書くだけで理想の自分に!? 願いがみるみる叶う「逆算手帳術」5ステップ

出典: FASHION BOX

毎日ルーティンばかりに追われちゃう人は、書くだけで願いがみるみる叶っていく、そんな夢のような「逆算手帳」を使って、毎日を充実させてみませんか?

 

STEP(1)「My Wish List」にやりたいことを100個書き出してみよう

自分のビジョンを立てるためには、まず理想の未来像を具体的に思い描くことが大切。My Wish List を書くことで、本当にやりたかったことが見えてきます。

My Wish List を書くことで得られるうれしい効果

うれしい効果
出典: FASHION BOX

・ぼんやりしていた夢が見えてくる
・やるべきことが具体的になる

うれしい効果
出典: FASHION BOX

・楽しい未来のイメージが湧き、やる気が出る
・達成感が出てモチベーションがアップする

記入例
出典: FASHION BOX

実現可能かどうかは気にしない!

ここで重要なのは、自分が本当にやりたいことに目を向け、自分自身と向き合うこと。「政治家になりたい」など、実現不可能と思われることでも、気にせず書くことが大切です。

なるべく具体的に書く

「キレイになりたい」などの抽象的なものよりは、「5kgやせる」「永久脱毛をする」など、具体的に書き出すことがポイント。どんなささいなことでもかまいません。

とりあえず100個埋めてみる

無理矢理100個埋めるぞという気持ちで書き出すことで、本当のビジョンが見えてきます。体験系・仕事系・買い物系など、カテゴリー別に書き出すと、100個埋めやすくなります。

 

STEP(2)「Life Vision」でワクワクする未来をビジュアル化しよう

My Wish Listで自分のやりたいことがわかったら、次は言葉だけでなく、写真などを貼って視覚に訴えかける、「ビジョン」を描いていきます。

記入例
出典: FASHION BOX

満足度を記入する

「楽しみ」「ライフワーク」「仕事」「お金」「人間関係」「健康」「ライフスタイル」「学び・成長」の8つのセクションごとに、満足度をグラフに記入しましょう。

価値観をチェック

キーワードの中から、自分が生きていく上で大切にしたいと思うワードを丸で囲んでください。一覧にない場合は、その他のカッコ内に書き込みましょう。

 ワクワクするビジョンを描く

写真を貼ったり、絵を描いたりしてイメージを膨らませましょう。何度読み返してもワクワクするページを作れるかが重要。画像はカラープリントをして、のりで貼りましょう。

 

STEP(3)「10 Years GYAKUSAN」で10年後の理想の自分をイメージしよう

ビジョンが描けたら、いよいよビジョンを実行するための計画を練っていきましょう。目先の目標ではなく、10年間のプランから立てていきます。

記入例
出典: FASHION BOX

10年後のワクワクする自分を想像する

実現したときの気持ちになって、10年後の理想の自分をイメージしながら、ワクワクした気持ちで書くのがポイントです。

10年後から書き始める!

逆算しながら書いていくので、まず10年後の目標となる一番上の横列を記入し、そこから下へ下へと書き進めていきます。

読み返したくなるビジュアルにする

Life Vision同様、写真などを貼り、読み返したときに書いた当初のワクワク感がよみがえるページになるよう心がけて。

 

STEP(4)「1 Year GOAL」で具体的なプランを練ろう

「いつ」までに「何を」やるのか具体的な目標を設定し、その達成率を常にチェックすることで、確実に夢に近づいていきます。

記入例
出典: FASHION BOX

 目標達成時期にできたことを書く

目標達成時期になったら、実際に達成したことを記入しましょう。達成できないことがあったら、再び目標を設定して再チャレンジを。

進捗を把握する指標を作る

目標達成のためには具体的にどんなアクションを起こせばいいのか、何をすれば何%前進するのかという、指標を作ります。

達成したときのワクワクした気持ちを書く

挫折しそうになったとき、この部分を読み返してやる気を取り戻せるように、ワクワクした気持ちを想像して書き出しておきます。

 

STEP(5)「Daily Vision」で理想と現実の1日を比較しよう

最後に、日々の行動に目を向けてみましょう。理想と現実のギャップを受け止め、理想の1日に近づくよう行動を見直して。

記入例
出典: FASHION BOX

できることから取り組んでいく

人は達成感が得られるとやる気がアップするもの。まずは、無理せずできそうなことから取り組んで、成功体験を味わいましょう。

ひとつずつ変えていくつもりで取り組む

一度にすべての行動を変えるのはなかなか難しいもの。理想の1日をイメージしながら、気長にひとつずつ改善していきましょう。

プラスとマイナスのことのバランスを考える

書き終えたDaily Visionを見直して、理想の1日に近づくには、何が必要(プラス)で、何が不要(マイナス)なのか見直すことが大切です。

 

願いをかなえる! 逆算手帳術

出典: FASHION BOX
監修:コボリジュンコ/宝島社 ¥920
逆算手帳の使い方から、実際に使っている人の実例、おすすめデコグッズまで、逆算手帳をパーフェクトに使えるようになる解説本。切り取って使える逆算パーフェクトシートつき。
(steady.編集部)
監修/コボリジュンコ
イラスト/松本麻希
編/FASHION BOX
※ 画像、文章の無断転載はご遠慮ください

 

【関連記事】
※ 3日でマイナス2kg!? 食べるだけでやせる「魔法のスープ」がスゴすぎる
※ こっそり教えます♡ 人気インスタグラマーが実践する「インスタ映え」のコツ

【steady.編集部の記事をもっと読む】
※ 【H&M】これさえあれば間違いなし! この春「絶対GETしたい」最強コスパアイテム3選
※ 【知らなきゃ損】えっ、お金がもらえる!? 大人女子のための「社会保険」入門

RELATED CONTENTS

関連コンテンツ