ハワイイングリッシュ

間違えて覚えてない? 英語で「~させる」正解は何と言う

出典: FASHION BOX

ハワイのマキさんが外国人とのコミュニケーションやSNSですぐ使いたくなるおしゃれ&可愛い英語をレクチャー。英語が上達するうえで避けて通れない“make”の用法を分かりやすく解説します!

 

今月のMaki's English

“ You make me happy.”

あなたは私を幸せにしてくれる

ALOHA! ハワイのマキ・コニクソンです。いよいよ2018年がスタートしましたね。南国ハワイの新年は、日本からのゲストで大賑わい。私は年始からフル回転で動いています(笑)。

今年はいつも以上に新しいことにチャレンジしようと、幾つかのプロジェクトを計画中。皆さんはどんな一年にしようと思っていますか?

今月レクチャーするのは、先月に続き、「〜させる」という使役動詞。同じ「〜させる」でも、先月お教えした“let”は“Please let me know.(私に知らせてください)”のように好意的な意思を含む表現に対し、“make”は「〜させられる」と強制されるイメージ。

使い方は“主語+make+人や物+ 形容詞”で、「主語が(人や物に)〜させる」になります。例文は直訳すると「あなたが私を幸せにさせる」ですが、日本語訳では「あなたは私を幸せにしてくれる」となります。“You make me sad.”なら「あなたは私を悲しませる」。

注意したいのは、形容詞の前にbe動詞をつけずそのまま入れること。形容詞ではなく、動詞を入れることもできます。その場合、動詞の原形を使うのがルールですよ。

 

Advanced Version ~上級者編~

“Please make me speak English very well.”

私が英語を上手に話せるようにしてください。

日常会話でよく使う“make+人や物+動詞(原形)”もマスターしましょう。直訳すると「私に英語を上手に話させるようにしてください」ですが、日本語訳では「私が英語を上手に話せるようにしてください」になります。

“Don’t make me eat carrot.”

私に人参を食べさせないで。

自分がやりたくないことに対して「私に〜させないで」という表現。非常によく使います。この例文が一番分かりやすい“make”の使い方ですね。“Don’t make me talk(私に話させないで)”など応用がききますよ。

 

Maki's Favorite Phrase (元気が出るフレーズ3)

“Hang in there.”

しっかり踏ん張って!

“Hang in”は「耐え抜く」というイディオムで、直訳は「そこで耐え抜け」。苦しいときや辛いときに、諦めそうになった相手に対して「今だけ頑張れ」と励ます言葉です。

“Go for it!”

当たって砕けろ!

私の大好きなフレーズのひとつ。「うまくいくか分からないけど、やるしかない!」「頑張れ!」というニュアンスを含みます。語呂がよくて覚えやすく、とても勇気の出る言葉。

“Move forward!”

前進あるのみ!

以前連載で紹介した“Move on!”は「切り替えて前に進む」という意味に対し、“Move forward!”は「前しか見ないで進む」という、さらにポジティブな表現になります。

 

(sweet編集部)
edit_KAORI SUTO
編/FASHION BOX
※ 画像、文章の無断転載はご遠慮ください

 

【関連記事】
※ 気分が沈む、朝起きられない…今日からできる「ウィンターブルー」の対処法
※ えっ、これだけで!? 「お金がどんどん貯まる」お財布の基本ルール3つ

【sweet編集部の記事をもっと読む】
※ 【テレビCM】スヌーピーグッズがなんと6点ついてくる! 『sweet』最新号の付録に注目
※ 赤リップで色っぽく♡ マネしたくなるマギー流「モテ顔」のつくり方

RELATED CONTENTS

関連コンテンツ

付録動画