夏の倦怠感、それ夏バテ? 寝る前に押すと朝すっきり目覚めるツボ

そろそろ夏の疲れで倦怠感が… 寝る前に押すと朝すっきり目覚めるツボ

出典: FASHION BOX

「しっかり寝たはずなのに“身体が重だる〜”」の倦怠感は、腎臓の疲れが大きな原因。腎臓が疲れると、老廃物が排泄されずに身体や血液の中にたまり、血液がドロドロになって血行が悪くなります。結果、身体の活動に必要な酸素や栄養が全身に行きわたらなくなり、倦怠感を覚えてしまうそう。
そんな倦怠感を撃退するツボをご紹介します。

教えてくれたのはこの方

寺林陽介(てらばやし・ようすけ)さん
六本木・寺林治療院院長。1996年にあんまマッサージ指圧師、鍼師灸師の国家資格を取得し、父の治療院で本格的に修業を開始。24歳のときから1人で治療院を運営し、現在に至る。2008年には港区南青山でも完全紹介制・完全予約制の治療院を開設し、2014年3月、港区六本木に移転。患者に心から満足してもらえる治療院を追求している。どこに行っても楽にならなかったという患者ほど違いを実感する「疲れとりマッサージ」を行い、多くの著名人から評判を得ている。著書『疲れをとりたきゃ腎臓をもみなさい』(アスコム刊)は27万部のベストセラーになり、テレビ、雑誌など多数のメディアで注目を集めた。

こぶしを腎兪に入れ込み、膝を左右交互に倒す

倦怠感の改善にひと役買ってくれるのが腎兪というツボ。膝を立てて仰向けになり、両手でこぶしをつくり、人差し指の第3関節をこのツボに当て、膝を左右交互に10〜20回倒しましょう。
腎兪を指圧のように刺激したい人は、腎兪にこぶしを当てたまま腰を上げ下げして。寝る前に行うと朝スッキリ!

夏の倦怠感、それ夏バテ? 寝る前に押すと朝すっきり目覚めるツボ
出典: FASHION BOX

【オススメ記事】
毎日の入浴が長寿のカギ! 介護リスクを減らすお風呂の入り方
誰にも言えない大人の“おねしょ”、夜尿症の原因&対策を医師が解説

夏の倦怠感、それ夏バテ? 寝る前に押すと朝すっきり目覚めるツボ
出典: FASHION BOX

腎兪(じんゆ)

おへそと同じ高さ、背骨から親指の幅1.5本分外側。左右にひとつずつ。おへそに親指を当て、脇腹へ。脇腹から腰骨へと親指を持ってくると見つけやすいです。

【オススメ記事】
肩こりも軽くなる! 今すぐ&どこでもできて尿失禁も防げる指コロコロ運動
自宅で簡単! 女医がすすめる遺伝子検査キットとは?

(参考)

夏の倦怠感、それ夏バテ? 寝る前に押すと朝すっきり目覚めるツボ
出典: FASHION BOX

書籍『女35歳からの「不調」は指1本で治せる!』
https://tkj.jp/book/?cd=TD296672
著者:寺林陽介

イラスト:アオノミサコ
ライター:佐藤美由紀
special thanks:石井美保さん
編集/FASHION BOX
書籍『女35歳からの「不調」は指1本で治せる!』
※ 画像・文章の無断転載はご遠慮ください

RELATED CONTENTS

関連コンテンツ