ブルガリのトマトフレーバーほかバレンタイン限定チョコを厳選!

出典: FASHION BOX

もうすぐバレンタイン。おいしいチョコでにぎわう季節だから、大切な人にはもちろん、自分自身にもとっておきのチョコを選んでみませんか? ここでは、スウィーツマニアが“これを選べば間違いなし!”の逸品をご紹介します。

 

立石 郁さんSELECT
“チョコレート好きは必ず喜んでくれます”

池ノ上ピエールのコフル・オ・ショコラ・アマンド

出典: FASHION BOX

バレンタインから春までの限定販売

「池ノ上ピエールは、マカロンが無名なころ、創立者の鈴木敏郎さんがフランス・アルザス地方のお菓子をベースに仕上げたオリジナルマカロン・ビアリッツを販売した、知る人ぞ知る老舗。繊細なチョコレート細工の箱の中に、こだわりのチョコが入っているという仕掛けがとっても素敵。サプライズ感もありますよ」

蓋を開けると、カカオマスを高比率で使用し、舌の上でサッと溶けてしまうショコラ・ド・フレと、キャラメリゼしたナッツのカリカリ食感がクセになるアマンド・ショコラがお目見え。¥2,118

【Information】
住所/東京都世田谷区代沢2-42-8
TEL/03-3421-6023
営業時間/月~土10:00~19:00、日・祝~17:00
定休日/不定休

推薦者

出典: FASHION BOX

立石 郁さん
チョコレートに目がない編集・ライター・放送作家/雑誌、ラジオなどで編集・執筆。雑誌『CYAN』ではハーブとスパイスの連載も。

 

小椋三嘉さんSELECT
“限定の新フレーバーがこの時期のお楽しみ♡”

ブルガリ イル・チョコラートのサン・ヴァレンティーノ2019

出典: FASHION BOX

この時期だけのロマンティックなひと箱

「恒例となった“ルイ・エ・レイ(彼と彼女)”と、“オリーブオイルとトマト”、“ヘーゼルナッツのプラリネ”の新フレーバーはどれも魅力的な味わいの限定品です。今年はフェミニンなアメジストカラーのボックス入りですよ」

“ルイ”はサフランとくるみのミルクチョコガナッシュをホワイトチョコで。“レイ”はヴィンコットとセミドライいちじくのガナッシュをビターチョコでコーティング。4個入り¥4,445

【Information】
住所/東京都中央区銀座2-7-12 ブルガリ銀座タワー10F
TEL/03-6362-0510
営業時間/11:30~20:00、日・祝~18:00
定休日/不定休

推薦者

出典: FASHION BOX

小椋三嘉さん
食文化・ショコラ研究家/フランスのショコラ愛好会「クラブ・デ・クロクール・ド・ショコラ」の会員。著書に『高級ショコラのすべて』(PHP新書)、『チョコレートのソムリエになる』(集英社be文庫)など。

 

chicoさんSELECT
“フィリングとサブレが心地よくまとまります”

ミスター アンド ミセス ルヌーのマックサブレ

出典: FASHION BOX

色や食感、フレーバーもオリジナルを追求

「キャラメルやパートドフリュイ、ガナッシュなど、食感も味わいもさまざまなフィリングをサブレでサンド。それぞれ6種がまったくベクトルの違うおいしさになっていきます」

ミスター アンド ミセス ルヌーはサロン・デュ・ショコラに今年初登場する注目のスイスブランド。マックサブレはチョコでコーティングしたサブレの食感もこだわり。日本初上陸の味わいをぜひ! ¥3,800

【Information】
住所/東京都新宿区西新宿2-4-1 サロン・デュ・ショコラ 2019

 

推薦者

出典: FASHION BOX

chicoさん
スウィーツライター/『an・an』『Hanako』など、女性誌を中心にスウィーツ記事を執筆。スウィーツガイドブック「東京の本当においしいスイーツ探し」シリーズ(ギャップ・ジャパン)を監修。

 

(リンネル編集部)
photograph:Nao Shimizu
stylist:Miwako Nakane
text:Mai Takasaki, Ema Tanaka, P.M.A.Tryangle
edit:FASHION BOX, P.M.A.Tryangle
※ 画像・文章の無断転載はご遠慮ください

【いま読まれている人気記事】
リビングから脱ぎっぱなしの服をなくすワザ
ナチュラル派愛用ブランドのコート6選
[無印ほか千円台〜] プレス厳選ニット
【SWEET WEBの注目記事】
抱きしめたくなる色っぽニット集合
今年の黒タイツはテカリNG? 最旬足もと事情
ティファニーの新たな歴史が始まる!
# スイーツ
# グルメ
の記事もチェック♡

RELATED CONTENTS

関連コンテンツ