sweetのムツゴロウ!? ヘビを首に巻いて微笑む動物大好きモデルとは?

出典: FASHION BOX

コミュ力が超高いとウワサのsweetモデル、野崎萌香。誰とでも仲良くなれることから、『sweet』2月号では「コミュニケーションモンスター」(!?)と命名されました。
その驚異のコミュ力は、動物相手でも発揮。撮影で「アウルの森」保護どうぶつ園を訪れたところ、ヘビやフクロウといったレアな動物たちも次々とてなずけていき……。
初対面の動物と撮ったとは思えない、奇跡のカットを一気見せ!

☆「初対面でもタメ語!? 女子校出身者が説く同性にモテる極意」もチェック♡

白ヘビ

ドレス¥39,000(Velnica./Velnica Room)

スタッフ一同が一番驚かされたのが、楽しそうにヘビを持ち上げる姿。まるで魔法使いのように、首に巻いたり自由自在に戯れます。
「一度触ってみたかったヘビ!胴体をなでてみると、意外とつるつるした触感で気持ちいいの(笑)。 嬉しくて、記念におばあちゃんに写メおくっちゃった♡」

 

フクロウ

今回のロケ地ではかなりの重量の大きなフクロウから、世界最小レベルの手乗りサイズまで、様々な種類のフクロウと遊べます。愛しさが溢れ出したのか、思わず頬ずりする萌香。
「まるでハリー・ポッターの世界にいるみたい! 寝ている姿も可愛い♡」

 

カピバラ

館内をのそのそと歩き回るカピバラのカピちゃんに、「餌ちょうだいって求めてくる姿が可愛い~!」とチュー。その博愛の精神、もはや聖母レベルです……。

 

キバタン

カゴに入っていたキバタンのきーたんも、店員さんに頼んで腕にのせてもらいました。
するどいツメで腕をつかまれて、痛くないの?そんなことはお構いなしに、スマイル全開。まぶしい。

 

他にミーアキャットやフェネックともシューティング。撮れ高OKとなり、撮影を終了した後も、ずっと動物と遊び続けていたそう。

実は萌香はプライベートでも2匹の猫を飼ったりと、動物が大好き。人だけではなく動物に対しても警戒心を持たずに接するため、動物もすぐになつくのでは?というのが、担当編集者の見解です。
このムツゴロウさんもびっくりのコミュ力を活かして、今後はsweetイチ、動物撮影が上手いモデルを目指してみては?

 

【今回訪れたのは……】
アウルの森 浅草公会堂前店
フクロウだけでも約30羽以上飼育している浅草にある「アウルの森」。動物達への餌やり体験も可能。

住所 : 東京都台東区浅草1-39-11 二ノ宮デンポービル2階
営業時間 : 10:00~20:00
TEL : 090-2530-2960
入場料金 : 大人¥1,000、子ども¥540 ※1ドリンク無料、時間制限無し

 

Model_MOEKA NOZAKI
Photo_CHIHIRO TAGATA
Styling_ETSUKO YAMAMOTO
Hair & Make-up_MEGUMI ISOJIMA[SHIMA]
(sweet 2019年3月号)
※ 画像・文章の無断転載はご遠慮ください

 

RELATED CONTENTS

関連コンテンツ