今年のコート、これが正解でした。

結論! 今年のコート、これが正解でした。

出典: FASHION BOX

初秋から続くコート特集もいよいよクライマックス! まだ買えていなかったという人も、もう1枚欲しいという人も、ラストチャンスです。あらゆる角度から取り上げてきましたが、結局のところ今年の“正解コート”は何なのか、その最終結論をスタイリストの加藤かすみさんと考えてみました。

 

太って見えないエコファーコート

「とにかく今年はエコファーコートの当たり年。去年から劇的にエコファーの質が向上していて、見た目の可愛さもアップ。ただ、ブームとなって選択肢が広がった分、どれを買えばいいの? ってなりますよね。迷っている人にオススメしたいのが太って見えないエコファーコート。ファーにボリュームがあるから、なるべく毛足が短く、Iラインのものを選ぶと失敗しません。」

・PARKA LONDON
「シャギーでショート丈も可愛いけど、やっぱりこれと比べると上半身が大きく見えちゃう。エコファーコート初心者はバランスよく着られるものを」

エコファーコート
出典:https://fashionbox.tkj.jp
¥51,000(パーカ ロンドン/RHC ロンハーマン)

今季はピンクのエコファーコートをたくさん見かけましたが、こんなグリーンも大人っぽくて素敵。化学繊維のテカリもなく、この上なく上質に見えるところも◎。フロントのポケットがポイントになって可愛い。

・UNGRID
「ついに1万円台で買える時代に……。予約の段階でかなりの人気だったとか。ブラウンに近いレッドだから、意外と合わせやすくてオススメです」

エコファーコート
出典:https://fashionbox.tkj.jp
¥16,000(Ungrid)

写真のレッド以外に、チャコールグレーとブラウンの3色展開。デザインはいわゆるチェスターコートだから、ファーでもシャープなシルエットに。とにかく軽いところもポイント高い。

・ROKU
「控えめなファーで見た目が滑らか。ボタンを開けて羽織るとショールカラーが裾まで続き、ラフに着られます。シーンを選ばず使えるから、レギュラーコートとして活躍する1着」

エコファーコート
出典:https://fashionbox.tkj.jp
¥46,000(ロク/ロク ビューティ&ユース渋谷キャットストリート店)

誰にでも似合う落ち着いたネイビー。ミニマルなデザインで、カジュアルにもパーティスタイルにも使えて便利。

・STAND
「スタンダードなキャメルで合わせやすい! 襟にボリュームがある分、小顔効果も期待できます。コートに存在感があるので、中は極力シンプルに。ニット×デニムやドレス1枚くらいが洒落て見えます。」

出典:https://fashionbox.tkj.jp
コート¥36,000(STAND)、デニムパンツ¥16,000(CPCM/共にチャオパニック・カントリーモール)、カットソー¥8,100(エイトン/デミルクスビームス 新宿)、キャップ¥3,800(ニューエラ フォー ビューティ&ユース/ビューティ&ユース ユナイテッドアローズ 渋谷公園通り店)、バッグ¥67,000(アスピナル オブ ロンドン/スピック&スパン ルミネ有楽町)、ブーツ¥122,000(ニコラス カークウッド/エストネーション)

 

街で着る黒のダウンジャケット

「アウトドアなイメージが強く、敬遠されていたダウンですが、今季はタウンユースする人が続出。ミューズ界隈では、モデルもスタイリストもおしゃれのためにこぞって購入しています。デニムはもちろんありですが、あえてドレスやキレイめスタイルに合わせても。大人は黒が使いやすくてオススメ」

・CANADA GOOSE
「ロマンティックな花柄ドレスにこそ、アウトドアなダウンを。カゴバッグを持ってもほっこりしないし、新鮮な着こなしに。本気の防寒アイテムを羽織るわけだから、冬でも薄手のドレスだったり半袖が着られて嬉しいですよね」

出典:https://fashionbox.tkj.jp
ダウンコート¥86,000(カナダグース)、ドレス¥32,000(JILLSTUART/JILLSTUART 青山店)、カゴバッグ¥72,000(エバゴス/ドレステリア 銀座店)、サンダル¥43,000(ネブローニ/ジャーナル スタンダード レサージュ 青山店)

世界中の人々から愛され続けている、カナダグースのダウン。袖口から冷気が入らないようリブニットになっていたり、極寒の地でも耐えうる保温性はさすが。フードに付いているファーは、コーデや気分に合わせて取り外し可能。

・CAPE HEIGHTS
「コンパクトなサイジングで、着膨れして見えないダウンを発見! 丈も短く、ブラウス×センタープレスのパンツといったキレイめコーデにもよく似合います。これなら通勤にもOK。だけど、決してコンサバにはならないから◎」

出典:https://fashionbox.tkj.jp

 

ダウンコート¥45,000(ケープ ハイツ/ジャーナル スタンダード 新宿店)、ブラウス¥50,000(レリタージュ マルティニーク)、パンツ¥55,000(マディソンブルー)、ファーバッグ¥56,000(オーエン バリー/アクアガール丸の内)、パンプス¥46,000(バルタン/フレームワーク ルミネ新宿店)

ケープ ハイツは機能性とファッション性を両立させた洗練されたアメリカのライフスタイルブランド。スタイリッシュでバラエティに富んだコレクションが話題になっている。

 

(otona MUSE編集部)
photograph:NINA(model),MAYA KAJITA[e7](still)
styling:KASUMI KATO[TRON]
hair&make-up:MIFUNE[SIGNO]
model:SATOKO KOIZUMI
文 / FASHION BOX
※ 誌面画像、文章の無断転載はご遠慮ください。

 

【関連記事】
華やかトレンド派に!普段の服装に合うのにこなれ感のあるコートの選び方
定番コートは「着まわし力」で選ぶ!~チェスターコート編~

【otona MUSE編集部の記事よもっと読む】
スタイリスト金子綾さんに学ぶ!モノトーンの「洒落た」着こなし
この価格なら挑戦できる!2枚目アウターは3万円以下で手に入れて

RELATED CONTENTS

関連コンテンツ

付録動画