災害時でも愛犬・愛猫を守りたい!ペットのために備えておくべき防災対策

出典: FASHION BOX

ペットを愛する人たちが知っておきたい、いざというときの防災対策。備えておきたい避難用品は?日頃からできる対策は?ペットの防災対策に詳しいプロに話をお聞きしました。

日頃から防災意識を高めて、必要なものを備えておこう!

災害が起こったとき、ペットを連れてスムーズに避難するためには、日頃から飼い主が防災力を高めておくことが重要です。人間用だけでなく、ペット用の避難用品や備蓄品を備えておき、すぐに持ち出せるような場所に保管しておきましょう。また、留守番時にペットに危険が及ばないように、家の中の環境を見直しておくことも大切です。

Q ペットのために備えておきたい避難用品は?

犬には首輪とリード、小型犬や猫にはキャリーバッグを。大型犬はがれきで脚を傷つけないように靴などで対策を。多頭飼いや老犬などの歩行困難な犬にはペットバギーが役立ちます。避難時、すぐ手に取れる場所に保管しておきましょう。

Q ペットのための備蓄品と保管方法は?

フード、水、薬、治療食など優先順位をつけて準備し、猫砂や重いケージなどは、避難した後からでも取り出せる場所に。賞味期限があるものは、常に一定量をストックしておき、使ったら補充するローリングストック方式がおすすめ。

Q ペットに行っておきたいトレーニングは?

犬の場合、ムダ吠えしない、待てや呼び寄せなど基本的なしつけは必須。避難生活ではケージに入る機会もあるため、ハウストレーニングも大切。猫の場合、いつもの隠れ場所にケージやキャリーバッグを置き、その中を安全・安心な避難場所にしておくとよいでしょう。

Q 日頃から家の中で行っておける防災対策は?

家具は地震に備えて転倒防止対策と、ガラスに飛散対策を。また、水害リスクがある地域は2階以上の部屋、土砂崩れのリスクがある場所は2階の山側から遠い部屋など、ペットの留守番はいちばん安全な場所を選んで。

監修

平井潤子さん(NPO法人アナイス)
公益社団法人東京都獣医師会事務局長、人と動物の防災を考える市民ネットワークNPO法人アナイス代表。災害時にペットと避難するための情報提供やサポート活動を行っている。

(大人のおしゃれ手帖編集部)
text:Risa Shiraishi
illustration:Kanako Koyama
edit:Satoko Ishikawa[vivace], FASHION BOX
※画像・文章の無断転載はご遠慮ください

# ペット
の記事をチェック♡
【いま読まれている人気記事】
長時間はいても足が痛くない!コーデしやすい秋冬靴
1枚着ればコーデ完成!この秋買うべきワンピ5選
【SWEET WEBの注目記事】
H&Mなのに約2万円!? ニ度見必至の限定アイテム
セクシーなカラダに近づくヒント

RELATED CONTENTS

関連コンテンツ