ホワイトデーのお返しには意味があるってホント? お菓子やそれ以外のおすすめをチェック!

出典: FASHION BOX

3月14日のホワイトデーは、男性としての力量を試される日。バレンタインデーのお返しなので、適当なものは選べません。特に本命女性がいる場合、下手なお返しをすれば取り返しのつかないことにもなりかねません。そんな大事なホワイトデーのお返しには、贈り物の種類ごとにさまざまな意味が込められているという説をご存じでしょうか?

この記事は、「ホワイトデーのお返しには意味があるってホント?」と題し、お返しのお菓子や品が持つ意味を徹底的に解説します。この記事を読めば、ホワイトデーのお返しに頭を悩ませることもなくなりそうです!

※ホワイトデーのお返しの品が持つ意味合いには諸説あります

≪目次≫
●ホワイトデーのお返しには意味があった!
●ホワイトデーってそもそも何?
○ホワイトデーの起源
●【お菓子】ホワイトデーのお返しの意味
○お菓子1:マシュマロ
○お菓子2:クッキー
○お菓子3:マカロン
○お菓子4:キャンディ
●【お菓子以外】ホワイトデーのお返しの意味
○お菓子以外のお返し1:ハンカチ
○お菓子以外のお返し2:香水
○お菓子以外のお返し3:ぬいぐるみ
○お菓子以外のお返し4:指輪
●意味がないお返しもあるってホント?
○お返し1:シュークリーム
○お返し2:ラスク
○お返し3:フィナンシェ
●お菓子の持つ意味を知って、ホワイトデーのお返しをスマートに贈ろう

ホワイトデーのお返しには意味があった!

ホワイトデーのお返しには意味があった!
ホワイトデーのお返しには意味があった!
出典: FASHION BOX

毎年3月14日は、ホワイトデーです。バレンタインデーにもらったチョコレートのお返しに、何を贈ろうかと迷う男性も多いことでしょう。しかし、適当にお返しを選ぶのは待ってください! あなたが選んだお返しには、それぞれに特別な意味が込められている可能性もあるからです。その意味を知らず、気軽にお返しを選んでしまえば、誤解やトラブルにつながることも考えられます。人気があるお返しの中には、本命女性に贈ることがNGとされる品もあるようです。

【オススメ記事】
砂糖不使用、黒酢入りetc. ……体にやさしいギルトフリーなチョコが旬!

ホワイトデーってそもそも何?

そもそもホワイトデーが何なのかをご存じですか? ここからは、ホワイトデーがどのようにはじまったのか、その起源をご紹介します。

ホワイトデーの起源

ホワイトデーの起源は、日本のお菓子メーカーがはじめた販売戦略といわれています。バレンタインデーの認知度が高まり、毎年2月14日にチョコレートが飛ぶように売れはじめた頃のことです。その祭りのような賑わいを、日本のお菓子メーカーは見逃しませんでした。各メーカーは「バレンタインデーのチョコレートには、お菓子でお返しを」とアピールを開始します。

なかでも先駆けといわれるのが、「全国飴菓子業協同組合」のキャンディや老舗菓子屋「石村萬盛堂」のマシュマロのようです。それぞれが、1978年に3月14日を「マシュマロデー」や「キャンディの日」に定めました。それがきっかけとなり、現在のホワイトデーとして日本に定着したとされています。

【オススメ記事】
カカオで幸せホルモンUP!? バレンタインデートはチョコスイーツの名店へ♡

【お菓子】ホワイトデーのお返しの意味

ホワイトデーのお返しに選ばれるさまざまなお菓子には、それぞれに意味が込められているといわれています。しかし、その起源は定かではないようです。お菓子の口当たりや食感、味を男女間の関係に結び付けて意味がもたらされており、それらはまるで花言葉のように楽しい“お菓子言葉”ともいえるのではないでしょうか。

ここでご紹介するお菓子の意味に明確な根拠はないため、過度にこだわる必要はありませんが、ホワイトデーのお返しを受け取る相手がお菓子の持つ意味を知っていた場合、不愉快に感じることもあるかもしれません。お菓子を渡すときに「とくに深い意味はなく、とても美味しそうだったのと、〇〇さんが喜んでくれそうだったので選びました!」とさわやかに言い切ってしまうのも一案でしょう。

 

お菓子1:マシュマロ

マシュマロは、そのやわらかさから口の中に入れるとすぐに溶けてしまいます。このことから「付き合っても長続きしない人」「その程度の関係」「あなたをすぐに忘れたい」など、あまりいい意味を持っていないようです。本命女性に贈るのなら注意が必要なお菓子です。

 

お菓子2:クッキー

サクサク・パサパサとした食感のクッキーは「お友達でいましょう」という意味を持っているといわれています。軽い口当たりのため「さっぱりした関係」「軽い付き合い」を連想させるからでしょう。クッキーも本命女性に贈ることを避けた方が無難なお菓子かもしれません。

 

お菓子3:マカロン

発売当初は、スイーツ専門店で購入する高級なお菓子に位置づけされていたマカロン。その特別感から「あなたはスペシャルな存在」といった意味を持つようです。他にも「大好きな人」「大切な人」の意味を持つとされているマカロンは、本命女性に喜ばれるお菓子の代表格です。

 

お菓子4:キャンディ

本命女性に贈るのなら「あなたが好きです」という、ストレートな意味を持つキャンディもいいでしょう。その甘さ、固さ、溶けにくさは「甘いふたり」「関係が壊れにくい」「付き合ったら長続きできる」など、ポジティブな思いが込められているとされ、ホワイトデーにふさわしいお菓子といえるでしょう。

【オススメ記事】
グルメな彼も落ちるはず!? 本命に贈りたいバレンタインチョコ

 

【お菓子以外】ホワイトデーのお返しの意味

【お菓子以外】ホワイトデーのお返しの意味
【お菓子以外】ホワイトデーのお返しの意味
出典: FASHION BOX

お菓子以外にも、ホワイトデーのお返しにはそれぞれに意味があるようです。しかしこちらも、お菓子同様明確な根拠はないため、参考程度に気に留めておくといいのではないでしょうか。もしも相手がそれらの意味に過剰に反応するタイプの人であれば、困らせたり、傷つけたりしないような配慮を心がける必要がありそうです。

 

お菓子以外のお返し1:ハンカチ

涙をふくときに使われるなど、ネガティブなイメージにつながってしまう可能性もあるハンカチ。そのため、ホワイトデーのお返しとしては「あなたと別れたい」といった意味を持つといわれているようです。本命女性から誤解されるかもしれないハンカチは、ホワイトデーのお返しにはおすすめできない品です。

お菓子以外のお返し2:香水

香水は「親密な関係になりたい」「独占したい」など、情熱的な意味を持っているとされています。セクシャルなメッセージ色が強いため、贈る相手を間違えてはいけません。今以上に関係を進展させたい本命女性へのお返しに選ぶべき品といえるでしょう。

お菓子以外のお返し3:ぬいぐるみ

ぬいぐるみには「私の代わりだと思って」という意味があるそうです。しかし、送り主の分身のようにも感じるため「ずっとそばにいる」「いつも見ている」など、少しだけ束縛をイメージさせる一面も持ち合わせていそうです。

お菓子以外のお返し4:指輪

「ずっと一緒にいましょう」という意味が込められているとされる指輪。婚約や結婚など、将来を見据えた本命女性に贈るのならこれ以上のお返しはありません。しかし、指輪を軽い気持ちで贈ることは控えた方が賢明です。無用なトラブルにつながる可能性も考えられます。

【オススメ記事】
カップルでお揃いにしたい! おすすめのペアグッズとは?

 

意味がないお返しもあるってホント?

ホワイトデーのお返しには、特別な意味を持たないお菓子を選びたいときもあるでしょう。しかしこちらも、それぞれに意味が含まれない理由や根拠が明確ではありません。それを前提で、ここでは、気軽にお返しができるお菓子をいくつかご紹介します。職場の同僚や、友人知人からもらったチョコレートのお返しにいかがでしょうか?

お返し1:シュークリーム

シュークリームには、特別な意味が含まれていないようです。贈る相手のアレルギーなどに問題がなければ、一般的にどんな女性にも喜んでもらえるはずです。ホワイトデーのお返しには無難なスイーツといえるでしょう。

 

お返し2:ラスク

メッセージ性を持たないとされるラスクも友人や知人のお返しに最適のお菓子といえます。ラスクを苦手という女性は少ないため、バレンタインデーのお返しにはもちろん、贈り物としても喜ばれる一品です。

 

お返し3:フィナンシェ

フィナンシェも特別な意味を持たないお菓子といわれています。フランス語で「お金持ち」を指すフィナンシェは、縁起のいい贈り物としても喜ばれます。フィナンシェと似たお菓子にマドレーヌがありますが、マドレーヌには「あなたともっと深い関係になりたい」といった意味があるのだそう。くれぐれも、フィナンシェとマドレーヌを間違えないように注意してください。

【オススメ記事】
激レアスイーツ発見! 手土産でめちゃ喜ばれるワケは?

お菓子の持つ意味を知って、ホワイトデーのお返しをスマートに贈ろう

ホワイトデーのお返しには、さまざまな意味が込められているという説もあることがわかりました。それぞれのお菓子や品が持ったメッセージを把握しておけば、お返しに困ることもなくなりそうです。また、ホワイトデーの起源や由来を話題にすることで、本命女性との会話にも花を咲かせることができるかもしれません。ホワイトデーのお返しが持つ意味をきちんと理解し、スマートにあなたの気持ちを添えて贈るようにしてください。

※参照元
「レファレンス協同データベース」(国立国会図書館)
「マシュマロ 洋菓子 鶴乃子」(石村萬盛堂)
「ホワイトデー公式サイト」(全国飴菓子工業協同組合 ホワイトデー委員会 事務局)

※ 画像・文章の無断転載はご遠慮ください
文・編集/FASHION BOX

RELATED CONTENTS

関連コンテンツ