受注時はどう言う? ビジネスシーンでのお礼言葉の使い方

受注時はどう言う? ビジネスシーンでのお礼言葉の使い方

出典: FASHION BOX

ビジネスシーンにおいてもお礼の言葉は必須です。社内でも社外でも場面に合わせて、丁寧なお礼言葉を言えるようになるとビジネススキルもアップします。

教えてくれたのはこの方

吉田裕子(よしだ・ゆうこ)

国語講師。大学受験塾やカルチャースクール、企業研修などで教える。NHK Eテレ「テストの花道 ニューベンゼミ」に出演するなど、日本語・言葉遣いにかかわる仕事多数。著書『正しい日本語の使い方』(枻出版社)は12万部を突破。他に『品よく美しく伝わる「大和言葉」たしなみ帖』(永岡書店)、『美しい女性をつくる言葉のお作法』(かんき出版)、『たった一言で印象が変わる大人の日本語100』(ちくま新書)など。東京大学教養学部卒。

【オススメ記事】
陰でコッソリ笑われているかも……女性の葬儀参列NGスタイル

お礼:馴染みの取引先から今月も仕事を受注できた!

×:つい言ってしまう言い方

毎度、ありがとうございます!

○:常識人とみられる言い方

いつもご注文いただきまして、ありがとうございます。

「毎度」という言葉は威勢のよさを感じさせるものの、現代のビジネスの場では避けた方がよい。同じ意味なら「いつも」を使って、お礼を伝えよう。ただ、「ありがとうございます」の連呼は営業色が強い印象を与えてしまうので、さじ加減を大切に。

【オススメ記事】
[漢字]読めないと恥ずかしい! ビジネスでおなじみの用語5選

◎:一目置かれる、より丁寧な言い方

弊社のサービスが○○様のお眼鏡にかない、光栄に存じます。

自社の商品やサービスを選んでくれたことへの感謝を、相手の選択眼を褒めることを通じてスマートに伝えられるのが「お眼鏡にかなう」という表現だ。相手のものを見る目を褒める慣用句で、お礼の言葉一つでも洗練された印象を与えることができる。

受注時はどう言う? ビジネスシーンでのお礼言葉の使い方
出典: FASHION BOX

相手の選択眼を褒めつつ、お礼を述べよう。

お礼:雨のなか訪問してくれてなんだか申し訳ないな……。

×:つい言ってしまう言い方

なんだか、雨の日にすみません。

○:常識人とみられる言い方

雨のなかわざわざご来社いただきましてありがとうございます。

忙しいなかにもかかわらず来てくれたことに対する感謝の気持ちを伝えると同時に、悪天候の場合はねぎらいの一言も添えるようにしたいもの。ただ「すみません」と謝るだけでなく、相手の気苦労や手間を思いやり、恐縮している気持ちを伝える言い方を。

【オススメ記事】
正しい断り方を知れば生きるのがラクに! 職場で使える謝罪・お断りワード集

◎:一目置かれる、より丁寧な言い方

お足もとの悪いなか、お運びいただきまして誠に恐れ入ります。

「お運びいただきまして」の「運ぶ」は、「足を運ぶ」から「足」の部分がなくなり、自動詞化した言い方。また、「ご足労いただき、ありがとうございます」といった表現も、労いの言葉としてよく使われるので、社会人としてはぜひ覚えておこう。

受注時はどう言う? ビジネスシーンでのお礼言葉の使い方
出典: FASHION BOX

相手の気苦労や気持ちを労う一言を。

お礼:今日は上司・先輩がご飯をおごってくれる! 嬉しい!

×:つい言ってしまう言い方

やった! ご馳走さまです!

○:常識人とみられる言い方

大変恐れ入ります。ありがとうございます。

相手が上司や先輩であっても、「おごってもらって当然」といった態度や言い回しはよくない。おごってもらうことを申し訳なく思う気持ちを表す「恐れ入ります」といった言葉を添えることで、相手もご馳走してよかったと思ってくれるはずだ。

【オススメ記事】
連休に帰省したら職場へお土産を買うべき? 最新ビジネスマナー解説!

◎:一目置かれる、より丁寧な言い方

誠に恐縮ながら、お言葉に甘えさせていただきます。

もともと「馳走」とは、客人をもてなすために馬を走らせ、食材を集めてくることを表した言葉。食事をご馳走してくれる主人(ここでは上司や先輩)の心遣いに感謝して、謙虚な姿勢でお礼を伝えたいものだ。次に会ったときの感謝の一言も忘れずに。

受注時はどう言う? ビジネスシーンでのお礼言葉の使い方
出典: FASHION BOX

もてなしの心遣いにお礼の言葉を。

(参考)

受注時はどう言う? ビジネスシーンでのお礼言葉の使い方
出典: FASHION BOX

書籍『一生分の教養が身につく! 大人の語彙力強化ノート』
https://tkj.jp/book/?cd=TD296221
著者:吉田裕子

編集協力/小芝俊亮、細谷健次朗、山口紗英(株式会社G.B.)
執筆協力/龍田昇
イラスト/イラスト工房
編集/FASHION BOX
書籍『一生分の教養が身につく! 大人の語彙力強化ノート』
※ 画像・文章の無断転載はご遠慮ください

RELATED CONTENTS

関連コンテンツ