パンツ着回しアイキャッチ

冬コーデは着まわし重視!使えるアイテム&お手入れ方法

出典: FASHION BOX

冬コーデをマンネリさせないためには、同じアイテムを使っても、コーデに「変わった感」を持たせるのが大切。ポイントは、ちょっとしたワザで印象を変えることと、応用がきくアイテムを手に入れること。そのカギはボトムスにあり。簡単なコツをスタイリストが教えます!

【カジュアルシャツ+カーゴパンツ】

■王道の組み合わせは旬のディテールを意識

無難に陥りがちな鉄板服のワンツーコーデでも、シャツが今年らしいスキッパー×ストライプ柄なのでおしゃれ! そのまま着ただけでもカジュアルでかっこいいけれど、もうひと味プラスするとお出かけシーンにも活躍するスタイルに。

■レイヤードと小物使いで一気にお出かけスタイル

ワンツーコーデで物足りないときに活躍するのがはおり。ローブなら、大人っぽくて着やせ効果も大。ベルト代わりにスカーフを巻くとアクセントに。シャツの袖とパンツの裾をまくって、こなれ感も演出すると◎。

【モノトーンスタイル】

■ミニマムな装いこそ流行りのシルエットで

つい“モノトーン頼り”になりがちな人は、シルエットで今感を。定番服こそ流行との微調整が必要。

トップスは、肩に切り替えのないドルマン仕立て×前上がりデザイン、パンツはサルエルのモードな装い。

■鮮やかな赤を投入して女子感とメリハリUP

気分を変えたい日は、インパクトのある色や流行服を足して旬にアップデート。

黒×白に負けない鮮やかな赤を小物で散らし、流行りのポンチョ風×チェック柄のはおりで、こなれた雰囲気をプラス。

■華やぎ素材で主役なスカートスタイルに

主役服に格上げするならスカートにチェンジ。モノトーン配色×スカートは地味になりがちなので異素材使いのプリーツで存在感を出し、フェミニンなネックレスとファーの靴を足してぐんと華やかに。

(大人のおしゃれ手帖編集部)

photograph/Tadaaki Omori
styling/Asuka Ishii
hair & make-up/Shoko Narita
model/Tomoko Watanabe
text/Mizuki Sakaguchi

【冬の着まわしにはコレ! プロが厳選したパンツTOP 3】

パンツ着回しアイキャッチ

毎日お洒落をしたいけど、際限なく買えるわけではないから、お気に入りの一着をじっくり着まわしたい。大人女子なら誰もがそう願うはず。そこで、お洒落プロが“週に3回着られる”コーデ力抜群のアイテムを厳選!

■「カジュアル」と「きちんと」が両立! きれいめチノパン

チノパン

カジュアルパンツの代表格が進化。仕事ではける“きちんと感”と、女子会で褒められる洒落た雰囲気が備わった。

>> プロ厳選パンツをもっと知りたいなら

(InRed編集部)

撮影/佐藤寿樹
スタイリング/MORIYA
文/長田由香

【冬におなじみのコーデュロイ 今年買うなら◯◯なものを狙うべし!】

秋冬の定番アイテム「コーデュロイ」。コーディネートの中に1つ投入するだけで、一気にオシャレ感が増す万能アイテムです。今年は遠目からもわかる、太畝のものが狙い目。のっぺりせず、ほどよい存在感で、縦ラインとツヤが着こなしに奥行きをプラスしてくれます。

今回はオススメのコーデュロイボトムスを3点ご紹介します。

■コットンコーデュロイコクーンパンツ

柔らかく、はき心地のよいコットンコーデュロイコクーンパンツ。極太な畝が今年らしい。

>> 旬のコーデュロイアイテムをもっと見る

(大人のおしゃれ手帖編集部)

photograph/Yumi Furuya
text/Mizuki Sakaguchi
edit/FASHION BOX

【冬アイテムの洗濯どうする? 正しいコートのお手入れ法とおしゃれ防寒テク】

街のおしゃれさんのファッションのリアルを大調査! がんばりどころとぬきどころを聞いてみました。

>> 冬アイテムのお手入れ方法と防寒テクを見る

photograph/Mari Yoshioka、Kiyono Hattori、Shintaro Yoshimatsu
styling/Aki Nitta
text/Aya Kuribayashi、Mai Takasaki
文/FASHION BOX
※ 本記事は『リンネル』『大人のおしゃれ手帖』『InRed』に掲載された記事を再編集したものです。
※ 画像・文章の無断転載はご遠慮ください

RELATED CONTENTS

関連コンテンツ