短時間でパッと美人肌! カバー力抜群「パウダリーファンデ」塗り方のコツ

出典: FASHION BOX

短時間でパパッと仕上げられて便利なパウダリーファンデーション。特に忙しい朝は使っている人も多いはず。しかし、ニキビやシミを隠そうとすると、どうしても厚塗りになってしまいがち……。

そんなお悩みに、ヘアメイクアップアーティストの濱田マサルさんが答えてくれました!

濱田さんは、女優やモデルなど著名人に愛されるテクニックで一世を風靡。人気ブランド「ブランエトワール」のプロデューサーとしても活躍されています。そんな濱田さんのメイクレッスンで、美肌に仕上げるベースメイク作りをマスターしましょう。

 

薄づきでカバー力UP!パウダリーファンデで天然美人に

Q. パウダリーファンデーションを塗ると厚ぼったくなってしまいます。上手に塗るコツを教えてください

A.ファンデーションを塗る前にフェイスパウダーをブラシでオン。薄づきできれいに仕上がりますよ。

パウダリーファンデーションもフェイスパウダーも、どちらも粉体からできているアイテム。質感が同じ分、なじみやすいという特徴があります。

下地の代わりに手持ちのフェイスパウダーを活用すれば、重ねるファンデーションのノリがアップ。厚ぼったく見える原因になるムラづきが防げて、薄く軽く均一にフィットさせることができます。

ではメイクの手順を見ていきましょう!

【BEFORE】

出典: FASHION BOX

美容液を使って乾いた肌を保湿。乾燥もムラづきの原因になるので、保湿はしっかり。美容液で仕上げるとフェイスパウダーが薄くフィットし、いっそう自然に。

 

【HOW TO MAKE-UP】

出典: FASHION BOX
 (1)フェイスパウダーをブラシ塗り。筋ムラになりやすいので、下地は未使用。スキンケアがなじんだ肌の内から外へ、ブラシを回転させながらフェイスパウダーを。
出典: FASHION BOX

(2)肌を磨くようにファンデーションを。パウダリーファンデーションをブラシに含ませ、手の甲で軽く払って量を調節。ブラシをくるくる回しながら、肌の内から外へ。

出典: FASHION BOX

(3)くすみがちな部位はスポンジで。溝になっている小鼻脇や目尻などは、ブラシが入り込みにくい部分。スポンジでファンデーションをなじませ、くすみをカバー。

出典: FASHION BOX

(4)スプレー保湿で定着度と持ちをUP。スプレー状の化粧水or霧吹きなどに詰め替えた化粧水を、40cm程度離れた位置からふきかけて、ファンデーションをフィックス。

完成!

出典: FASHION BOX

濱田さん曰く、フェイスパウダーを磨くようになじませることで、毛穴や凸凹感もカバーできるのだとか。また、パウダリーファンデーションは、リキッドタイプより白浮きして見えがちなので、肌より1〜2トーン暗めを選ぶのもポイントなのだそうです。

パウダリーファンデーションのノリがいまいちだと感じていた人は、早速試してみてくださいね。

 

(リンネル編集部)
photograph: Kentaro Oshio
hair & make-up: Masaru Hamada(MA36)
styling: Satomi Kamino
model: Ran Taniguchi(étrenne)
text: Hitomi Hashimoto, P.M.A. Tryangle
編/FASHION BOX
※画像、文章の無断転載はご遠慮ください

 

【関連記事】
※ 手取り10万円台でもOK! 簡単なのに今年度中に「100万円」貯める方法
※ 「よろしかったでしょうか」だけじゃない! 社会人が間違えるヘンな敬語5選

【リンネル編集部の記事をもっと読む】
※ 【北欧雑貨】おしゃれに片付く! 『リンネル』4月号の付録は「リサ・ラーソン」インテリアセット
※ 冬アイテムの洗濯どうする? 正しいコートのお手入れ法とおしゃれ防寒テク

RELATED CONTENTS

関連コンテンツ