今年真っ先に買うべきショートブーツの鉄板コーデ指南!

出典: FASHION BOX

ブーツのアタリ年の今季、まず買うべきはショートブーツ。簡単そうに見えて、意外とおしゃれに合わせるのは難しい、というミューズ読者のためにコーデ指南つき!ショートブーツを徹底攻略します。

こなれコーデ完成!ホワイトブーツにはニットレギンス。

出典: FASHION BOX
ブーツ[ヒール9㎝]¥64,000(LAURENCE/ユナイテッドアローズ 銀座店)、サテンドレス¥39,000(ボールジィ/トゥモローランド)、リブニットレギンス¥19,000(エイトン/ヴァリアス ショールーム)、スカーフ¥6,800(パオロ アルビザッティ/プリファー シップス NEWoMan新宿店)、ネックレス¥15,000(ルーカス ジャック/ CPR TOKYO)、ファーバッグ¥49,000(PAOLO MASI/マルティニーク ルコント ルミネ新宿店)

今季注目の白ブーツ。難アイテム、と怯んでしまいがちですが、ニットレギンスを合わせると、程よくカジュアルさが出て、取り入れやすくなるはず。写真のようにベージュやグレーなど、淡い色みのレギンスを選ぶのがコツ。

ストレッチブーツはプリーツスカートで女らしさを

出典: FASHION BOX
ストレッチブーツ[ヒール 9.5㎝]¥92,000(ラグ & ボーン/ラグ & ボーン 表参道)、ジャケット¥68,000(オーラリー)、フーディ¥35,000(ハイク/ボウルズ)、プリーツスカート¥28,000(エストネーション)、手に持ったショルダーバッグ ¥12,800(アーバン オリジナル/ジャック・オブ・オール・トレーズ プレスルーム)、バッグに付けたスカーフ¥14,000(ジャン ジャック ロジェ/トゥモローランド)

今回紹介するブーツのなかで、恐らく最も手に取りやすいのがストレッチブーツ。超ベーシックアイテムだからこそ、トレンドをしっかり意識しないと古く見えてしまいがち。オススメは今季マストとなりそうなロングプリーツスカートとの合わせ。スカートの裾でブーツが少し隠れるくらいがベストバランスです。

コンバットブーツは花柄ドレスで甘辛バランスを!

出典: FASHION BOX
コンバットブーツ[ソール7㎝]¥105,000(クレジュリー/ヒラオインク)、スエット¥19,000(RHC ロンハーマン)、花柄ドレス¥39,000(クリスティ ダウン フォー RHC/RHC ロンハーマン)、ピアス¥5,000、ファーバッグ¥16,000(共にユナイテッド アローズ/ユナイテッド アローズ 六本木ヒルズ店)

カジュアル派ミューズにぜひトライしてほしいコンバットブーツ。足元にボリュームが出るので、バランスをとりやすく、一度はくとやみつきになります。誰もがこの秋一枚は買うであろう(!?)、花柄ドレスとの合わせは最高の大人可愛さ。休日コーデはこれで決まり!

メタリックブーツでモノトーンスタイルの鮮度をアップ!

出典: FASHION BOX
シルバーブーツ[ヒール4.5㎝]¥55,000(レフラー ランダル/ CPR TOKYO)、デニムジャケット ¥59,000(デニム × アレキサンダー ワン/アレキサンダー ワン)、ニットキャミドレス¥34,000(THIRD MAGAZINE)、ベレー帽 ¥11,000(ジャネッサ レオーネ /エーピー ストゥディオ ニュウマン 新宿)、ウエストポーチ¥46,000※参考価格(アンボワーズ/ アマン)

今年のメタリックは完全にシルバー一択!ミューズの皆様の定番スタイルである、モノトーンコーデをブラッシュアップしてくれる起爆剤的存在になるシルバーブーツ。女らしく行くか、ラフに行くかはお好みで!

カラースエードブーツはワイドパンツの裾から少しのぞかせて

出典: FASHION BOX
スエードブーツ[ヒール9㎝]¥93,000(クレジュリー/ヒラオインク)、モヘアニット¥60,000(ビオトープ/ジュンカスタマーセンター)、ブラウス¥14,000(マカフィー/トゥモローランド)、チェックパンツ¥38,000(マスコブ)、サークルバッグ¥19,000(デミルクス ビームス/共にデミルクス ビームス 新宿)、キャップ¥18,000(ラ・メゾン・ド・リリス/アルアバイル)

悩ましいワイドパンツの足元を救うのはカラーブーツ!ポイントはつま先からヒール高の半分くらいまでは見せるように、パンツの丈を考えて選ぶこと。ヘビロテしたいパンツをはいて、シューズの試着へGO!

デニムパンツの裾から隙間を作ってアニマル柄ブーツをはく

出典: FASHION BOX
レオパード柄ブーツ[ヒール8㎝]¥86,000(ペリーコ/アマン)、ジャケット ¥58,000(エイチ ビューティ&ユース)、タートルネックニット¥20,000(クレスプキュール/RHC ロンハーマン)、デニムパンツ¥39,000(マディソンブルー)、ピアス¥18,000(レリキア/ジャック・オブ・オール・トレーズ プレスルーム)、ブルー石リング、ホワイト石リング各¥52,000(共にリジェ)、バッグ¥45,000(ラディ オーセ/共にロンハーマン)

悩ましいデニム丈とブーツの関係。ミューズ的黄金率はほんの少しだけ生脚がのぞく。それを正解といたします!これさえ守れば、ブーツ難民にはならないはず。

(otona MUSE編集部)
photograph:SAKI OMI[io]
styling:TAKAKO NAGAHARI
hair&make-up:KYOHEI SASAMOTO[ilumini.]
model:EIMI KURODA
edit_SATOKO ISHIKAWA[vivace], FASHION BOX
※ 画像・文章の無断転載はご遠慮ください

# 
の記事をチェック♡

【オススメ記事】
梨花、レオタード姿を披露!谷間に視線クギ付け!!
岩堀せり、LAの豪邸を大公開!

【SWEET WEBのオススメ記事】
家族連れで“Excuse me”は恥ずかしい!? [正しい英語]
これで海外インスタグラマー風の写真に近づく!

RELATED CONTENTS

関連コンテンツ