ホスト界の帝王ローランドが「揺らぎない自信」を持つための秘訣を語る

ホスト界の帝王ローランドの「揺るぎない自信」を持つための秘訣は?【ROLANDALE FIRST BOOK】

出典: FASHION BOX

(2020年6月12日 更新)

浮世離れした王子様のようなルックスが目を引く、若きホスト界の帝王ローランドさん。ルックスだけではなく独特の美意識や切れ味鋭い名言の数々でも、注目を集めています。今回は、ローランド流の人生観や、自信の持ち方について語ってくれました。

≪目次≫
誰かに勝ちたいとは思わない。ただ、昨日の自分にだけは負けたくない

 

誰かに勝ちたいとは思わない
ただ、昨日の自分にだけは負けたくない

――体をすごく鍛えていらっしゃいますが、何か目標や基準はあるんですか?

毎日1時間、主にウェイトトレーニングをしていますけど、もう習慣になっているので、歯を磨くみたいな感覚。やらない方が気持ち悪い。ドミノ倒しと一緒で、せっかく日々積み上げても、1回壊したら全部崩れちゃうじゃないですか。ここまでいったら倒したくねぇなぁっていう(笑)。

――じゃあ、キツイという感覚はない?

日々厳しいことにチャレンジしているのでトレーニング自体はキツイですけど、トレーニングに行くことに関しては抵抗がない。今日もめんどくさいけど普通に行くよね、みたいな。健康的なライフスタイルを送らないと多分、自分のことを嫌いになっちゃうんですよ。自分を嫌いになると自信もなくなっちゃうじゃないですか。

――健康で規則正しい生活を続けているのは、自分に嫌われないため、というのもあるんですね。

そうですね。俺はローランドのことを好きでいたいし、ローランドにも嫌われたくない。

――そこまで健康にこだわるようになったのは、ホストになってからですか?

多分、自分のアイデンティティー形成の中でかなり大きなウェイトを占めているのが、幼稚園で始めたサッカーで。アスリートって、かなりコンディションに気を使うんです。だから、タバコも吸いたくないし、吸っている人を見ると、自分とは違う人種だなって一線引いちゃうところがある。堕落した生活に対する嫌悪感というか、潔癖な部分はあると思います。

――当時から美意識も高かったんですか?

体育会系の男子校育ちなので、女性のように美容の知識が豊富だったわけではないですね。ただ、当時から見た目は意識してた。サッカーって、プレイがうまければそれでいいんですけど、クリスティアーノ・ロナウドのようなスター選手は、ユニフォームの着こなしまでカッコいいんですよ。そういう意味では、人から見られる意識は昔から強かった方ではあるかな。

――ホストになってから、より意識的になった感じですか?

ホストのように、人から365日、360度から見られる仕事ってなかなかないですよね。ホストになってからは余計に人の目を意識するようになりました。で、見られている分、期待に応えたいな、と。人を喜ばせたい、感動させたいって気持ちは、人よりも強い人間なんです。そうなるとやっぱり、がっかりさせたくないし、何歳になってもカッコよさを追求していたい。「カッコいい男でいる」というのは、自分の中の永遠のテーマでもありますね。

ホスト界の帝王ローランドが「揺るぎない自信」を持つための秘訣を語る
出典: FASHION BOX

――「カッコいい=モテる」という側面もあると思いますが、やっぱりずっとモテてきたんですか?

男子校だったので、「モテる」という概念自体がない時代もありましたけど(笑)。女性目線を意識するというよりは、自分がなりたい自分になる、という方が強いですね。結局、自分のことが好きな人って、自信があるから魅力的に見えるんですよ。

――なるほど。モテが勝手についてくる、みたいな感じですか?

芸能人を街で見かけて、テレビで見るより実物の方がカッコよかったよって言う人、結構いません? あれって、オーラが見えるからだと思うんです。じゃあ、オーラってどこからくるものかといったら「自信」。テレビ越しにはなかなか伝わらない第六感的なものなんですよね。だから、見た目どうこうよりも、自信を身につけていたいな、と思いますね。

ホスト界の帝王ローランドが「揺るぎない自信」を持つための秘訣を語る
出典: FASHION BOX

――自信は、子供の頃からあったんですか?

自分は他とは違うな、という感覚はありました。コンプレックスもなかったし。理想の自分に近づけるという作業はありましたけど、自分のことが嫌いだと思ったことはないです。

――自分に自信が持てない人ってすごく多いですが、どうしたらローランドさんのように「揺るぎない自信」が持てるんでしょうか?

「自信」と「過信」って韻も字体も似ているので、ややこしいんですけど。でもまぁ、自信というものは、何かしらのバックグラウンドとか、それ相応の努力からくるものじゃないですか。寝てるだけで自信がつくなんてことはないので。「私なんて」って言う人は、結局努力していないんじゃないかな。誰しも理想とする未来像があると思うんですけど、そこに対してもっとアグレッシブにアプローチすることが大事だと思います。

ホスト界の帝王ローランドが「揺るぎない自信」を持つための秘訣を語る
出典: FASHION BOX

――それは「誰かになりたい」でもいいんですか?

いいと思います。例えば、「もうちょっと痩せて、あの人みたいになりたいな」と思ったら、必然的に頑張るじゃないですか。でも、思うだけでは近づけるわけがないんだから、ちょっと努力してごらんよ、と。

――努力ではどうにもならない部分がコンプレックスだったら、整形もアリだと思いますか?

例えば、目が小さいのがコンプレックスで、1ミリくらい大きくしたとします。他人にはわからないくらいの小さな変化ですけど、それで自分のことが好きになれたら、その人はもっと魅力的になれると思うんです。化粧やダイエットもそうだけど、結局人のためじゃなくて、自分のためにするものですよね。たとえ小さくても、成功体験を作れれば、それが自信につながるし。理想に近づけるんだったら、どんな手段でもいいと思いますけどね。美容は、自分のために努力する方が楽しいですよ。

☆ローランド1万字インタビューの全文はマルチメディア『ROLANDALE FIRST BOOK』でチェック!
写真家 レスリー・キーの撮りおろしカットも必見です!!

【オススメ記事】
滝クリが“ふっくらお腹”で登場! その引き寄せ力の秘密とは?
<ホスト界の帝王ローランド> “名言”が生まれるまでには地道な努力があった……!?

バチェラー2人がガチで実践! 最強モテテク&勝負服とは?
宇垣美里のキレイに迫る! 溺愛アイテムは香りも重視♡
いい女は孤立するもの⁉︎ 目からウロコのROLAND流シゴト術

(抜粋)

ホスト界の帝王ローランドが「揺るぎない自信」を持つための秘訣を語る
出典: FASHION BOX

マルチメディア『ROLANDALE FIRST BOOK』

Photo:LESLIE KEE/SIGNO
Hair:RYOJI IMAIZUMI/SIGNO
Make-up:CHIFUMI/SIGNO
Interview&Text:ERINA WATANABE
Web edit:FASHION BOX
※ 画像・文章の無断転載はご遠慮ください
【よく読まれている記事】
誰このイケメン!? 人気お笑いコンビが別人級の大変身
一度見たら忘れられない! 衝撃のおもしろ看板3連発
[雑誌付録まとめ 11月下旬発売] ポケモングッズや冬コーデに使えるアイテムが続々!
肩甲骨はがしとマッサージで肩こり解消! おすすめ足裏マッサージとストレッチまとめ
[ローソン限定] スヌーピーのバッグ&ポーチで行楽の秋がもっと充実!
糖尿病は一度かかると治らない! 発症しないための生活の心がけ

RELATED CONTENTS

関連コンテンツ