川口春奈「やってみたいことはYouTube配信で遠出!」いろんなジャンルのお仕事をすることで刺激も――インタビュー

川口春奈「東京を抜け出したい」理由は? 自身の意外な一面も告白|インタビュー

ニットがなくちゃ、秋冬が始まらない! 恋する♡二ット/川口春奈 Presents おシャレ女子になれる

今年もニットを楽しむ季節がやってきた♡ セットアップやデザインニットなど、例年よりバリエーション豊かだから、コーデを組むのが楽しくなるはず。モデルやスポーツキャスターなど活躍の幅を広げている、女優・川口春奈さんが最旬のニットを着こなしてくれました!

『steady.』最新号を購入する!

宝島社公式通販サイト「宝島チャンネル」なら電話注文もOK! 雑誌送料は1冊200円!! 詳しくはこちらをクリック
【電話注文専用TEL】0120-203-760
【受付時間】9:00~18:00(土日祝日を除く)

 

ニットセットアップ

川口春奈「やってみたいことはYouTube配信で遠出!」いろんなジャンルのお仕事をすることで刺激も――インタビュー
ジャケット¥97,900、スカート¥61,600/ともにエーヴィーエヌ(コロネット)、トップス¥20,900/ケラウズランブラ、ミュール¥49,500/ミスタ(ともにジャック・オブ・オール・トレーズ プレスルーム)

ニットのセットアップなら即旬コーデに。軽アウタータイプのジャケットだから、着こなしの幅が広がります。

オーバーサイズカーディガン

川口春奈「やってみたいことはYouTube配信で遠出!」いろんなジャンルのお仕事をすることで刺激も――インタビュー
ニットカーデ¥47,300/サヤカ デイヴィス(ジャーナル スタンダード 自由が丘店)、トップス¥16,500/ケラウズランブラ(ジャック・オブ・オール・トレーズ プレスルーム)、スカート¥15,400/ルシェルブルー、ブーツ¥29,700/マリアン(ともにユー バイ スピック&スパン 渋谷パルコ店)

今季大豊作なオーバーサイズなカーディガン。毛足が長めで着心地も◎。かっちりめのボトムが好バランス!

 

意外な自分の一面に気づけたステイホーム期間

今シーズンのトレンドニットを着こなしてくれた川口春奈さん。段々と洋服の好みが定まってきているとか。
「普段から、メンズのブランドを着たりしていて、ニットもシルエットが大きめなものが好み。いつもパンツが多いので、今日のミニスカートは新鮮でした(笑)。洋服は好きなので、いいなと思ったらけっこう買っちゃいますが、その分、小まめに断捨離をするようにしています。1枚買ったら、手持ちのものの中から吟味して1枚手放す。部屋のクローゼットの中の洋服は、常に一定量が保たれているという感じ。断捨離は、このステイホーム期間に目覚めたんです。洋服だけじゃなくて雑貨類とか、洗面所にある手付かずの開かずの扉を開けて整理したりしました(笑)。断捨離を始めたら、人からいただいたもの以外の、自分が買ったものはどんどん手放せると思ったんです。断捨離をしていくなかで、絶対これがなきゃっていうものが実はないんじゃないかと思って。あるもので十分だし、あんまりモノに執着しないタイプなんだと改めて気づきました」

スポーツキャスターとしても活躍する川口さん。五輪イヤーだったこの夏、よりスポーツの素晴らしさに惹き込まれたのだそう。
「夏は、自宅で五輪観戦していました。スポーツって言葉がわからなくても繋がれる、共通言語みたいなもの。自分がスポーツをやってこなかった分、毎回感動していましたね。アスリートの方達に取材させていただく機会も多くて感謝しています。特に年下の選手や同学年の方にお会いすると、刺激になります。今、いろんなジャンルでお仕事をさせてもらっていますが、これからやってみたいことは、YouTubeの配信で遠出したい! 外出しやすくなるタイミングにもよると思いますけど、東京を抜け出して知らない土地で、オフな自分をお見せしたいです」

26歳を迎えた川口春奈の変化とは?「大河ドラマを乗り越えられたんだから大丈夫」

長澤まさみの美肌の秘訣は“当たり前の積み重ね”!?「自分に手をかけられる大人でいたい」|インタビュー

PROFILE/川口春奈(かわぐち・はるな)

1995年2月10日生まれ。長崎県出身。『Going! Sports & News』『ニンゲン観察バラエティ モニタリング』にレギュラー出演中。NHK2022年度前期連続テレビ小説『ちむどんどん』に出演決定。ヒロインの姉・比嘉良子役を演じる。

『steady.』最新号を購入する!

宝島社公式通販サイト「宝島チャンネル」なら電話注文もOK! 雑誌送料は1冊200円!! 詳しくはこちらをクリック
【電話注文専用TEL】0120-203-760
【受付時間】9:00~18:00(土日祝日を除く)

 


映画で女性総理を演じた中谷美紀が考える、各国の女性リーダーのスゴさとは? インタビュー

杏が考える“子どもが喜ぶ”服選びとは?「“これでいい”より“これがいい”を座右の銘に」 インタビュー

[のん]監督・脚本・主演の映画『Ribbon』が来年公開!「てこずりました」と語る理由は? インタビュー


モデル/川口春奈
撮影/菊池泰久(vale.)
スタイリング/NIMU(まきうらオフィス)
ヘア&メイク/KUBOKI(Three PEACE)
取材・文/弓削桃代

steady. 2021年11月号

※ 画像・文章の無断転載はご遠慮ください

WEB編集/FASHION BOX

RELATED CONTENTS

関連コンテンツ