輪挿し¥4,345、白の低く丸い花器¥3,740、透明感のある花器¥4,950 /すべてヘンリーディーン(ティストゥー)、下段左・鉢¥4,390 /ザラホーム、ほかスタイリスト私物

「なにもない、機能的な部屋もすっきりと素敵ですが、そこに自分の好きなものを加えるとより居心地のいい空間になります。でも、いざなにかを飾ると散らかって見えたりして、なかなか難しいですよね」と、『素敵なあの人』にもインテリアの企画で度々ご協力いただいている、スタイリストの今田さん。すっきりしているのに温かみもある、センスのいい部屋をスタイリングしていただいています。確かに、ものを捨てて片づけるとすっきりしますが、飾り気がなにもない部屋というのも、素っ気ないもの。でも、センスには自信がないという人も多いはずです。「ソファなどの家具でも、小さなアートでも、まずは主役を決めて、それに合わせてコーディネートするとすっきりとまとまりやすいです。そのコーナーに使う色の系統をふたつくらいに抑えて、飾るものの素材や質感を揃えるとよりまとまりやすくなります。上の写真は飾るものの主役を本にしたので、ブルーの表紙に合わせて。アートや器を選びました。空の青や植物の緑、木の茶色など、やさしい自然の色を使うようにしています。花を飾る器は、花瓶でなくてもかまいません。お皿や木、アクセサリーケースなど、自分の好きなアイテムのなかから、その場所にあるものの質感や色味に近いものを選んでみてください」

そこで、今田さんに小さな緑やアートの飾り方の具体的なヒントを教えていただきました。参考にしやすいテクニックばかりなので、ぜひ真似をしてみてください。

飾るアイテムのヒント

ものの用途を限定しない

グリーンを使ったセンスのよい部屋づくり|インテリアスタイリスト直伝のコツ3点
「花瓶は通常は水を入れて切り花を飾ることが多いですが、鉢植えの植物を土ごと入れて飾りました。深さのある食器などでも応用できます。用途を限定せずに、自由な発想で楽しんでください」

小さな花器をいくつか準備しておく

グリーンを使ったセンスのよい部屋づくり|インテリアスタイリスト直伝のコツ3点
「一輪だけで飾れる小さな花器をいくつか準備しておくと、気軽に花を飾る習慣がつきます。花がなくてもオブジェとして飾れるようなものがおすすめです」

本を表紙で選んでインテリアに

グリーンを使ったセンスのよい部屋づくり|インテリアスタイリスト直伝のコツ3点
「色使いやタイトルの書体、使われている写真や絵など、本の表紙にはおしゃれな要素がいっぱいです。たまには本を表紙買いして、インテリア雑貨として活用してみては」

小さな緑を飾る

「緑を飾る際にいちばん大切なのは、実はその場所に合った植物を飾ることなんです。光があまり当たらなくても大丈夫か、水は必要かなど、必ずお店で扱い方を聞いてください。枯れてしまっては悲しいですから」

大ぶりの枝もので品のある落ち着いた雰囲気に

Before

グリーンを使ったセンスのよい部屋づくり|インテリアスタイリスト直伝のコツ3点

After

グリーンを使ったセンスのよい部屋づくり|インテリアスタイリスト直伝のコツ3点
フラワーベース¥16,000/ヘンリーディーン(ティストゥー)、ほかスタイリスト私物

「お花屋さんでは色の華やかな花に目がいきがちですが、写真のアオモジのような大ぶりの枝を1本、選んでみてはいかがでしょうか。花束よりリーズナブルなのに、存在感もあって、長い間楽しめます。サイドテーブルにドライの植物を置くのもおすすめです」

キッチンにはフレッシュな小さなグリーン

Before

グリーンを使ったセンスのよい部屋づくり|インテリアスタイリスト直伝のコツ3点

After

グリーンを使ったセンスのよい部屋づくり|インテリアスタイリスト直伝のコツ3点
すべてスタイリスト私物

「キッチンは毎日使う場所なので、水やりや水替えも忘れにくく、バジルやミントといった料理でも使えるハーブや、香りのいいグリーンなど、フレッシュなものを飾るのにぴったり。大きいものや背の高い植物は避けたほうがキッチンでの作業の邪魔になりません」

環境に合った植物を飾る

Before

グリーンを使ったセンスのよい部屋づくり|インテリアスタイリスト直伝のコツ3点

After

グリーンを使ったセンスのよい部屋づくり|インテリアスタイリスト直伝のコツ3点
上段・ピンクのフラワーベース¥6,600、下段・木のオブジェ 各¥7,590/ともにタイトルズ、ほかスタイリスト私物

「本棚の中や寝室の棚など、あまり日光が当たらない場所には、エアプランツや多肉植物といったドライの植物を。飾りたい植物を見つけたら、どこに置くのがいちばんいいか必ず確認してください」

おウチ時間を快適にする収納アイテム8選|しまうだけですっきり片づく! 素敵なあの人編集部イチオシ

夢を叶えている人の部屋には共通点が! 幸せが舞い込む部屋づくりポイント3点

教えてくれたのは……インテリアスタイリスト 今田 愛さん

グリーンを使ったセンスのよい部屋づくり|インテリアスタイリスト直伝のコツ3点
インテリアスタイリスト 今田 愛さん

【PROFILE】
インテリアと料理という別ジャンルをトータルでプロデュースできるスタイリストとして大人気。雑誌、広告、店舗ディスプレイなど多方面で活躍中。

『素敵なあの人』最新号を購入する!

宝島社公式通販サイト「宝島チャンネル」なら電話注文もOK! 雑誌送料は1冊200円!! 詳しくはこちらをクリック
【TEL】0120-203-760
【受付時間】9:00~18:00(土日祝日を除く)

 

おウチ時間に小さなシアワセをお届け♡ お花のサブスクで毎日が華やか!

観葉植物で“自分だけの場所”を演出! 真似したいインテリア配置のコツ

モデルのおしゃれな私生活を直撃! 部屋に置くだけで映える雑貨&グリーンは?

撮影_松村隆史
スタイリスト_今田 愛
素敵なあの人2021年5月号

※ 画像・文章の無断転載はご遠慮ください
WEB編集_FASHION BOX

RELATED CONTENTS

関連コンテンツ