[デリケートゾーンケアの基本]おすすめアイテムや知っておきたい豆知識を医師たちが解説

デリケートゾーンケアの基本は“洗う、保湿、ほぐす、鍛える“ 習慣化したい日常ケアを森田敦子 他が解説

Hello Femtech フェムテックについてもっと話そう!/デリケートゾーンケア

今、盛り上がりをみせるフェムテック業界。新しい技術や発想などが取り上げられ、デリケートゾーンケアの認知も高まっています。では、どうやってケアするのがいいのでしょうか。今回はみどり美容クリニック・広尾院長の満行みどり先生、サンルイ・インターナッショナル代表の森田敦子さん、美容ライターの谷口絵美さんにデリケートゾーンケアにまつわる気になることをぶつけてみました。

『otona MUSE』最新号を購入する!

宝島社公式通販サイト「宝島チャンネル」なら電話注文もOK! 雑誌送料は1冊200円!! 詳しくはこちらをクリック
【電話注文専用TEL】0120-203-760
【受付時間】9:00~18:00(土日祝日を除く)

 

Q1:デリケートゾーンケア、どこまですべき?

A:「洗う、保湿する、ほぐす、鍛える。これがデリケートゾーンケアの基本。デリケートゾーンのお悩みで多く挙げられる、蒸れやかゆみ、ニオイや乾燥。これらは全てケア不足から起こることがほとんど。そのまま放っておくと感染症のリスクが上がったり、ホルモンバランスの乱れによる冷えやむくみ、生理痛や性交痛などのトラブルを引き起こしかねません。デリケートゾーンを清潔に保ち、乾燥させないためにもまずは専用アイテムで正しく洗い、保湿することが大切。膣まわりはからだの皮ふとは違い、経皮吸収率の高い繊細な粘膜です。間違ってもからだのついでにボディソープで洗ってはいけません。必ず膣まわりのpH値と同じ、弱酸性の専用ソープを使いましょう。膣内は自浄作用のある常在菌があるので、洗うのは膣まわりのみ。また保湿アイテムも必ず刺激レス&ナチュラルな専用アイテムを。からだのなかで最も乾燥しやすい場所でもあるので、お風呂から出たら、顔よりもまず先に膣まわりを保湿してあげましょう。さらにオススメなのが、週2~3回でいいのでオイルマッサージを。膣をほぐすようにマッサージをすることで、保湿効果はもちろん、血行がよくなりふかふか柔らかな状態に。更年期特有の萎縮改善にも効果があるので、自分の膣の状態をチェックするうえでも、ケアを習慣化することをオススメします。また、セットで行ってほしいのが骨盤底筋群を鍛えるエクササイズ。骨盤底筋群とは、女性の子宮はもちろん、膀胱や直腸などのお腹まわりの臓器をハンモックのように支える大事な筋肉。ここがゆるんでしまうと、尿漏れや性的満足の低下、さらには子宮脱といった深刻な病気を引き起こすことも。トラブルを未然に防ぐためにも、トレーニングを習慣化させ、筋力強化をしていきましょう。膣トレグッズを使う手もありますが、かかとの上げ下げや膣に意識を集中させ、息をふーっと吐きながら膣を引き上げるように締めて3秒キープする、といった、通勤中にできるようなことも立派な膣トレに。デリケートゾーンのケアは継続することが大事なので、無理のない範囲でコツコツ続けて習慣にしていきましょう」(森田敦子さん)

A:「デリケートゾーンに触れるものは必ず専用コスメを」(谷口絵美さん)

Soap

[デリケートゾーンケアの基本]おすすめアイテムや知っておきたい豆知識を医師たちが解説
Waphyto インティメイト ウォッシュ 120mL ¥2,750(Waphyto)
[デリケートゾーンケアの基本]おすすめアイテムや知っておきたい豆知識を医師たちが解説
WRAY ナチュラルインティメイトウォッシュ 200mL ¥2,910(WRAY)

Moisturizer

[デリケートゾーンケアの基本]おすすめアイテムや知っておきたい豆知識を医師たちが解説
Waphyto ルブリカント 100g ¥3,300(Waphyto)
[デリケートゾーンケアの基本]おすすめアイテムや知っておきたい豆知識を医師たちが解説
ウーマンエッセンシャルズ 保湿クリーム 50mL ¥3,960(BCL)

Oil

[デリケートゾーンケアの基本]おすすめアイテムや知っておきたい豆知識を医師たちが解説
Waphyto インティメイト オイル 30mL ¥8,800(Waphyto)
[デリケートゾーンケアの基本]おすすめアイテムや知っておきたい豆知識を医師たちが解説
Tant RUX オイル 30mL ¥7,700(ARIGATO)

Q2:デリケートゾーンの脱毛ってすべき?

A:「したほうが圧倒的に清潔! デリケートゾーンは排泄する部分であり、汗や皮脂を分泌するアポクリン腺という汗腺も存在します。毛があることで蒸れやすく、皮脂が溜まり、それが酸化してしまいニオイや炎症を引き起こすことも。また毛がこすれることで乾燥や色素沈着の原因にもなってしまいます。ケアするうえでも毛をかき分ける必要もなく、ちょっとした変化にも気づきやすくなります。つまり、膣と丁寧に向き合えるようになる第一歩。全てをなくすことに抵抗がある方は、Vゾーンだけ残すという手も。脱毛方法もレーザー脱毛やブラジリアンワックス、自宅でケアできる美容機器など選択肢も多様になっています。自分に合った方法でアプローチをしてみてください」(森田さん)

[デリケートゾーンケアの基本]おすすめアイテムや知っておきたい豆知識を医師たちが解説
ヤーマン レイボーテ ヴィーナス ¥99,000(ヤーマン)

Q3:黒ずみってどうにかならないの?

A:「ホルモンバランスが影響しているので、黒ずんだ膣(外陰部)=現役なサインということも。ピンクの膣=正常な膣と思う方も多いかもしれませんが、赤みのある膣とそれなりに黒ずみのある膣まわりは女性ホルモンの影響。閉経によって薄ピンク色に変化していくので、黒ずんだ膣まわりは、実は女性ホルモンが現役なサインともいえます。ただし、自己処理や生活習慣での色素沈着も黒ずみを生む原因なので、日常的な気遣いも必要です。例えばアンモニア成分を拭き取ろうとこすり過ぎることは黒ずむ原因のひとつなので、尿が付着しないよう足を広げておしっこをする。またビデを使うときもアンモニア成分を撒き散らさないようトイレットペーパーで拭いてから。そもそも摩擦は大敵なので、トイレットパーパー自体も、ゴシゴシせず5~10秒程度おさえるのみに。ちょっとした積み重ねで、黒ずみは軽減します。膣まわりは繊細な部分と意識して日々生活するようにしましょう。それでも黒ずみをどうにかしたい場合はインティマホワイトというレーザー治療も。レーザーで肌表面を剝いでいくような治療なので、1~3回で効果は感じると思いますよ」(満行みどり先生)

A:「おうちでブライトニングケアもできます。黒ずみケア+保湿を叶えてくれる一石二鳥なデリケートゾーンケアアイテムも増えています。いつもの保湿ケアの代わりや美容液感覚で取り入れてみるのもオススメです」(谷口さん)

[デリケートゾーンケアの基本]おすすめアイテムや知っておきたい豆知識を医師たちが解説
ビオデルマ ピグメンビオ ホワイトセンシティブクリーム 75mL ¥2,750(NAOS JAPAN)
[デリケートゾーンケアの基本]おすすめアイテムや知っておきたい豆知識を医師たちが解説
アイムラフロリア デリケートブライトニングセラム[医薬部外品]30mL ¥7,480(Millia)
[デリケートゾーンケアの基本]おすすめアイテムや知っておきたい豆知識を医師たちが解説
イビサビューティー イビサセラムプロ[医薬部外品]30mL ¥16,280(ファイブテイルズ)

更年期やセックスの悩みに役立つフェムテックも! デリケートゾーンケア最前線[医師 監修]

生理がつらいと婦人科系の疾患の可能性も!? 上手な付き合い方やおすすめのサニタリーグッズを解説[医師 監修]

教えてくれたのは……

[デリケートゾーンケアの基本]おすすめアイテムや知っておきたい豆知識を医師たちが解説
満行みどり(みつゆき・みどり)先生
「選択の幅が広がり、女性のQOL向上に一役!」

満行みどり(みつゆき・みどり)先生

【PROFILE】
みどり美容クリニック・広尾院長。美容外科、形成外科、婦人科医師。女性特有のお悩みを丁寧に解決するため、日本初の美容婦人科クリニックを開設。今話題の膣内に当てられるレーザー、インティマレーザーを日本で初めて輸入&名付けたのもみどり先生!

[デリケートゾーンケアの基本]おすすめアイテムや知っておきたい豆知識を医師たちが解説
森田敦子(もりた・あつこ)さん
「女性のからだには、そもそも壮大なテクノロジーが備わっている」

森田敦子(もりた・あつこ)さん

【PROFILE】
サンルイ・インターナッショナル代表。フランス国立パリ13大学で植物薬理学や性科学を学び、日本でのフィトテラピーやデリケートゾーンケアの大切さの普及に尽力。フェムテックメディア「WOMB LABO」もスタート。女性の美や健やかなセンシュアリティケアをサポート。

[デリケートゾーンケアの基本]おすすめアイテムや知っておきたい豆知識を医師たちが解説
谷口絵美(たにぐち・えみ)さん

谷口絵美(たにぐち・えみ)さん

【PROFILE】
美容ライター。『otona MUSE』をはじめ、さまざまな媒体でフェムテック企画を担当。“女性は自分のからだにテクノロジーが備わっている”という森田敦子さんの言葉に感銘を受ける。さらなる可能性を求め、あらゆる施術やアイテムを体当たりで体験!

『otona MUSE』最新号を購入する!

宝島社公式通販サイト「宝島チャンネル」なら電話注文もOK! 雑誌送料は1冊200円!! 詳しくはこちらをクリック
【電話注文専用TEL】0120-203-760
【受付時間】9:00~18:00(土日祝日を除く)

生理や更年期のメンタルの不調との向き合い方を医師たちが解説! 心身をケアするおすすめアイテムは?

妊娠しやすい生活習慣は? 何歳まで産める? 人に聞けない疑問を不妊治療専門クリニック院長が回答

膣ケアにまつわる疑問に医師たちが回答! 膣トレの頻度は? デリケートゾーンのゆるみ対策は?

illustration:KAORI YOSHIOKA [asterisk-agency]
text:EMI TANIGUCHI
otona MUSE 2022年2月号

※ 画像・文章の無断転載はご遠慮ください

web edit:FASHION BOX

RELATED CONTENTS

関連コンテンツ