美プロも使うおすすめクレンジングで目指すはもちもち美肌!

美プロも使うおすすめクレンジングで目指すはもちもち美肌!

出典: FASHION BOX

毎日化粧をする女子に欠かせないアイテムといえばクレンジング。様々な形状のクレンジングがあって、どのクレンジングを買えばよいか迷っている方も多いのではないでしょうか。本記事では美容に精通したプロがおすすめするクレンジングをご紹介します!

《目次》

おすすめは美プロが認めたクレンジング

※本記事は2019年2月20日に初掲載されました

2018年に発売されたたくさんのコスメの中から、使ってよかったクレンジングと洗顔アイテムをリンネルでおなじみの美容賢者のみなさんが教えてくださいました。

クレンジング部門 第1位

美プロも使うおすすめクレンジングで目指すはもちもち美肌!
出典: FASHION BOX

WELEDA(ヴェレダ)
モイスチャークレンジングミルク

100mL ¥3,000/ヴェレダ・ジャパン

洗顔後の潤いを守りみずみずしさが続く。100%植物由来成分配合。日本人の肌を考えて開発された名品。

「すっきりさと肌の柔らかさを叶え、ダブル洗顔不要」(水井真理子さん・トータルビューティアドバイザー)
「やさしさはもちろん、メイクオフ機能が高くきちんとメイクの日も◎」(長井かおりさん・ヘア&メイクアップアーティスト)

クレンジング部門 第2位・第3位

美プロも使うおすすめクレンジングで目指すはもちもち美肌!
出典: FASHION BOX

右:第2位
Celvoke(セルヴォーク)
レステッドスキン
クレンジングミルク

150mL ¥3,500

吸いつくような柔らかい肌に整える。潤いをキープしながら肌のこわばりをほぐす。

「ていねいになじませるとメイクオフと保湿ケアを同時にしているような感覚に。肌がもっちり柔らかく整うところも◎」(AYAさん・ヘア&メイクアップアーティスト)
「もちもちに潤い、肌疲れもすっきり」(佐久間千絵さん・美容ライター)

左:第3位
trilogy(トリロジー)
クレンジングオイル

110mL ¥3,800/ピー・エス・インターナショナル

潤いを与えながら素早くメイクオフ。ローズヒップなど植物の恵みを贅沢に配合。

「ベタつかないオイルがすっと広がり、くすみまで一掃。洗い上がりは美容液をつけたように柔らか」(橋本優香さん・美容エディター)
「しっかりメイクも“スル落ち”なのにつっぱらず肌が潤う」(石塚久美子さん・美容ライター)

☆続きは「優秀クレンジングなら洗顔後に肌が潤う!? 美プロが推す洗顔料 [2018年ベスコス]」でチェック

(リンネル 2019年2月号)
photograph: Masahiro Tamura[FREAKS](still), Mitsuru Kugue(still cut-out)
styling: Minami Nosaki
text: Chie Sakuma

【オススメ記事】
“ほぼスッピン”でもメイク落としは必須! 女医が教えるクレンジング法
毛穴どこ行った!? 前夜に仕込む“毛穴レス肌”への3ステップ

自然派におすすめのクレンジング

※本記事は2018年10月30日に初掲載されました

年齢を重ねてもいつまでもキレイな肌でいたいのは女性の願望。今回は美容家の吉川千明さんがオススメの自然派のアイテムをご紹介します。自然派コスメ好きの方は必見です。

教えてくれたのは……

美プロも使うおすすめクレンジングで目指すはもちもち美肌!
出典: FASHION BOX

吉川千明さん

美容家・オーガニックスペシャリスト 。
植物の力を、ビューティ、食、漢方などに取り入れ、心地よく美しいライフスタイルを提案。

「ミルク洗顔で肌が柔らかくなりました」

美プロも使うおすすめクレンジングで目指すはもちもち美肌!
出典: FASHION BOX

右: 保湿のアロエベラジェルと鎮静のカモミール配合。
「肌を鎮静させる珍しいピーリング剤。週1回の使用で肌の新陳代謝がスムーズに」。

ヴェリマ ソフトピーリング45mL ¥5,500/ケーツー・インターナショナル

中央: ハニーレモンのような香りが心地よさをもたらすバームタイプ。
「肌が疲れているとき、心身を休めたいときにお風呂の中で使います」。

デ・マミエール クレンジングバーム 80g ¥13,500/キャンドルウィック

左: アーモンド油とホホバ種子油が肌に潤いを与えるミルク。
「少しの肌荒れは、これでクレンジングすれば、リセットされます」。

Dr.ハウシュカ クレンジングミルク 145mL ¥4,200/インターナショナルコスメティックス

☆続きは「その実力は美容賢者のお墨付き! あらゆる肌悩みを解消した自然派ミルク洗顔アイテム」でチェック

(大人のおしゃれ手帖編集部)
photograph: Chifuyu Aizawa(biswa)
text: Yuka Hashimoto

毛穴ケアも兼ねた優秀クレンジング

※本記事は2019年4月8日に初掲載されました

あらゆるエイジングサインが本格的に気になり始める50代。“元気に見える肌”をめざして、新しいベーシックケアを身につけましょう。今回は、50代ならではの「クレンジング」法を美容のプロが指南します。

教えてくれたのは……

美プロも使うおすすめクレンジングで目指すはもちもち美肌!
出典: FASHION BOX

トータルビューティ アドバイザー 水井真理子さん
長年のエステティシャンの経験から、肌を見るだけで、その人のスキンケア法や食生活まで見抜く鋭い観察眼をもつ。お手入れアドバイスが好評。

《クレンジング・洗顔》は、いちばん時間をかけるべきケア!
イキイキと輝く元気な肌を育むには、まずはクレンジングと洗顔で肌の土台を整えてあげることが重要です。落とすことをおろそかにすると、汚れや古い角質が蓄積され、50代の肌は厚く硬くなる一方。ていねいに落とすケアを積み重ねていけば、肌はどんどんやわらかくなり、そのあとの化粧水や美容液、クリームの浸透力もぐんと高まります。ただし、落としすぎるのも大人の傾向。皮膚が敏感に傾き、乾燥や肌トラブルを招くので避けて。

オススメのクレンジングアイテム

美プロも使うおすすめクレンジングで目指すはもちもち美肌!
出典: FASHION BOX
敏感肌特有の毛穴悩みをケアしてなめらかな肌に。アヤナス クレンジングクリーム コンセントレート 100g ¥3,500/ディセンシア

☆続きは「メイクも落としながら毛穴ケア⁉︎ プロに聞いた潤うクレンジング」でチェック

photograph_Shohei Yokoyama[t.cube](model), Shoko Matsuhashi(still)
hair & make-up_Atsuko Hirose
text_Chie Sakuma
(大人のおしゃれ手帖 2019年4月号)

肌タイプ別にクレンジングの使い分けがおすすめ

※本記事は2018年11月15日に初掲載されました

年齢を重ねても白く輝く肌の大人は「落とすこと」にこだわっているという事実。でも、そのこだわりって何でしょう。実は美肌の持ち主たちはみんな、目的別に使い分けをしていました。

教えてくれたのは……

美プロも使うおすすめクレンジングで目指すはもちもち美肌!
出典: FASHION BOX

「ウォブクリニック 中目黒」総院長 髙瀬聡子先生
皮膚科医。的確でわかりやすいアドバイスから多数のメディアに登場。「アンプルール」の開発にも携わる。

クレンジングや洗顔はどんな種類がおすすめ?

濃いメイクにはオイルを。通常は肌にやさしいジェルやミルクがおすすめ。
クレンジングは肌タイプとTPOに合わせて選ぶのが大前提。できれば2~3本、持っておきたいですね。たとえば、「メイクが濃い」ときはオイルでメイクとなじませ、乳化させて落とすこと。また、メイクが薄いときやスッピンの日は皮脂膜を落としすぎないミルクやクリームタイプのクレンジング&洗顔料で丁寧に行うことがおすすめです。

美プロも使うおすすめクレンジングで目指すはもちもち美肌!
出典: FASHION BOX
a.エクシア AL ジョイ フルール クレンジングオイル 180mL ¥10,000/アルビオン b.SUQQU シルキィ スムース クレンジング オイル 150mL ¥3,800/ SUQQU c.ラグジュアリーホワイト クレンジングミルク N 200mL ¥3,800/ アンプルール d.リニューバランス フォーミングジェル 200mL ¥3,800/ジュリーク・ジャパン e.エスト クレンジングエッセンス エンリッチド 190g ¥4,500/花王

a:アマランサスオイルなどぜいたくな美容オイルがやさしく肌を包み込みながら1日の終わりを心地いい時間に変えるクレンジングオイル。
b:5種の植物由来成分とはちみつ配合。洗い上がり後の肌のつっぱり感を防ぐオイルタイプ。
c:大気汚染までも濃厚なミルクがからめとりすっきりオフ。皮膚科医の髙瀬先生も毎日使用するミルクタイプ。
d:7種のハーブ成分「セブンハーブミックス」配合。肌バランスを整えるジェル洗顔。
e:手が吸いつくように潤って、もちもちの肌に洗い上げる、濃密ジェリーの美容液クレンジング。

☆続きは「毎日同じクレンジングだとNG? 大人は週1回のスペシャルケアが必要? 知っておきたい洗顔の正解」でチェック

(大人のおしゃれ手帖編集部)
photograph:Chifuyu Aisawa(biswa)
text:Yuka Hashimoto
※本記事は『リンネル』『大人のおしゃれ手帖』に掲載された過去の記事を再編集したものです
※画像・文章の無断転載はご遠慮ください
※掲載商品は、店頭でのお取り扱いが終了している場合があります。ご了承ください
編/FASHION BOX

RELATED CONTENTS

関連コンテンツ