痔の症状や原因は? 予防する生活習慣を大腸肛門病専門医が解説

これって痔!? 在宅勤務中に手術する人が増加! 切れ痔&いぼ痔の症状や原因、治療法[専門医 解説]

GLOWレディスクリニック

『GLOW』で連載中の「GLOWレディスクリニック」。今回はなかなか人に聞きづらい、痔に関するお悩みにマリーゴールドクリニック院長の山口トキコ先生が答えてくれました。

『GLOW』最新号を購入する!

宝島社公式通販サイト「宝島チャンネル」なら電話注文もOK! 雑誌送料は1冊200円!! 詳しくはこちらをクリック
【受注専用TEL】0120-203-760
【受付時間】9:00~18:00(土日祝日を除く)

 

「強くいきんで排便したら血が!」

ふだんから便秘がちで、強くいきんで出すと肛門が痛くなることが多いです。今朝はペーパーに血がつきました。切れ痔でしょうか?

■解決案

・切れ痔といぼ痔は、市販の軟膏や座薬を試してみるのもアリ!
・腸内環境を整える、食事を見直す、血行をよくして痔を予防しよう

痛み・出血・脱出が痔の3大自覚症状

排便後の出血だけで切れ痔とは言い切れませんが、痔の可能性はあります。痔のおもな自覚症状は痛み・出血(鮮血)・腫れ(肛門からの脱出)です。

痔を大きく分類すると切れ痔〈裂肛(れっこう)〉、いぼ痔〈痔核(じかく)〉、痔瘻(じろう)の3タイプになります。切れ痔は硬い便や、勢いよく出る下痢などで肛門の皮膚が切れて起きます。排便後に痛みが続くことが多く、軟膏や座薬で治療します。

痔の患者さんの半数がいぼ痔で、肛門の内側にできるもの〈内痔核〉と外側にできるもの〈外痔核〉があります。排便後にいぼ状のものが出てくるのが内痔核です。排便時に出血はあっても出てこない、脱出して自然に戻る、指で押し込むと戻る、指で押し込んでも戻らないというグレードに分けられます。出血は患部に塗る薬や、便通を整えることでよくなりますが、指で押し戻す必要がある、押しても戻らない場合は手術になります。日帰り手術が可能ですが、術後1週間ほど痛むことがあるので、リモートワークの間に手術する人も増えています。

肛門周囲にできる血豆のようなものは〈血栓性外痔核〉といい、こすれて破れると出血することも。激痛を訴える人が多いですが、お尻の風邪のようなもので突然できて放っておくと治ることもあります。

いぼ痔の原因は便秘、下痢の他、重たいものを持つ、スポーツ観戦で冷たい椅子に座る、デスクワークで長時間座りっぱなしなどで肛門に負担がかかることです。

痔瘻は男性に多い痔で細菌感染して化膿するものですが、女性の患者さんは痔になった人の5%ほどです。痔瘻の治療には手術が必要で薬では治りません。

女性の痔のほとんどは薬と便秘解消で治る

手術が必要になるのはクリニックにいらっしゃる患者さんの1割もいません。お尻のトラブルをひとりで抱えて、ネットで調べていくうちに不安になってやっぱり診てもらおうと勇気を出していらっしゃるけれども、診察してみると放っておいてもよいものや薬や便通改善によって治る軽症ということが多いのです。痔は良性の疾患で、がん化するとか、脱出したいぼ痔が化膿するとかいうことはありません。痛くて辛い、いぼ痔が下着にこすれる、長時間座っていられないなどお困りのことがあるなら一度診察を受けてはいかがでしょうか。どうしてもお尻を見せたくないなら、薬剤師さんに相談して市販薬を試してもいいと思います。病院では軟膏や座薬の他に痔の炎症をおさえる飲み薬、便秘薬、痛み止めなどを処方することもあります。

予防法としては肛門に負担をかけないことが第一! 2〜3日に1回、スルッと出るやわらかい便を目指してください。強くいきまず、トイレタイムを3分以内にするといいですよ。長く便座に座っていると肛門に負担がかかります。

また、スムーズな排便のためには水分を十分に摂り、食物繊維や発酵食品など腸内環境を整える食事を習慣にすることも大切。これまで便秘を放置してきた人は、自分に合う便秘薬を探してみるのもいいでしょう。お尻に悪いのは大量のアルコールや激辛料理。肛門を刺激したり、血流を悪くすることがあるので控えめに。

いぼ痔は血流が滞ると悪化しやすいので、長時間座りっぱなしでいるのを避ける、夏でもシャワーで済まさずお風呂に浸かってお尻を温めるのも効果的ですよ。

痔の症状や原因は? 予防する生活習慣を大腸肛門病専門医が解説

眠れないのは便秘のせい!? よい睡眠のためにも腸活を![専門家 監修]

おならのニオイで腸の健康状態がわかる! 良いおならと悪いおならの違いは?

教えてくれたのは……マリーゴールドクリニック院長 山口トキコ先生

痔の症状や原因は? 予防する生活習慣を大腸肛門病専門医が解説
マリーゴールドクリニック院長
山口トキコ先生

【PROFILE】
2000年にクリニックを開業した女性の大腸肛門病専門医の先駆け。日本大腸肛門病学会指導医、日本臨床肛門病学会技能指導医。

 

『GLOW』最新号を購入する!

宝島社公式通販サイト「宝島チャンネル」なら電話注文もOK! 雑誌送料は1冊200円!! 詳しくはこちらをクリック
【受注専用TEL】0120-203-760
【受付時間】9:00~18:00(土日祝日を除く)

 


便で腸の状態をチェック! 腸内環境をよくするポイントは? 腸活専門家が解説

「宿便」は存在しない! 腸内洗浄には感染症の危険性も[専門家 監修]

[コンビニで買えるフルーツで美腸レシピ]ストレス和らぐスイーツ&ドリンク

イラスト=MAIKO SEMBOKUYA
取材・文=黒川ともこ
GLOW 2021年9月号

※ 画像・文章の無断転載はご遠慮ください

WEB編集=FASHION BOX

RELATED CONTENTS

関連コンテンツ