自まつげ生かして目力アップ!【Love Liner】でまなざし美人に♡

出典: FASHION BOX

今春にデビューして以来、話題沸騰中の「ラブ・ライナー」のマスカラとまつげ美容液。自まつげをケアしながら、1本1本伸びたように美しく仕上がり、誰でも簡単にまなざし美人になれる♡sweet女子必見のアイテムです。

*******
Brown Black
*******

ヌケ感があってフェミニン!トレンドのブラウンブラック

ブラウンがキーカラーに挙げられるネクストトレンドとも相性抜群のブラウンブラック。目のカーブに沿うアーチ型ブラシが、まつげを根元からキャッチして、ナチュラルに盛れる!ヌケ感のある女性らしい目元が完成。

ブラウス、ピアスは共にスタイリスト私物

ラブ・ライナー オールラッシュマスク ブラウンブラック〈マスカラ〉¥1,600(msh)

ブラウンながら黒に近い色みで、光が当たっても白光りせず、しっかりと目元に印象を与えてくれる。仕事にもOKの上品さをキープしつつ、イマドキのこなれた雰囲気が叶う。

***
Black
***

透明感のあるブラックが凜々しい眼差しを演出

アイラインを引かなくても存在感のある目元に見せてくれるブラックマスカラ。“クイックセパレート コーティングフィルム(繊維なし)”が自然なロング&セパレートを実現。シアーなブラウスの甘さを引き締め、凜とした佇まいに。

ビスチェ、ブラウス、ピアスは全てスタイリスト私物

ラブ・ライナー オールラッシュマスク ブラック〈マスカラ〉¥1,600(msh)

やっぱり押さえておきたい定番ブラック。自まつげになじむニュアンスのある黒で、モード感を醸しつつ、キツイ印象にならない絶妙な色合い。華やかさを出すのにもうってつけ。

使えば使うほど自まつげに自信!
まつげ美容液Q&A

まつ育やケアに欠かせない、まつげ美容液に関する質問にお答えします!

ラブ・ライナー オールラッシュセラム クリア〈まつげ美容液〉¥1,600(msh)

***********************

Q. まつげ美容液ってどうやって使うの?

まつげ美容液はまつげの生え際に塗るのが◎。ラブ・ライナーは塗りやすさにこだわり、ハイブリッドブラシを採用。先端のチップで上下まつげの生え際に沿って目頭から目尻まで優しくなでるように使い、その後スクリューブラシでまつげにオン。

***********************

Q. どのくらいの頻度で使うもの?

1日2回、朝晩のスキンケア前の清潔なまつげに使うのがオススメ。下まつげなど短い毛にはチップで1本1本丁寧に塗るようにして。

***********************

Q. マツエクやまつげパーマをしていても大丈夫?

大丈夫です。まつげの向きを整えられてツヤも出せるため、まつげがキレイに見えるはず。マツエクの場合は、接着剤の種類によっては、接着が弱くなることもあるのでご注意を。

***********************

Q. メイク前後にも使えるの?

トップコート効果はなく、マスカラ下地やクリアマスカラとして使うのはOK。マスカラを塗る場合は、まつげ美容液が十分乾いてから。

***********************

【Love Liner】

自まつげをいたわり美しく(※1)!まつげケアもできるマスカラ

ラブ・ライナー オールラッシュマスク〈マスカラ〉 右:〈ブラウンブラック〉、左:〈ブラック〉 各¥1,600(共にmsh)

小回りのきく19mmのミニマルブラシで、細く短いまつげも逃さず、根元からしっかりキャッチ!マスカラなのに美容液のようにケアでき、ぬるま湯で簡単にオフできるのも高ポイント。

チップ&スクリューブラシで密着ケアするまつげ美容液

ラブ・ライナー オールラッシュセラム〈まつげ美容液〉¥1,600(msh)

まつげのために開発されたLash Mask(※2)成分と植物由来の美容成分が、傷んだまつげを集中補修。ハイブリッドブラシで根元もまつげもくまなく塗れ、ツヤのある印象的な自まつげに。

※1 メイクアップ効果による
※2 アカツメクサ花エキス、アセチルテトラペプチド-3、PCA-Na、アルギニン、アスパラギン酸、PCA、グリシン、アラニン、セリン、バリン、プロリン、トレオニン、イソロイシン、ヒスチジン、フェニルアラニン、加水分解ケラチン(羊毛)(全て保湿成分)

【お問い合わせ先】

msh

Tel:0120-131-370
Official Site:http://loveliner.jp/alllashmask-serum
Instagram:@loveliner_official

※ 画像・文章の無断転載はご遠慮ください
model_MICHI
photo_YASUTOMO SAMPEI(model), CHIFUYU AIZAWA[biswa.](still)
styling_MIHOKO TANAKA
hair&make-up_MASAAKI FUKUGAWA
edit_KAORI SUTO
(sweet 2020年8月号)
web edit_FASHION BOX, KANA HONMA[vivace]

RELATED CONTENTS

関連コンテンツ