年々深刻化するVIOの黒ずみ、どうすれば……? 医師にぶっちゃけお悩み相談Q&A! [W CLINIC総院長&産婦人科医監修]

VIO脱毛でデリケートゾーンの黒ずみに気付く人が増加!? 医師にお悩みQ&A[クリニック総院長&産婦人科医監修]

デリケートゾーンのお悩み相談室Q&A

年々深刻化するVIOの黒ずみ、どうすれば……? 医師にぶっちゃけお悩み相談Q&A! [W CLINIC総院長&産婦人科医監修]

全てにおいて自分を知り、日々のセルフケアが大事とはいえ、専門家の知識や技術に頼ったほうがいいこともあります。婦人科はかかりつけ医を持つべきだし、セルフケアでどうにもならないことは美容クリニックを頼るのもあり! 今回は「婦人科」×「美容医療」という新しい試みにいち早く挑戦しているW CLINICの先生方に普段聞きづらいデリケートゾーンにまつわる疑問を取材!

『オトナミューズ』最新号を購入する!

宝島社公式通販サイト「宝島チャンネル」なら電話注文もOK! 雑誌送料は1冊200円!  詳しくはこちらをクリック
【TEL】0120-203-760
【受付時間】9:00~18:00(土日祝日を除く)


尿漏れ対策にもデリケートゾーンケア! 膣まわりも乾燥が進む40代向け洗浄&保湿アイテム

 

Q. なかなか人には聞けないデリケートゾーンの悩み、多いのはなんですか?

年々深刻化するVIOの黒ずみ、どうすれば……? 医師にぶっちゃけお悩み相談Q&A! [W CLINIC総院長&産婦人科医監修]
otonaMUSE 2021年2月号掲載
A. 「尿漏れや湯漏れが気になる、パートナーとの性的満足度が下がった……など、膣の緩みについて相談をされる方が増えていますね。これは出産や姿勢の悪さなどが原因なのですが、なかなか自力で元に戻しづらいため、以前『オトナミューズ』2021年2月号でも紹介したインティマレーザーをオススメしています。また、VIO脱毛が一般的になり、今まで毛によって隠れていた膣まわりが露わになることで、黒ずみが気になるようになったという声も多いです」(足立先生)

 

Q. 黒ずみのセルフケアはできますか?

年々深刻化するVIOの黒ずみ、どうすれば……? 医師にぶっちゃけお悩み相談Q&A! [W CLINIC総院長&産婦人科医監修]
No.3は高濃度脂溶性ビタミンC混合美容液。肌を優しく保護して炎症・乾燥を和らげ、肌ダメージの回復をサポートする成分を配合。No.2は水溶性と油脂性、2種類のビタミンCがしっかり浸透しつつ長時間美白、抗酸化作用を発揮。どちらもフェイス用美容液ですが、デリケートゾーンや乳輪の黒ずみにも使用可能。右から:サイトカインサイエンスNo.3 Super C リカバリーセラム30mL、同 No.2 VC25+ 30mL/共にオープン価格(共にW CLINIC)
A. 「もちろんできます。黒ずみケアの基本は日々の保湿。デリケートな部分のため、専用のプロダクトかワセリンなどの低刺激なものでケアを。パワフルな効果を期待するなら、クリニック処方のプロダクトを。私がデリケートゾーン施術後の二次性色素沈着予防のためにオススメしているのはサイトカインサイエンス。No.3はレーザー直後からも使用でき、炎症をクールダウン。No.2はビタミンCが25%も配合され、抗酸化&美白効果に期待!」(宮崎先生)

 

Q. 黒ずみの年代的なピークなどはありますか?

A. 「女性ホルモンの分泌量が多い20〜40代前半までが、一般的に黒ずみの年代的ピーク。特に妊娠中はエストロゲンの量が正常時の100倍にもなるので、顔には肝斑(かんぱん)も出やすくなり、デリケートゾーン(外陰部)は黒ずみやすくなります。出産経験が多い人はそれだけ高エストロゲンに晒されているため、黒ずみリスクは高いと言えるでしょう。もちろん、体質にもよるので全員が全員、当てはまる訳ではありませんが、乳輪の色が濃いと感じる方は黒ずみやすい傾向に」(宮崎先生)

 

Q. 黒ずみができないよう、日々気をつけたほうがいいことを教えてください

年々深刻化するVIOの黒ずみ、どうすれば……? 医師にぶっちゃけお悩み相談Q&A! [W CLINIC総院長&産婦人科医監修]

A. 「まず第一に、保湿ケアを習慣化すること。そして血流を圧迫しないよう、同じ姿勢で長時間座らないこと。デスクワークなど、長時間座らなければいけないお仕事の場合は、物理的ストレスを解消するためにもドーナツクッションを敷くのがオススメ。また、タイトな下着も黒ずみリスクを高めてしまうため、夜寝るときなどは鼠径部を圧迫しないフレアタイプが◎」(宮崎先生)

 

Q. 黒ずみの原因を教えてください

A. 「女性ホルモンの影響ももちろんありますが、日々のトイレットペーパーや下着による過度な摩擦などの肌ストレスが黒ずみを生み出します。下着については、キツ過ぎるショーツは鼠径部、Tバックは尾てい骨周辺の黒ずみの原因に。下着だけでなく、スキニーパンツなどのタイトなボトムも摩擦の機会が増え、血流を滞らせ、ターンオーバーが乱れてしまうので注意して」(宮崎先生)

 

Q. クリニックだからできる黒ずみケアを教えてください

年々深刻化するVIOの黒ずみ、どうすれば……? 医師にぶっちゃけお悩み相談Q&A! [W CLINIC総院長&産婦人科医監修]

A. 「膣のタイトニングにも使われるインティマレーザーは、大陰唇&小陰唇に当てることが可能。レーザーの出力を弱く当てることで、薄く表皮を剝いでいき消しゴムをかけるようにトーンアップをさせていきます。ただし、回数を重ねる必要があるため、一発逆転を狙いたい人はメディカルアートメイクskin52を。AIがその人自身に合った肌の色を割り出し、同じ色素を注入することで色ムラを目立たなくさせます。傷痕カバーで生まれたものですが、黒ずみにも対応」(足立先生)

W CLINIC ※全て完全予約制。
https://wclinic-osaka.jp/
@w_clinic_
梅田院 TEL06-4708-3666
心斎橋院 TEL06-6244-3030
福岡院 TEL092-473-8050

※施術メニュー名・料金は、W CLINICのものです(2021年7月調べ)。クリニックや機械によって名称や金額に差があります

 

医療法人涼葵会 理事長・W CLINIC 総院長 足立真由美先生プロフィール

年々深刻化するVIOの黒ずみ、どうすれば……? 医師にぶっちゃけお悩み相談Q&A! [W CLINIC総院長&産婦人科医監修]

プロフィール/形成外科医や美容皮膚科・美容外科医としての経験を生かし、 2014年に“美は健康的な身体から”をテーマにした「W CLINIC」を大阪に設立。東洋医学・アーユルヴェーダ等のホリスティック医療を取り入れた多彩なアプローチで最新の美を提供。昨年、福岡院もオープンし、ますます話題に!

 

産婦人科医 宮崎綾子先生プロフィール

年々深刻化するVIOの黒ずみ、どうすれば……? 医師にぶっちゃけお悩み相談Q&A! [W CLINIC総院長&産婦人科医監修]

プロフィール/日本産婦人科学会 産婦人科専門医・日本女性医学会認定女性ヘルスケア専門医。W CLINIC梅田院、吹田徳洲会病院産婦人科医勤務。「美容クリニックのついでに行けるような、身近な婦人科」を目指すため、今秋、W CLINIC梅田院の婦人科フロアを拡大予定。もっと婦人科との距離が近づく!

W CLINIC公式サイトはコチラ

 

『オトナミューズ』最新号を購入する!

宝島社公式通販サイト「宝島チャンネル」なら電話注文もOK! 雑誌送料は1冊200円!  詳しくはこちらをクリック
【TEL】0120-203-760
【受付時間】9:00~18:00(土日祝日を除く)

身体のニオイ対策アイテム14選|ワキ・足・デリケートゾーンをケアetc.

デリケートゾーンの黒ずみをキレイに! 原因と対策を女医が解説


photograph_MAYA KAJITA[e7]
illustration_AKIKO HIRAMATSU
text_EMI TANIGUCHI
(otona MUSE 2021年9月号)

※画像・文章の無断転載はご遠慮ください
web edit_FASHION BOX

RELATED CONTENTS

関連コンテンツ