髪ケアだけで若返る! あなたは知ってた? 正しいドライヤーの使いかた

出典: FASHION BOX

髪は顔のフレームとなり、見た目の印象を大きく左右するパーツ。だからこそ、美髪を保ったり、健やかな髪を育む頭皮ケアは大切。髪と頭皮の正しいケアを行い、数年先までも若々しさをキープ!

 

髪の保湿&髪を乾かす

髪がパサついていると老けた印象に見えてしまうもの。乾かしすぎを防ぎ、傷んだ髪に水分を補うため、乾かす前にはトリートメントミストなどで水分補給を。また、頭皮をしっかり乾かさないと雑菌が繁殖してイヤなニオイの原因に。頭皮と根もとから乾かし始めるようにしましょう。

出典: FASHION BOX

タオルドライ後、トリートメントミストで髪内部に水分をチャージ。ショートは毛先を中心に、ミディアムやロングは中間~毛先に塗布。

ヘアケア
出典: FASHION BOX

ドライヤーの熱から髪を守るために、オイルやヘアミルクでコート。手のひらに出し、傷みがちな毛先にもみ込むようになじませて。

出典: FASHION BOX

髪を軽くひっぱりながら何度も手ぐしを通してテンションをかけ、ケア成分を髪にムラなくなじませつつ、浸透させていく。

出典: FASHION BOX

ケア剤がなじんだら、中間~毛先をコーミングしてまんべんなく行きわたらせる。毛流れが整うため、髪が乾かしやすくなる。

出典: FASHION BOX

乾きにくい後頭部の根もとからドライヤーで乾かして。少し下を向いて、頭皮にしっかり風を当てながら、頭皮と根もとを乾かしていく。

出典: FASHION BOX

後頭部の根もとが乾いたら、頭頂部を乾かして。手ぐしで根もとを起こしながら頭皮にドライヤーの風を当て、頭皮と根もとを乾かす。

出典: FASHION BOX

後頭部とトップの根もとがしっかり乾いたら、サイドをドライ。根もとをつぶさないように、内側から手ぐしを入れて温風を当てる。

出典: FASHION BOX

手ぐしを通しながら、ドライヤーの弱風を当て、毛流れを整える。仕上げに冷風に切り替え、キューティクルを引き締めてツヤ出し。

 

(steady.編集部)
撮影/アベユキへ
モデル/千葉由佳
構成・文/桶川雅代
編/FASHION BOX
※ 画像、文章の無断転載はご遠慮ください

 

【関連記事】
※ パープル投入でメイクも春仕様に!
※ 3日でマイナス2kg!? 食べるだけでやせる「魔法のスープ」がスゴすぎる

【steady.編集部の記事をもっと読む】
※ 【H&M】これさえあれば間違いなし! この春「絶対GETしたい」最強コスパアイテム3選
※ アーバンリサーチとコラボ! 『ステディ.』最新号の付録は「スヌーピー」3点セット

RELATED CONTENTS

関連コンテンツ