石原さとみが役ごとに提案!ドラマのメイク&衣装を語る

出典: FASHION BOX

石原さんの胸を打つ美しさを探っていくと、彼女の内面と直結していると気づかされる。“ファッションとメイクの関係”をテーマに、新しいビジュアル作りにトライした主演ドラマ『Heaven?〜ご苦楽レストラン〜』についてもインタビュー。

石原さとみHOTニュース♡『encourage 特別版』好評発売中!

profile

いしはらさとみ/1986年12月24日生まれ。東京都出身。大ヒットした写真集『encourage』に石原さん本人が企画したスタイルブック『courage』を合わせた『encourage 特別版』(宝島社)が好評発売中。現在、主演ドラマ『Heaven?〜ご苦楽レストラン〜』(TBS系)が毎週火曜22時から放送中。9月6日からBunkamuraシアターコクーンにて、舞台『アジアの女』に主演することも決定。

メイクの細部にこだわって印象をコントロール

ドレス¥1,100,000、ソックス¥18,000(共にヴァレンティノ/ヴァレンティノ インフォメーションデスク)

石原さんの活躍の場はファッション誌の撮影やドラマ収録、授賞式、映画の完成披露など多岐にわたる。場所の規模や人との距離感などあらゆる要素を加味しつつ、ファッションとメイクの最大限を尽くし場数を踏んできた。“女優という仕事柄”の枠を超越した繊細さとたゆまぬ努力を持って。そう、今回のテーマは彼女にうってつけ。

「撮影でカメラの前に立つときもそうだけど、プライベートで家を出るときも玄関にある全身鏡で引きの目線で客観的にバランスをチェックするのは欠かせません。おしゃれって、ファッションとメイクの釣り合いがとれて初めて成立するもの。感覚的なものだから言葉にするのは難しいけれど。今回のスタイリングはドレスが多かったんですが、『ドレス=赤リップでしょ』と直球にしてしまうと、かしこまり過ぎておしゃれ感がなくなっちゃう。

ヘア&メイクの河北裕介さんはボルドーリップやメタリックリップなどで絶妙にハズしてくれました。ヘアアレンジも無造作でヌケ感を作ってくれたり。後れ毛は長さや位置、毛束の量などすごく繊細に計算されていて、そのさじ加減でイメージが決まるといっても過言じゃない!私もセルフメイクのとき、リップの塗り方ひとつでも、ブラシできちんと輪郭をとって塗るときもあれば、指先でポンポンとぼかしながらのときもある。アイラインも目尻のどの位置から跳ねさせるかで目元の強さがガラッと変わりますよね。

印象を作るのはそういった細部のコントロールが決め手になると気づいたら、メイクが面白くて仕方なくて。自分なりのルールがあるとすれば、カジュアルファッションのときこそ大人っぽいマットリップを。そんなふうに女性らしさを補います。夏はファッションも軽やかになるのでツヤっぽいメイクをしたくなります。ファンデーションやチークも粉っぽさのないものを。汗もかくからピタッと密着する“練り系”が多いですね。でも、テカリとツヤって紙一重(笑)。私の分析だと小鼻がテカるとツヤではなくテカリに見えがち。小鼻まわりだけ皮脂をおさえるような下地を仕込んでおきます」

大好きなゴハン屋のために引っ越し⁉︎石原さとみがプライベートを告白!

自分が楽しむのを第一にイメージを超えていきたい

現在、主演ドラマ『Heaven?〜ご苦楽レストラン〜』がスタートしたばかり。彼女が自ら考え、作り上げるドラマメイクも注目の的。

「作品の舞台はフレンチレストラン。髪の毛が顔にかかるのは清潔感がないので、ヘアは細めのコテで細かく巻いてから少しリーゼントっぽくなるようにトップで結んでいます。サイドもきゅっとタイトにまとめて後れ毛はナシ。メイクに関しては、テーマはアイメイクなんです。アイホール全体と下まぶたにゴールドを入れて、アイライナーは衣装に合わせて色をチェンジ。ぱきっとした鮮やかなブルーを入れることも。リップは食事シーンもあるので、落ちにくいティントタイプをベースに、赤やオレンジなど数種類を混ぜて色に深みをプラスしています。アイライナーとリップの色を服に合わせて変えるくらいなので、メイクは慣れると5分ぐらいで完成しちゃいます」

メイク同様、衣装にもこだわりが。

「私が演じる黒須仮名子は、美味しいお酒とゴハンのためだけに生きている奔放な人。スパッと切り替えの早い性格で、すごく自分の欲求に素直です。彼女の衣装を考えているときに、『この人はVネックだな』ってピンときたの。元々は丸首の服もVネックに見えるように工夫してます。あとは、性格がハッキリしているからパキッとした色の服を着たり、イヤーカフや指輪などのアクセもがっつりつけてゴージャスに。他のキャストはレストランの制服を常に身につけているから、仮名子が画面に現れたときにパッと印象づけられるように心がけています。ドラマのヘア&メイクやファッションは、過去の作品と被らないようにすることも意識しているけれど、何より私が新しいことをやりたい気持ちが強いんです。もし、石原さとみのイメージみたいなものがあるとしたら、そのイメージに甘えることなく更新していきたい。この作品自体も私にとっては久しぶりのコメディドラマ。新しい作品との出会いを、ちゃんとチャンスに変えていけたらと思います」

石原さとみ 愛について考えてみる

※ 画像・文章の無断転載はご遠慮ください
photo_MASASHI IKUTA[hannah]
styling_KEIKO MIYAZAWA[WHITNEY]
hair&make-up_YUSUKE KAWAKITA
model_SATOMI ISHIHARA
interview_HAZUKI NAGAMINE
edit_SATOKO ISHIKAWA[vivace], FASHION BOX
sweet 2019年8月号

男子は“ちょいぽちゃ”が好きって本当⁉︎
結婚って本当にしたほうがいいの?[恋愛指南塾]
デリケートゾーンの匂い&黒ずみ対策
加藤玲奈、ミニスカートで太もも見せ♡
父はスーパー寿司職人⁉︎街で見つけたクスネタ
家計コンサルが教える節約のコツ6つ

RELATED CONTENTS

関連コンテンツ