ヨーロッパで70年以上愛されるブランド「GUHL」から新登場!髪の美しさを育む植物美容ヘアケア【グール ラボラトリー】

出典: FASHION BOX

髪や頭皮に優しいヘアケアアイテムを選びたいけれど、優しいだけではもの足りない……。そんな& ROSY世代にぴったりなのがこのシャンプー。ヨーロッパ伝統の植物美容の考え方に現代科学をかけ合わせた5つのバリエーションから選んで。

出典: FASHION BOX
全て、同じタイプのトリートメントも揃う。右から:パーマ、カラーでダメージのある髪に。グール ラボラトリー リッチリペア シャンプー、ハリ・コシのない髪に。同 バウンスエンハンス シャンプー、ツヤの足りない髪に。同 シャインエンハンス シャンプー、ベタつきがちな髪に。同 スムースエンハンス シャンプー、乾燥しやすい髪に。同 モイスチャーエンハンス シャンプー 各430mL ¥1,800〈価格は編集部調べ〉(全て花王)

ヘア&メイクアップアーティスト
長井かおりさん

出典: FASHION BOX

ヘア&メイクアップアーティスト。分かりやすい理論と実践しやすいテクニックが人気を集め、雑誌やWebのビューティ記事で活躍中。『長井かおりが教える「永遠の定番メイク」』(宝島社)など著書多数。

自分の髪悩みをもっと意識して、必要なケアを
「仕事で髪や頭皮を触らせていただきますが、頭皮がパサついていたり、襟足部分の髪が傷んでいたり、という方は意外と多いです。自分では気づきにくい部分なんですよね」と、長井かおりさん。そういう人に勧めたいのが、まず普段のお手入れを見直すことだそう。「髪のパサつきをケアしようとして頭皮までたっぷりオイルをつけたり、髪が細くてつぶれやすいのに重めのシャンプーを使ったり、という思い込みをやめて、自分の髪の状態をもっと意識すれば、いい髪に近づけると思います」

長井さんが最近注目しているのは、「グール ラボラトリー」のシャンプー&トリートメント。「髪悩みに合わせた5タイプがあり、自分に合うものが選べると思います。発酵製法の天然型乳酸*配合で、優しいだけでなく、髪の補修・保湿もできるから、きちんとケアしたい方には嬉しいですね」
*補修・保湿

“つるんとした手触りにびっくり!
髪もしっとりまとまって、香りにも気分が癒やされます”
ーーモデル 神山まりあさん

出典: FASHION BOX
シャツ¥24,000(エストネーション)

「仕事で髪をしっかりスタイリングする日が多いので、どうしても傷みやすく、ツヤのなさが気になっていました。『シャインエンハンス』のシャンプーとトリートメントを使ったら、オイルをつけなくてもつるんとした手触りで、まとまりもいい感じ。シャンプーはノンシリコンなのに泡立ちがよく、翌朝まで続く香りにも気分が癒やされています」

What’s “GUHL LABORATORY”?

POINT1
ヨーロッパのトップスタイリストが作ったブランドから生まれた新シリーズ

「グール」は、ドイツを中心に70年以上愛されているヘアケアブランドです。創始者のグスタフ・グール氏が1937年、スイスにグール研究所を立ち上げ、1946年にシャンプーを発売。「グール ラボラトリー」はその考え方を受け継ぎ、日本女性のために開発されました。

出典: FASHION BOX

POINT2
発酵製法の天然型乳酸*+厳選した植物由来成分が髪に浸透・補修

ただの自然派ではなく、現代科学をかけ合わせて個々の髪悩みをしっかりケアするというのが「グール ラボラトリー」のコンセプト。発酵製法の天然型乳酸*と、髪の悩みに合わせて世界中から厳選した植物由来成分が、洗うたびに傷んだ髪の内部へ浸透、傷んだ髪の内部空洞を補修します。
*補修・保湿

出典: FASHION BOX

POINT3
髪の悩みをきめ細かく分析した5タイプから選べる

カラーリングしたりパーマをかけたり、日々ヘアアイロンをあてたり、という現代女性の髪事情に合わせ、5つのタイプを用意。パサつく、頭皮がベタつく、ツヤがない、ハリ・コシがない、ダメージが進行……それぞれの悩みをしっかりケアし、健康的な髪に保ちます。

自分の髪に合う「Myグール」を見つけてサンプルをもらおう!

まずは「グール ラボラトリー」の公式サイトから自分にぴったりのタイプを探してみて。5,000人にサンプルプレゼント中!※5月31日まで
詳しくはコチラをCHECK!

お問い合わせ先
花王
0120-165-692
www.kao.co.jp/guhl_laboratory/

※ 画像・文章の無断転載はご遠慮ください
photo_HISASHI OGAWA,TOMOKO MEGURO
hair&make-up_YUINA IWATA
styling_KOTOMI SATO
model_MARIA KAMIYAMA
composition&text_MARI OTSUKA
edit_IZUMI BANNO[vivace], FASHION BOX

RELATED CONTENTS

関連コンテンツ