更年期の薄毛、髪のうねり対策に!意外と知らない正しいシャンプーの仕方

出典: FASHION BOX

更年期になると白髪や頭皮の荒れ、薄毛、髪のうねりなどさまざまなトラブルが出てくるもの。毛髪診断士の永本羚映子さんは、「頭皮の下には筋肉がないため、血流が悪くなりがち。髪は毛細血管から直接、血液をとりこんでいるため、血流の促進は髪の健康に直結します。シャンプーの仕方を見直したり、パドルブラシを使って、頭皮マッサージや毛穴のつまりを改善すれば、髪は必ず生まれ変わります」と力説します。

教えてくださったのは……

出典: FASHION BOX

永本羚映子(ながもとれえこ)さん
毛髪診断士
日本抗加齢医学会正会員
日本健康医療学会健康医療コーディネーター

日本初のヘア&スカルプケアに特化した「サロン・ド・リジュー」主宰。医師の監修に基づくケアやオリジナル商品の開発を行う。メディア出演も多数。

シャンプーで美髪ケア!

[step 1] お湯でしっかりすすぐ
ブラッシングした後、38〜40度のシャワーを当てて手ぐしを通し、地肌マッサージをしながら頭皮と髪をすすぎます。髪表面の汚れを流すことで、シャンプー剤の泡立ちもよくなります。

[step 2] マッサージしながら頭皮を洗う

出典: FASHION BOX

シャンプー剤を手のひらにとって泡立て、伸びをよくしてから地肌になじませます。頭皮全体にいきわたらせてから指の腹を使って、頭皮をもむようにマッサージしながら洗います。

[step 3] しっかりすすぐ
シャンプー剤が頭皮に残っていると頭皮のダメージにもつながるので、シャンプーの倍の時間をかけるイメージでしっかりとすすぎましょう。その後のトリートメントの効果も変わってきます。

[step 4] トリートメントはコーミングで

出典: FASHION BOX

トリートメント剤は、地肌を避けながら、毛先から髪全体にのばします。コームでとかすことで髪にコーティングし、トリートメント成分をいきわたらせてから軽く洗い流します。

[step.5] 頭皮をしっかり乾かす
タオルドライで水分を取った後、頭皮→髪全体の順にドライヤーで乾かします。ドライヤーは髪から15〜20㎝ほど離し、熱が一か所に集中しないように注意しながら風を当てましょう。

コチラの記事もチェック!
話題のパドルブラシで血行促進!地肌と髪のケア法をマスターして美髪へ!

※ 画像・文章の無断転載はご遠慮ください

text_Mizuki Sakaguchi
illustration_Nagisa Hamada
edit_Risa Sato[vivace], FASHION BOX
(大人のおしゃれ手帖 2019年4月号)

【いま読まれている人気記事】
大人の髪のお悩み別!ヘアケアアイテムまとめ
白髪は早めに対策!週に一度はスカルプケア
人気芸人が再現!ナチュラルメイクのNG例
美エロ写真が豊作♡マギーの写真集チラ見せ
知らないと恥ずかしい正しい電話応対の仕方

RELATED CONTENTS

関連コンテンツ