アイロボットジャパン「ルンバ」「ブラーバ」

プレゼントは時間! 忙しい毎日に寄り添う時産家電のある暮らし

出典: FASHION BOX

育児に仕事に忙しい女性に寄り添ってくれる、時産家電。
母の日には、ロボット掃除機をプレゼントして、家族の時間を増やしてみては?

☆オフィシャルサイトはコチラ

家族との時間を楽しむために、ロボットと家事を分担

ウェブショップ店主の圷みほさんは、4歳のめいちゃんと夫の彰太郎さんの3人暮らし。ショップの仕事や家事は、めいちゃんが幼稚園に行っている間に行うので、毎日あわただしい日々です。
「娘を幼稚園に送ったあとに掃除機をかけるのですが、終わって気がつくと昼近くになっていることも。仕事をする時間が少ないのが今の悩みです」
共働きだからこそ、家事は効率よくこなしたい。夫婦でそんな思いを抱き、掃除はロボットに任せてみようと、彰太郎さんがルンバe5を母の日にプレゼントすることにしました。「外からスマホで操作できるので、2人が幼稚園に行くくらいのタイミングに、掃除をスタート。戻ってきて、部屋がきれいになっているとうれしいかな、と思いました」
その便利さに気づいて、床拭きロボット ブラーバ390jも導入。「部屋がきれいになっていると、心の余裕ができて仕事もはかどるので、その分、家族の時間もゆっくり過ごせるようになりました」とみほさんも大満足です。

ロボット掃除機 ルンバe5(左)/床拭きロボット ブラーバ390j(右)
出典: FASHION BOX
ロボット掃除機 ルンバe5(左)/床拭きロボット ブラーバ390j(右)

ロボット掃除機 ルンバe5
コストパフォーマンスが高い、初めてのロボット掃除機として人気のモデル。フローリングや畳、ラグの上のごみをしっかり吸引し、アプリでどこからでも操作できるほか、スケジュール管理や清掃履歴の確認も可能に。

床拭きロボット ブラーバ390j
水拭きとから拭きの2つの清掃モードで、ホコリはもちろん皮脂汚れや食べこぼしも残さずきれいに。ボタンを押すだけだから、誰でも簡単に操作ができます。

 

ルンバe5
「ルンバ担当はパパ。外出先でも操作してくれています」

使用感をうかがうと、「ルンバが、キリムのホコリもきれいにしてくれて感動!」とみほさん。ダスト容器が水洗いできるのも、うれしいポイントだと言います。
「ブラーバはキッチンの油汚れや洗面所のクッションフロアで活躍。カウンターやベッドの下など、手の届かないところも拭いてくれて助かります」
音が静かなので、家族の会話や音楽の邪魔になりません。めいちゃんも、スイッチを押してお手伝いするようになり、家族で家事を楽しんでいます。

スマホで操作も簡単

ルンバ担当はパパ。外出先でも操作してくれています
出典: FASHION BOX

iRobot HOMEアプリをスマホにダウンロードすれば、外から操作できます〈※1〉。アプリからルンバのソフトウェアがアップデートされます。

 

ブラーバ390j
「毎日床拭きをすると素足が気持ちいいですね」

洗面所の床は、おしゃれなクッションフロアですが、拭き掃除は必須。ブラーバのウェットモードは、タンクに水を入れてクロスを取り付け、ボタンを押すだけ。ホコリがたまりやすい壁際も沿うように動いてくれます。段差を自分で感知するから、玄関などから落下する心配もなし。掃除が終われば元の位置に戻ります。

毎日床拭きをすると素足が気持ちいいですね
出典: FASHION BOX

フローリングのリビングで、一年中はだしで遊びまわっているめいちゃん。食べこぼしがあってもさっと拭いてくれるから、いつでも床がさらっとしていて、清潔&安心です。

 

油汚れにはウエットシートを装着します

油汚れにはウエットシートを装着します
出典: FASHION BOX

ブラーバ390jは、専用クロスのほか、花王のクイックルワイパー立体吸着ウエットシートなど、市販の使い捨てシートの使用が可能〈※2〉。より簡単快適に水拭きできるようになりました。

 

実家の母にもオススメしたいな!

実家の母にもオススメしたいな!
出典: FASHION BOX

すっかりルンバ、ブラーバが気に入った圷さん、実家のお母さんに母の日のプレゼントとして検討中。操作も簡単だから、使いやすいはず。よろこんでくれると、いいな。

※1 外出先から遠隔操作する前に、ルンバが正常に作動することと、ルンバ以外の機器が誤作動しないことをご確認ください。
※2 市販のお掃除シートをご使用の場合はドライクリーニングパッドを使用してください。

[お問い合わせ先]
アイロボットサービスセンター
0120-046-669
☆その他のラインナップも掲載したオフィシャルサイトはコチラ

※画像・文章の無断転載はご遠慮ください
photograph:Yuta Seki
text:Ema Tanaka
(提供:アイロボット社)
(リンネル 2020年6月号)

RELATED CONTENTS

関連コンテンツ