恋人がいない理由1位は「どう付き合えばいいかわからないから」!

恋人がいない理由1位は「どう付き合えばいいかわからない」!

出典: FASHION BOX

生涯、一度も結婚しない人が増えている日本。調べてみると、そもそも彼氏&彼女をつくらない若者が増加しているという結果が出ました。なぜ恋人を持たないのでしょうか? そこには、驚くべき理由が……。

教えてくれたのはこの方

天野馨南子(あまの・かなこ)
株式会社ニッセイ基礎研究所生活研究部准主任研究員。東京大学経済学部卒。日本証券アナリスト協会認定アナリスト(CMA)。1995年、日本生命保険相互会社入社。99年から同社シンクタンクに出向。専門分野は少子化対策・少子化に関する社会の諸問題。厚生労働省育児休業法関連調査等を経て結婚・出産。1児の母。不妊治療・長期の介護も経験。学際的な研究をモットーとし、くらしに必要な「正確な知識」を広めるための執筆・講演活動の傍ら、内閣府少子化対策関連有識者委員、地方自治体・法人会等の少子化対策・結婚支援データ活用アドバイザー等を務める。

【オススメ記事】
仕事、恋愛、結婚、子育て、そして離婚……お疲れ30代女子の深夜トーク【ここからは、オトナのはなし】

 

データで見る「未婚化」と「非交際化」

恋人がいない理由1位は「どう付き合えばいいかわからないから」!
出典: FASHION BOX
恋人がいない理由1位は「どう付き合えばいいかわからないから」!
出典: FASHION BOX

それぞれのデータが示すように日本では未婚化と非交際化が同時急増中にあります。

「未婚化の背景には多分に非交際化がある」とすると、「どうして結婚できないのか」という問いを、「どうして彼氏/彼女がいないのか」という問いに変えて、答えを探っていく必要があるでしょう。

【オススメ記事】
OLの3人に1人はマッチングアプリで恋人を見つけてる!? リアル体験談

 

交際未経験男女の交際経験がないリアルな理由

交際未経験の若い独身男女を対象としたアンケート結果のデータを見てみましょう。

恋人がいない理由1位は「どう付き合えばいいかわからないから」!
出典: FASHION BOX

25〜34歳というアラサーの交際未経験の男女に「交際経験がない理由」を聞いたものです。交際相手がいないことと、交際経験がないこととは完全一致するわけではありませんが、交際相手がいない男女の一面を示すデータであることに間違いはありません。

男性について見てみると、20代後半、30代前半ともに3人に1人が「どのように男女交際すればよいかよくわからない」と回答し、これが第1位の回答となっています。女性に関しても、20代後半の3人に1人が同じ回答をしていて、理由の第1位です。また、第1位でこそないものの、30代前半女性の4人に1人も、「どのように男女交際すればよいかよくわからない」と回答しています。

【オススメ記事】
三代目JSB山下健二郎の女性のタイプは? 「やっぱり、性格が大事」

ほかの回答としては、「恋愛にまったく関心がなかった」「告白されたことがなく、自分から告白することもできなかった」「これまでに交際したいと思う人に出会わなかった」といったものが挙げられています。恋愛に関して奥手、もしくは消極的な若い男女の姿が想像される回答が目立ちます。

なかには、「告白してもふられた」というように、積極的に行動した形跡のある回答も見られるのですが、交際経験のない男女においては、あくまで少数派です。30代前半になっても、5人に1人の男性、7~8人に1人の女性しか、「告白してもふられた」といった積極的な行動を起こしていません。

 

男女別で見る交際経験がない理由

恋人がいない理由1位は「どう付き合えばいいかわからないから」!
出典: FASHION BOX

「交際経験がない理由」データの男女の回答割合差を計算してみます。男女で5ポイント以上差がついたものについて、内容を確認してみると、男性のほうが5ポイント以上高い回答は二つあります。

30代前半では「どうしたらいいか(どのように男女交際すればよいかよく)わからない」の割合が女性より明確に多くなります。また、「(告白しても)ふられた」も、30代前半の男性で多くなっています。

女性のほうが多い回答も二つです。20代後半、30代前半ともに、「(告白されたことはあるが、)断わっ(てしまっ)た」の割合が男性よりも10ポイント以上多くなっています。また、30代前半では、「交際希望相手0(これまでに交際したいと思う人に出会わなかった)」も多くなっており、こちらも男性より10ポイント高い割合となります。

【オススメ記事】
「好きな人と結婚したら上手くいかない」ってホント?

 

データからわかる現代の未婚男女の姿とは

まとめてみると、次のようなことがいえると思います。

■30代前半の交際経験のない男性は「どのように男女交際すればよいかよくわからない」と答える割合が女性よりも多く、恋愛に関して不器用である姿がうかがえる。積極的にアプローチした場合でも、告白に失敗する割合が女性より高い。なお、「告白してもふられた」ことにより、恋愛に自信が持てなくなって、「どのように男女交際すればよいかよくわからない」状態に移行する可能性もある。基本的に男性側は「希望の相手と考える異性にうまくアプローチできない」傾向が女性より強く見られる。

■女性は男性からアプローチされるも、それが交際希望相手ではないために断わる割合が20代後半、30代前半ともに男性より高い。20代からずっと男性のアプローチを断わり続けてきた結果、30代前半には「これまでに交際したいと思う人に出会わなかった」の割合が高くなっている可能性がある。基本的に女性は「希望の相手ではない男性からのアプローチを断わって非交際化する(希望の相手と考える男性からはアプローチを得られないので非交際化する)」傾向が見られる。

「どうして彼氏/彼女ができないのか」という問いに対して、データから読みとれることとしては、「理由の差はあるものの男女ともに恋愛交際経験が不足しており、これがさらなる非交際の負のループを生んでいる」ということになると思います。

どうやってアプローチしたらいいか、と戸惑うタイプが圧倒的な男性と異なり、女性の場合は、告白されているにもかかわらず断わっている人が多く存在します。理想の相手にこだわりすぎることで、非交際化に至ってしまうケースが女性では多いのかもしれません。

いずれにしても、女性の側から積極的に男性にアプローチしている様子はあまり見受けられません。まったく交際経験のない人の状況は男女ともに、自分から相手にアタックすることへの消極性が非交際化の大きな要因の一つとなっていることがうかがえます。

 

(抜粋)

恋人がいない理由1位は「どう付き合えばいいかわからないから」!
出典: FASHION BOX

宝島社新書『データで読み解く「生涯独身」社会』
https://tkj.jp/book/?cd=TD292537
著者:天野 馨南子

編集/FASHION BOX
宝島社新書『データで読み解く「生涯独身」社会』
※ 画像・文章の無断転載はご遠慮ください

RELATED CONTENTS

関連コンテンツ