若作り感ナシ!大人世代の今ドキ顔をつくる「春色コスメ」をプロが選抜

出典: FASHION BOX

パステルカラーや軽やかな質感など、心躍る春の新色の数々。ミューズ世代でも若作り感なく、洒落感を引き出すにはどうすれば?

人気ヘア&メイク中山友恵さんと編集部があれこれ試して選抜しました。

 

大人だからこそ似合う、少しくすんだマスタード

出典: FASHION BOX

指でトントンとなじませるだけで、洒落たムードになるマスタードイエロー。シックな色みなので、浮くことなく大人の肌にスッとなじみます。マットとパールの2種類の質感がセットになっていて、1本で何通りもの目元を楽しめるのも素敵。

ドレス ¥17,592(H&M STUDIO/H&Mカスタマーサービス)、ピアス ¥23,000(エナソルーナ/エナソルーナ神宮前本店)
RMK
出典: FASHION BOX

マットとパールの質感が1本になった、ウォーターベースのアイシャドウ。アイラインのように使うことも可能!

Wウォーターアイズ カラーインク 07 ¥3,800(RMK Division)

HOW TO MAKE

目元RMK
出典: FASHION BOX

マット質感側のみ使用。目のキワだけ色を乗せないよう、アイホール全体に。アイラインも引かず、上まつ毛のみブラウンのマスカラをサラリとON。厚みが出ないように軽やかに仕上げて。

 

ガールなピンクは、グロスで取り入れて甘さを引き算

出典: FASHION BOX

みずみずしいツヤ感と、パールの輝きが唇のくすみをカムフラ!

甘めな青みピンクなので、目元はシックに仕上げるとバランス◎。

デニムジャケット(スタイリスト私物)
グロス
出典: FASHION BOX

オイルとパウダーの独自のブレンド技術により、大人の美発色を叶える。

クレ・ド・ポー ボーテ ブリアンアレーブルエクラ 7 ¥4,000(資生堂インターナショナル)

 

肌に温かみと女性らしさを添える、大人の血色チーク

出典: FASHION BOX

ミューズ世代にぜひ使ってほしいのが、主張し過ぎない渋色チーク。ブラウン系の見た目でも、意外と肌にのせると赤みがかったニュアンスになり、肌なじみも抜群。ピンクや赤のチークを使うよりも簡単に、女性らしさやピュア感を、さり気なくアピールできるんです。

パーカ ¥48,000(ローズアンナ/アメリカンラグシー 新宿フラッグス店)
チーク
出典: FASHION BOX

骨格をさり気なく強調してくれるスキンベージュ。にじみ出るような血色感を与え、素肌と一体化。

クリーム ブラッシュ BE350 ¥3,500(コスメデコルテ)

HOW TO MAKE

出典: FASHION BOX
鼻筋の横から放射状にチークを広げ、再度鼻筋横に余ったチークを足す。ほんのり赤みがかった色みなので、ほてりや日焼け感を演出。甘くなり過ぎないのに 、ピュア感を引き出してくれる。

 

(otona MUSE編集部)
photograph: YURI HANAMORI (model), KEISUKE HASHIGUCHI (still)
styling: AKIKO KIZU
hair & make-up: TOMOE NAKAYAMA [Three PEACE]
model: MAYUMI SADA
illust:HIROKO TAKASHINO
text: EMI TANIGUCHI
編/FASHION BOX
※ 画像、文章の無断転載はご遠慮ください

 

【関連記事】
※ こんなときどうする? 人間関係を悪化させない「大人の断り方」
※ 3日でマイナス2kg!? 食べるだけでやせる「魔法のスープ」がスゴすぎる

【otona MUSE編集部の記事をもっと読む】
※ パープル投入でメイクも春仕様に!
※ これが正解! 大人の「洒落顔」メイク術をパーツごとに徹底解説

RELATED CONTENTS

関連コンテンツ

付録動画